CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
横浜も雪だばぁ
今日は遅番で、職場から出たら雪が降っていて
既に2センチくらい積もっていた。
私はいつもの様に傘を持っていなかったのだけれど
うれしくなってしまった。
傘を持ってないから傘をささないでもよいのだ。
雪の中を傘無しで歩けるのだ!やっほー!
風邪気味だったのでマスクをしてたのだけど
久しぶりに雪を踏み踏み歩いていたらテンション上がってしまって
マスクの下はめっちゃ笑ってた。
マスクで隠れてなかったらさぞ怪しい人だよね。
傘無しで歩きながら笑う女。
会社から駅までは5分強くらいなのに
気がついたらコートや帽子が雪だらけになっていたので
駅に着いてからわんこの様にふるふるふるふるってしてみた。
うほほ、それも楽し。

地元の駅ではタクシー待ちの人がたーくさん。
バスはしっかりとチェーン装備で走ってる。
 
家の方に近づくにつれどんどん雪が目立ってくる。
団地は芝生や木が多いから積もりやすいのね。
バスを降りたらちょっと先の交差点で車が数台止まってる。
どうやら事故ってしまったらしく、どちらの車もハザードが点滅。

ありゃりゃ。
雪になれていないからね。
大きな事故ではない様でなによりでした。
 
積雪というには薄すぎるからすぐに氷になってしまうだろう。
坂の多い団地なので路面が凍ってしまうのはほんとうに危ないのだけど
雪の次の日、うちの前は必ず歩道が雪かき(氷かき?)されている。
通学の子供たちや忙しいサラリーマンたちの為に
引退したおじさまたちが朝早くから人が歩ける幅くらいを整備していてくれる。
お布団の中で雪かきの音を聞きながら、
ありがたいなぁって思いつつ二度寝する私なのであった。
たぶん明日もそうなりまっする。



バス通り



| 季節を感じる | 00:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
窓越しの秋
今年の秋は
いきなり寒かったり
雨が降ったり降ったり
風が強かったり。

秋をほっこり感じられる日が少ない。
でも今日は強い風はほとんどなく、
寒くもなく、いいお天気。

ああ、散歩日和だ!
 
家の前の桜がきれいに紅葉している。


桜の紅葉
 
桜の紅葉って鮮やかって思う事少ないんだけど
今年のは茶色より赤がくっきりしてとてもきれい。

電柱じゃまやねん。
しょうがないけど。

風もなく、もう蚊もいないので
窓を開けてお部屋にいたのだけど
ふと外の景色が美しいというのはうれしいものであり。
 
お外に出ようかなと思ったけど
こう窓をガーンと解放して、
枠のその先に見える青い空と紅葉をみるのもまた
なかなか乙なもので。

今日はそんな窓越しの秋を楽しんだのでございました。

ようするに家から出てないんだ、とか言わないで言わないで。
| 季節を感じる | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホタル☆・・・
ホタルの季節だなぁ。
去年は藤野に泊まってた時にフワーっと飛んでいるホタルを一匹みた。

今年は藤野とか行けそうにないので狙っていたのが
地元の隣駅の公園。
この公園は県立のなかなか大きい公園で
そこにホタルがいるので行ってきました。

たくさんいました☆
ホタルもギャラリーも。
 
夜空の星たちの様にそこかしこにホタル☆
人もたくさんいたから騒がしいであろうに
すーっと飛んでは光るホタルはなんだか別次元にいる様で。

それにしてもなんであんな風に光るんだろうって思うよね。

ああ、ナゼ君たちは光るのだろうか
一体何を食べているのだろうか
何を食べたらそんなに光れるのだろうか
なぜそんな風にいい感じの1/fとかいう
心地よさでゆらめくのだろうか
ホタルはホタルを呼ぶ為に光るであろうに
ホタルより多い人間が集まっているって事は
いったいどういった事なんだろうか
ナゼ僕たちは君たちの光に癒され、魅了されるのであろうか
ルールールー
メルシーボクーゥーゥー
ホタルーーー

。。。

暑くて蒸し蒸ししてて寝苦しい夜が続いているけれど
目を閉じてあのやさしいホタルの光を思い出したら
少しは寝付きが良くなるかもしれないな、と思ったり。
心が優しくなります。
ホタルの光に感謝。
ありがとう。


ちびっ子もたくさん来ていたね。
これからもこの公園でホタルがみられたらいいなと思います☆

http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/index.html
↑県立四季の森公園
| 季節を感じる | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
春のバス通り
。。。

寒いです。

なんだろうな、、。
だんだん暖かくなって
季節の移り変わりを肌でも視覚でもいろいろと感じられるこの時期。
なはずが!
 
寒いです。
冬とあまりかわらぬ格好だったりする。
 
桜はやっとこ散り出した。
寒かったから花持ちがよいそうだけど
なかなか足を止められぬで、寒くて^^;
ぱーっと散り際潔し。
というあの感じも好きだしなぁ。


で、桜にばかり目をとられていたけど


バス通りの花壇
 
毎年毎年ほんとにきれいに花を植えてくれており。
花壇とかの花はそれを世話している人のウキウキみたいなものが
感じられてこちらも楽しい気持ちになる。
もうすぐチューリップが咲くでしょう。

 
気がつけば街路樹のイチョウには新芽が出ていて。
なんだか赤ちゃんの頭の様に、ほんのりと(笑)
めっちゃちいちゃい葉っぱだけどもうイチョウのあの形なんだよね^^
 
植物たちは寒さにヘコたれず。
新緑の季節へと移っている。
いろーんな緑色に心弾む季節♪
だからもう寒いのやめれ−!
| 季節を感じる | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
風ニモマケズ
今日はお弁当を作らなかったので
お外に出てみたランチタイム。
そしたらポカポカしてて、外で食べたい!って思ったので
牛丼をテイクアウトして川の方へ行ってみた。
歩いている途中に気づいた事として

風強い。。。

冷たい風ではないのだけれど
びゅおおおおーーー。
と吹いて、やんで繰り返し。
 
天気はよいのでやんだ時は、春の陽射しに包まれてーって感じになるのだけど
風がやってくると、外で食べる感じではないくらい吹いていて。
うーん、、、と考えたけど
もう途中まで来てしまったので行こうと思い。
 
で、ベンチに座ったまではいいものの
なんだかムリヤリ外で食べてる感じ、、
くらに風が吹き始め(笑)
強い風に吹かれながら、
風ニモマケズ、強い風ニモマケズ
弁当が飛ばされぬ様、ゴミが飛ばされぬ様、
髪の毛を食べぬ様、弁当が食べられる私になりたい。
。。。
うん、ちょいっとトホホだった。
 
でもここは桜の木が植ってて、木の下にベンチがあるのだけど。
見上げてみれば。
 

桜が♪ 

わかりますか?
むふふ。
 
ではズームイン!

 

つぼみがー!

ここは元旦にも来て写真撮ったけど
その頃に比べたらこんなにつぼみが大きくなっているのね!
http://dabadaa.jugem.cc/?day=20100101
↑元旦のつぼみ

 
なんだか食べてって感じでかわいい。
ミックスナッツみたい♪
おいしそうに膨らんで^^

、、とミックスナッツというところがちょっとおっさんくさいね。
うーん。
ひなあられみたい☆
とかにするとちょっと乙女っぽいかしらん?
 
。。。

まぁどちらにしても花より団子な発想で
もうすぐ花が咲く!
よりも
おいしそう!
に見えてしまった訳で^^;
 
何はともあれかわゆいつぼみを見れて
強風に吹かれながらも外でランチを決行してよかった、と思いました。
(頭ボサボサになったけど)

 
それにしても、温暖化だ異常気象だと言うても
桜はこうやってつぼみを膨らませてゆくし、道々には小さな花たちが咲き始め
つくしがニョキニョキと生えて、うほって思わせてくれる。
ありがたい事だと思います。
わてら桜に何もしてやっていない気がするけれど
もちろん桜は人の為に咲いてる訳ではないけれど
こんなに人の気持ちをワクワクさせてくれるんだもんな。

地球上すべての花が咲かなくなったら
人は生きていけるのだろうか?
実がならないとかそういう話しではなくて
気持ち的に、花というものがこの世に無かったとしたら
人は人でいれたかね?
そんな風に思ってしまうくらい花は美しくもありドキドキさせられ
それを感じる事で心が喜び、エネルギーが湧いてくる気がします。
何かを感じてエネルギーがでるなんて
食物連鎖だけではないつながりみたいなものは
人しかもっていないかもしれないけど(わかんないけど)
せっかく人に生まれたならそこはとことん楽しみたいと思います。

でも、楽しむだけではなんだか申し訳ない気にもなります。
どうやったらお礼ができるんだろうかなと考えてみるけれど
例えば一本の桜があって、その前を通るあまたの人々が
その花を楽しみ元気が出る事を思うと
とてもじゃないけど同じ様な事を桜にできない!
できっこない!
考えただけでもおこがましかったかと思ってしまう。
ほんに自然にはただ花の一輪にもかなわぬのだなぁと思う。
とはいえ感謝の気持ちはやっぱり湧き上がり
そんな時はちょっとメルヘンチックに
そんな気持ちが伝わって桜が喜んでくれてたらいいなとか思ってみたり。
ええ、乙女ですもの!

あー、
外が気持ちいいー!
今日の風がまた春を運んでくる。
そう思えば強風だってるるりららー♪



おまけ


ビクつくねこっち
 
職場の近くの薬屋さん。
私にビクついているのではなく
外の強風にびっくりしているのであります。
| 季節を感じる | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の空チラリ

今日の空
 
なんかね、
スコーンとした青い空でないとこが
柔らかい水色なところが
雲がところどころあったりするところが
春って感じがして
先取り感がうれしかった。
 
桜もほんのりやさしい色になってきた。

空も桜も
淡い感じが春を感じた。
 
こういう
来てるのよちょっとずつ、みたいなチラリズム的なものを見つけると
とてもテンション上がります。
| 季節を感じる | 00:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>