CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
小麦の脱穀と落花生の収穫@横浜
今日はお誘い頂き、小麦の脱穀と落花生の収穫に参加させて頂きました。
場所は以前私も畑を借りていたところ。
畑は住宅街の中にあり、家庭菜園用に区割りされている。

さてざっくり小麦の脱穀と申しましたが、
これなかなかやる機会がないと思います。

家庭用小麦脱穀機。

なんてものはないので、家庭菜園で小麦を作る場合
脱穀は手作業になります。
手作業。
この畑で作っている小麦は粉にすると10数キロ程になるそうで
脱穀には一夏かかるとの事です。。。

今回はその一部をお手伝い(?)


南部小麦(この畑でとれたもの)

これを手脱穀していきます。

まず家庭菜園用のグローブをはめます。
普通の軍手だと穂が絡まってしまうため
ゴム加工されたものを使う。
これでグリグリグリともみほぐしてゆく。
もしくは素手でしごいて外す。


ぐりぐり

小麦の穂って結構硬くて痛いのだ。
グローブをはめてないと刺さって痛くてできない




まずバケツにとれた籾たちを入れゆする。
これで重い粒は下に軽い籾殻は上の方にざっと分かれてくるので
上の籾殻を取り除きます。
目の粗いザルを通す>、目の細かいザルに替え通す>揺らしながら下からうちわで扇ぐ。
これで細かい籾殻が飛んでいきます。原理は唐箕と同じです。


ざるの下からうちわで扇いで籾殻を飛ばす。

地道に扇ぐわけです。
ほんまもんの手動です!!

こうやって一つ一つ作業すると道具が発展していくのが分かるわ。

で、こんな感じになる。


米でいうところの玄米の状態かな

なんとなくうれしいこの粒粒よ。

今回はここまで。
この後粉にするのも手作業と思われるので
パンを作るまでにはまだまだ道のりがあるのです。

が、
なんとこの日ダッチオーブンでパンを焼いてくださいました!

この畑でとれた小麦で成形して醗酵までを畑スペースの片隅で。
粉にする!ところは畑ではしていないけど、
これも手作業でされたものです、はい。


焼く前のパン

ワクワクするのぅ〜。



ダッチオーブンでパン焼き♪


で、パンはというと。



おいしそう!

酵母も手作り天然酵母。
小麦から作っているから、本当の本当に手作りだ!

もちろん、おいしい!!!
おいしいパンってなんもなくていいね。
噛みしめておいしいのだ!

そしてパン作りの話しを聞いているうちに、
パン作りたいなーと思う訳で。
自分で酵母をおこして、パン種作って、
焼きたいな。
ワクワクするじゃないですか!

して、
落花生掘りはその2へ続く!
| ワークショップ系 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
お守り作り@ハーバルタロット
ハーバルタロットリトリート@裏磐梯。

ハーバルタロットを引いて、
カードからのメッセージを受け取るとともに、
そのカードに描かれているハーブや植物を使って
お守りを作った。

これはハーバルタロットでもお守りをハーブで作って身につけたり
する事について書いてある。

お守り作り。

なんか、久しぶりに、、、
乙女っぽい作業(笑)
続きを読む >>
| ワークショップ系 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
魔女講座修了
3月からのハーバリスト講座が終わった。
終わってしまった。
 
途中からブログさぼってしまったけど
毎回毎回いろんな事を教えて頂き、とても楽しくて
ほんとうにありがたい講座でした。
 
知識の部分ももちろんなんだけど、
やっぱり感覚的なところが多分に含まれていた事がありがたかった。

例えばお花。
ほんとにお花と言えば桜(花見!?)くらいしか。。。
という私だったけど、いろんなお花を摘んだり、匂ったり、観察したり。
花だけでなく、草でも、風でも、
自分を取り巻いている自然からいろいろ読み取る。
視覚だけではなく、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、
感覚をとても刺激された、というか
感覚をたくさん使った。
自然が美しいから感動するというのとは違って
もうちょっと自分をそちらに傾けてみる。
すると圧倒される程に自然はメッセージを発している事に気づく。
なんか字にすると単純な感じになってしまうけど
今まで味わった事がない経験だった。
 
