CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天の香具山
今回奈良に来た目的はここに来るためでした。
 
春過ぎて 夏来にけらし 白妙の
衣干すてふ 天の香具山

持統天皇詠

大好きな歌です。
百人一首大会でこの歌の札を渡した事はない!!

香具山は昔からの神聖な山だから
一般人が入山できるとは思っていなかった。
のだけど、ハイキングコースにもなっていると知ったので
それならばそれならば是非に行ってみたいと思ったのでした。

前の日に雨が降ってぬかるんでいたからか
人っ子一人会わなかった!!
あの香具山に(たぶん)私一人であったとは
なんてスペシャルな!!


甘樫の丘からみた香具山

って、どれが香具山かわかります?
右側の桜の枝の下にある平べったい山。
私は今回ココからの景色は3回目。3回目でやっと覚えた。
香具山ってパッとみて特徴的な山ではない。
大和三山と言われる山々の一つであるけれど、
他の山は形が特徴的で覚えやすい。
香具山は三山の中でも最も神聖視されているとの事だけど
なんでなんだろう?と思ってしまう。

それはきっと行けば分かる!

かなー?
続きを読む >>
| 奈良 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
山之辺の道の誘惑

山之辺の道は途中まで田園の間を歩いていく。
だからそこかしこに野菜や農作物を売っている販売所がある。

私は今回ちょこっと歩くだけのつもりだったので、
旅の荷物を背負ったままで、
よーしとりあえず三輪山まで歩いてみようと思ったものの、
荷物が重くなるのは困る、、という事で
こうの様な販売所は本当に困った。

だって、荷物が重くなっちゃうじゃないか!!
今の季節は柑橘類がたくさんだった。
買って帰れないので、悔しかったので
写真をとりまくってしまった。
販売所の。。

(ちなみにこの↑販売所では米が売っていた。くー買いたかった!!)

続きを読む >>
| 奈良 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山之辺の道@奈良 春だばぁ
奈良の天理に日本最古と言われている神社があるというので
行ってみた。
そしたらそこから山之辺の道が続いていた。
日本最古の道と言われる山之辺の道。
午後から下り坂の天気予報、午前中はどこかを歩こうと思ってたので
とりあえず歩いてみようかな、と歩いてみた。


桜の季節やな〜




菜の花の季節やな〜

 
続きを読む >>
| 奈良 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
商店街辺りの路地 と エピローグ
バスで奈良公園に着いた頃、
もう陽射しは西日。。。
 

猿沢池

で、この辺から商店街へ絡まってる路地たちに
とってもステキなお店がたくさんあるんだす。
 
看板やらメニューを見ているだけで
入るのを迷ってしまう様な。
どーしよー♪
 
。。。
 
でもね、そういうお店の多くが
ランチの後はディナーまでお休みなのね。
私が辿り着いたのが15時半を回っていたので
あ、よさ気!と思って近づいて見てみると閉まっている。。。
あ、あっちにもある、閉まってる。
閉まってる。。。
 
そんなヘロヘロな時にひょっこり出てきたのが

箱屋

そうめんとかおだんごとかの軽食屋さん。
 
はっきりいって、相当お腹すいていたし、
ビールも飲みたかったので
それには当てはまらなかったんだけど
もう座りたい!
 
という事で入ってみた。
 
店内はせまいんだけど、なかなかよい雰囲気で。
三輪そうめんと笹餅飯のセットを。
 
ここでお姉さんが、この三輪そうめんは三年ものなんですよ。
との事。
さんねんもの???
ワインやチーズの熟成もの的な??
とにかく三年寝かしているそうです。
そうめんにそんな「もの」がある事を初めて知りました。
水分がよく抜けてよいのでしょうかね?
 

三年もの三輪そうめんと笹餅飯
 
そうめんってね、やっぱりなんだろうか。
夏なんかは薬味たくさんで頂いてそれもまたおいしいんだけど。
シンプルが一番うまーいって思った。
麺ののどごし!
具なんていらない。
笹餅飯もおいしかったです。
 
落ち着いた。
 
けど、やっぱり、プハーはしたくて。
 
別のお店を探していたらティータイムも開いているお店発見。
メニューがよくわからなかったんだけど
雰囲気がいいなぁって思ったので入ってみる事に。

JACINTHE Cafe

 

町屋さんを改築したそう
 
奈良のこのあたりは町屋さんを改築したりして
おしゃれなお店がたくさんあるのだよー!
ヘロヘロでなければもっと練り歩くところだす。
 
で、メニューを確認したらビールあったので一杯飲んだら、
もう歩けなくなってしまいました^^;
これからディナータイム、
閉まっていたよさ気な店のどこかで食べていこうと思っていたのだけど
なんかいきなりジョーが出てきて
おっつあん、燃え尽きたぜって唐突に言い出しちゃったのよね。
日も暮れたし帰ろうっていうモードになってしまった。
やっぱ朝に買ったお酒の重さがじわりじわりと私の体力を奪っていったのか(笑)
 
そして早いもんです
奈良から京都へ、京都から新幹線。
夜の8時半頃にはもう新横浜に着いとりました。
 
あああああ。
疲れたー!
新幹線の中でお弁当食べる気力もなかっただよ。
でもとっても楽しかった!
 
 
尾道、大阪、奈良の3日間が終わった。
レモンに花梨、、やる事はたくさんあるだね。。。
はははー。
| 奈良 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
高畑散策3
お腹が減っていたし
もう駅辺りまで戻ろうと。
しかし白毫寺からバス亭までが結構遠くて。。

もはや、高畑というエリアかわかりませぬが、
高畑というバス停を目指していたのでそういう事にしましょう。
 


こっちやろかー
 
というかバス停がどっちなのか本当にわからず。。
住宅街やし!
誰かに聞きたい!って思っても
誰もいないし。
でも↑の写真、遠くの方に歩いている人発見!
でも、、、追いつけず。。
ヨレヨレだったのねー、もう。

はははー。
続きを読む >>
| 奈良 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
白毫寺
あっちへこっちへいったりきたりしていたら
いつの間にか白毫寺という町名になっていた。
もう少しだなーっと思っていたらやっとこ参道が見えてきた。




白毫寺参道 
 
参道の両脇は萩の木が。
花の季節には美しいだろうなと思いつつ。
 
 
で、えっちら、おっちら
階段、結構登る。
 
ちなみにナゼこのお寺へ来たかと言えば
私は手ぬぐいを集めたりしているのだけれど
このお寺に閻魔様の手ぬぐいがあるという情報をキャッチしたので
やってきたのだ。

という事で社務所に着くなり
手ぬぐい下さい、だった。

で手ぬぐい↓
 

閻魔様の手ぬぐい
 
なかなか迫力のある手ぬぐいだな。
 
でもここは、手ぬぐいだけではありませなんだ。
手ぬぐいの事以外まったく知らなかったから
やってきてみて驚いた。
うわぁーってね。
思わず声が出てしまう。
そんな場所だった。
続きを読む >>
| 奈良 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>