CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スペイン〜その他編〜
スペイン旅行のちょっとした事をご紹介。


マドリードのアトーチャ駅。何故か植物園になってる(マジ)。
ここは国際列車など発着する中心的駅です。


バルセロナ行き。5時間くらい。快適でした。
車窓は見渡す限りのオリーブの樹。
続きを読む >>
| Spain | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スペイン〜食編〜
歩き疲れたらBAR:バルに寄って一休み。
すいません、昼からクピっといかせてもらいました。


バケットに生ハムとかトマトとかのって出てくる。お通しみたいなもの?
トルティーヤ:スペイン風オムレツ、ポテサラ、
魚のマリネ、ホタルイカの墨煮などなどが
寿司屋のカウンターのショーケースみたいなところに並んでいる。
指さして注文できるのがうれしい。


ビールはセルベッサ言います。
セルベッサ、ポルフォボールでビールが出てくる。


シーフードパエリア。うまかった。バルセロナにて。


チキンと豆のパエリア。手前の白い豆は空豆よりひと回りくらい大きい。
スペインでも豆は結構食べる。

※注:続きを読むへ進む前に
わかさん他うさぎ愛好家の方にはショッキングな映像です。
続きを読む >>
| Spain | 16:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
スペイン〜ガウディ編〜
ガウディはすごいね。
私のように建築とか美術とかわからなくても
ずーっと観ていたくなるような作品ばかりです。


サクラダ・ファミリアはまだ造り途中。
着工から100年は経過しているけれど、完成までは100年とも200年とも。
完成した姿は観れそうにもない。それにしてもすごい。


エレベータと階段、どちらか使って上に行ける。
エレベータに乗るまでうっかり忘れていたけど私は高所恐怖症。
高い〜怖い〜。足がすくむ〜。とほ。


はー、もうため息。すごいの一言。
続きを読む >>
| Spain | 00:02 | comments(4) | trackbacks(0) |
スペイン〜バルセロナ編〜
楽しかった。歩いているだけでうきうきする街です。
ガウディはじめとするすばらしい建築物と
それに感化されたいように集まってくるアートたちがみごとに融合。
カテドラル周辺の古い町並みや路地たちがまたすばらしい。
あー、ほんとうにすごい街。


カテドラル周辺には味のある路地がたくさん。たまらん。


そしてオリンピックでしょ。1992年。これは聖火台。
「生まれてきてから一番幸せ」の岩崎選手の名言が生まれたよね。


オリンピック会場。今はエスパニョールのホームスタジアム。


こんな風に長いバスが走ってる。


スペインではあんまり猫みかけなかった。数少ない出会った猫。

日曜日はデパートも多くのお店も閉まってしまいますが、
カタルーニャ広場から海の方へランブラス通りという道には
たくさんの露店が出ていて楽しかったです。
あと大道芸。ジャグラーとかではなくって、ジッとしていて
いきなり動く人とかがたくさんいました。暑いのに、大変だ。
続きを読む >>
| Spain | 22:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
スペイン〜マドリード編〜
私たちが着いた日はマドリードでも
5月では未だかつて無いという気温を記録
したそうです。30度は超え。
でもカラっとしているのでさほど気になりませんでした。


マドリードの紋章には熊が使われています。
以前マドリード辺りには熊がたくさんいたそうです。
で熊が好きだったマドロニョの樹がたくさん
あったのでマドロニョ→マドリードになったそうです。
(半日観光のガイドさん談)

王宮からマヨール通りを行くと上の熊さんのいる広場に行きます。
ここの通りなんとなく好きでした。


これは市庁舎
こんな建物がたくさんあります。マドリードは。
続きを読む >>
| Spain | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |