CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BON JOVI JAPAN TOUR 2013
BON JOVIのライブに行って来た@東京ドーム(12/04)

久しぶりのライブ♪
続きを読む >>
| 音楽系 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
永遠の嘘をついてくれ
エイプリルフールやのに!?(笑)
 

永遠の嘘をついてくれ つま恋2006


いや、これ、とってもかっこよくて好き。
背筋のよいみゆきはんも
一歩引いてる拓郎はんも
二人の雰囲気は全然違うのに
二人ともなんか潔いというか
なんか、すっげー、かっこいい。
と最近よく観ている。

| 音楽系 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
サマータイム・ブルース(要らねぇ 危ねぇ)
忌野清志郎さんが亡くなった。
別にファンとかではないのだけど
一つ憶えている事があって。
 
中学の時、
確か、、筑紫さんの番組で
発売禁止になったという清志郎さんのCDが紹介されていて。
 
このCDの存在を知った時、
すごいドキドキしたのよね。
核って怖いって当たり前に感じる事だと思うのに
反核を訴えたらCDが発売中止になるのか!?ってね
なんで?なんで?なんで?
反核ってあかんの?なんなの?なんなの?
不安に近い感覚と憤りで胸がドキドキしたんだ。
他には何を訴えてるのだろう?って
そのCD聴いてみたい!って思っていたけど
発売中止で世に出ていないと思っていたのね。
 
レコード会社を変えて発売されていたらしいので
今度こそ
是非聴いてみたい。
 
とりあえず歌詞だけだけど
サイコー。
あたいも叫び続けたるって
反骨精神奮い立つ。

ご冥福をお祈りしつつ
今の世に感じる憤りを
歌い叫び続ける一員にならせて頂きたいと
思った次第です。


http://ja.wikipedia.org/wiki/COVERS_(RCサクセション)


↓サマータイムブルース
続きを読む >>
| 音楽系 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
つじあやの@LIQUIDROOM
つじあやのさんのライブにお誘い頂き、
本日行って参りました。
 
実は、、あまり知らなかったつじあやの。
っていうか、、、本当に申し訳ないのだけど、
衝撃の告白しちゃいますけど、
お誘い頂くまで、
なぜだかつじあやのを「男」だと思っていた。。。
(なんでなんだろーな?)
で、暗いフォークソングシンガー(男)と思っていた。
シマシマのシャツにジーパンで頭はボサボサな人なんだと思っていた。

ナゼ?
それはわからない。

という事で別人でしたなm(_ _)m
京都のかわいい女の子(女の子って年じゃないけどさ)
相棒はウクレレな女の子。

予習で観たDVD。
陽気なウクレレ、ヨロレイヒ〜♪
ではなかった。
切ない恋の歌を歌っていて、
ウクレレだから哀愁。
みたいな。
うまく言えねけど。。
 
で、ライブ。
暗いのかな?って思ってた。
DVDではシンクロしたらINになる感じだったから、
シンクロしたい人が集まってみんなでせつなくなる、みたいな。
でも違った。
まずそんな雰囲気に覆われるという感じではなく。
なんだか知ってるストーリーを聞かせてもらっている様な。

ウクレレだからなのかな。
悲しい詩を歌ってもなんだかお日様の下を感じる。
お日様の下で悲しい気持ちになっちゃうあの感じ。
どうしようもないんだけど、真っ暗じゃない感じ。
まっすぐで優しい歌声がウクレレに乗ってとても心地よかったな。

それでも僕は恋をするのだ。
生きて行くのだ僕たちは。
 
お日様の下、風に吹かれて、いろいろ思う事。
彼女が歌ってくれました。

とっても素敵なライブだったよ。
そうそう、ライブとちゅう○ビスビールのあの曲。
タンタ タンタ ターン タターン♪
タンタ タンタ ターン タターン♪
のあの曲をみんなで歌ったんだよー。
場所は恵比寿、ビールも○ビス^^
最高ね。
ありがとうでした♪

つじあやのオフィシャルサイト

LIQUIDROOM<


エビスビール
| 音楽系 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
フラワーマンバンド@7th Avenue


今日はよくいくバーのマスターがボーカルのバンド、
フラワーマンバンドのライブが、
横浜の老舗ライブハウス、7th Avenueであったんだ。
(「ポニーテールは振り向かない」的な、80年代っぽさがよい)



弾き語りで登場。


約1年前に、フラワーマンバンドのライブ行ったんだけど。

その時と偉い違い。
いや、雰囲気や楽曲はかわっていないのだけど。
ボーカルのこうちゃんがすごかった。
前は体がついていかないのが有り有りでみてとれたけど。
禁煙と水泳がきいているのか、全然違った。

すごかったな。
90分の長丁場をノリノリで。
曲と曲ももたせず、MCも長くなく、歌でいきます!みたいな。
ギターの桜井さんもちょこっと歌いたかったんじゃないかな?
前回は何曲か歌っていたし。(こうちゃんだけでは体力がもたない!?)
でも、今回はこうちゃんオンリーでいけちゃったね。


しかし!!
ギターの弦がまた切れました。
またまた2回も!!!

前回の時、ギターの桜井さん曰く
ライブ中に弦が切れたのなんてないよーって事だったけど。
前回は3回切れました。
今回は2回。
もうお約束?力入りすぎちゃったの?ってつっこみ。
前回はあたふたしていたボーカルこうちゃんも今回はなんか余裕があった^^




とってもいいライブでした。
やってる人も聴いてる人も、
みんなが楽しいライブだった。
そんな時間を作ってくれたフラワーマンバンドに
感謝だすえ。
 
好きな事をしているのってほんとうにその人が輝くね。
そういう人をみていると、
うれしくなって、自分もハッピーになる気がした。
でもってそんなハッピーを自分も誰かに渡せたら、
とってもステキに輪ができるなーって思ったよ。
音楽はそういう伝えたいが心に直にくるからいい。

明日から私は誰にどんなハッピーを伝えられるかな?
ぶるるん!←意気込み。
 
7th Avenue

フラワーマンバンド
| 音楽系 | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
エレファントカシマシ 日比谷野外音楽堂 2007
行ってきてしまった。
またもや。
 
エレファントカシマシ 日比谷野外音楽堂 2007
 
日比谷野外音楽堂は初めて行ったのだけど、
ここは。
東京ドームより、日本武道館より、
都会のど真ん中である事を感じるわけです。
野外だから。
ビルに囲まれて、場所によっては東京タワーがチラリズム。
どこぞの誰かがロックは反逆の精神の叫びだと言っていた。
そうであるとすればさぁ、
ロックンロール魂が、もっとも爆発できる場所ではなかろうか?
ここわ!
って、、ちょっと興奮した。
いいっすよ、日比谷野外音楽堂。

日比谷野外音楽堂
 
今回はゆーみんの「翳りゆく部屋」のカバーとかあってびっくり。
あの宮本さんもゆーみん聞くのかってね。
ゆーみん、おそるべし。
いや、それだけではない。
宮本さんが歌っているからもちろん宮本節になっており、
あんなに個性のある方ですから、ゆーみんがかき消されると思いきや。
それでも!ゆーみんを感じるのよ。
ゆーみん、おそるべし!
 
移りゆく空の色を感じる事ができる野外であるのは、
お得な感じもする反面、お別れの時間が迫ってくるのも感じるわけで。
 
最期はシャツが肌けてちょっちセクシーな感じ。

ロックンロールだなぁ。
男だなぁ、侍だなぁ。
かっこいいなぁ。
かっこいいなぁー、もーぅ!!
 
興奮冷めやらぬけれども。
日記をしめくくりませう。

 
ライブ前にスリランカフェスティバルに行ってきた。
食べたカレー↓


辛いけど、うまい。
ビールもおいしいお日和。
 
いろんなお話しをしながら、カレー食べてライブ行ってと
盛りだくさんな一日で、ほんと楽しかった。
また野外のライブに行きたひ☆
| 音楽系 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>