そして自分観察。
昨年からの体調不良を引きずっていたから
自分で自分を治す、的なテーマと絡んでいたのもありがたく。
どうしてこう弱くなったか。
年齢、、だけでは済ましたくなかったので
何か不調の原因を辿ってみたかった。
けれどそれは「今」の「外側」だけをみてもわからない。
心と体のつながり。
自分と自然とのつながり。
自分と社会のつながり。
自分を作る食べ物とのつながり。
「自分」に意識を向ける事。

でも、自然や自分のいろんな声に耳を傾ける事って
都会で暮らすなら相当意識しないと難しい。
他のもので溢れかえってるから。
怠らず続けていきたい。
 
講座修了後の打ち上げでは
魔女先生が百姓魔女になると宣言。
百姓魔女っていい!
ホウキじゃなくて鍬にまたがって飛ぶのだ。
 
これからも自分と自然、すべてのつながりを意識しながら。
まだまだ勉強は続くのだ。

ありがとうございました!
| ワークショップ系 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
香りの扉 身近な木
魔女先生のおっかけ、、ではないのだけれど
またまた魔女講座に参加してきた。

グリーンヒーリング 〜自然の力で心と体を癒す魔女講座〜
「Vol.1 森の癒し」

 
私は子供の頃アレルギー性鼻炎で
週に一回は耳鼻科に行って吸入しないと眠れないくらい
鼻がよく詰まっていた。
 
大人になって鼻炎は治ったけれど
鼻づまりはする方なので嗅覚は人より効かないし、
身近な香りが香料とか芳香剤とかそういう悲しい環境だったから
香りにはあまり興味がなかった。
 
でも今年相模湖の魔女講座から始まり香りというものに興味が出始めている。
 
まず今回の講座ではアロマオイルを使ってルームスプレーを作った。
魔女先生が10種類のアロマの精油を持ってきてくれて
好きな香りを選んでブレンドして自分でルームスプレーを作る。

精油ってとてもたくさんの植物を使ってほんのちょこっととれるもの。
バラとかは花1トンで1キロ?だったけな。
とにかく、そんなにたくさんからそれだけ??くらいにしかとれない貴重なもの。
 
面白いのは香りにはいろいろ作用があり、期待できる効果があるというところ。
リラックスだけではないのか!?
とアロマ初心者は思いました(恥っ)
呼吸を深める、免疫力向上、抗菌、皮膚の再生などなど。
すごーい。
 
10種類の中で一番馴染みがあったのはジュニパー。
酒ネタで恐縮ですが、間違いなくこれはジンの香りなわけで(笑)
ジンのあの独特の香りはジュニパーベリーによるものだから納得。
 
は、置いといて、さっそくスプレー作り。
作用として免疫力向上とかをメインにブレンドと思ったけど
実際嗅いでみたら、好きな香りってやっぱりあって結局は
ティートリー:1、パイン:2、ローズウッド:2
乳香:1、ベンゾイン:1にした。
 
で、寝る時にプシュプシュっとしてみる。
なんか、とてもいいわぁ。
↑単純すぎる?
いや、そうなんだけど(笑)

たくさんの植物がギュっとなっている精油を使っている訳だから
何もない訳はないと当たり前に思うのです。
香り=主張、みたいな観点にしてみると
その植物の事の生態とか知りたくなったりして面白いし
何よりもいい香りは気持ちいいのだな、と実感したので
香りの世界も少しづつでも勉強していきたいなぁと、思った次第です。

 
そしてこの講座の中で、もう一つ心に残ったのが木の話し。
続きを読む >>
| ワークショップ系 | 22:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
エレメント☆
月一回のハーバリスト講座。
今回はエレメントについて。

講座の事はこちら→ハーバリスト講座
 
エレメント。
元素。
宇宙・自然界のものを構成する要素。

私たち人間もその要素から成り立っている。

続きを読む >>
| ワークショップ系 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
魔女の秘薬

塾生農場のそら豆
 
先月きれいな花を咲かせていたそら豆。
おいしそうな実なっていました!
しかし虫がすごい。
小さくて黒いつぷつぶの虫がたくさん。
早く収穫しないと虫に食べられてしまうじょ。。。
 
ちなみにそら豆は
空を向いて実がなるから空豆の名で呼ばれているという説があり。
写真を見るとなるほど、さやが下から上に向いているね。
結構重いのに、頑張ってるなぁ。
他にも呼称はあるけれど、
空豆っていうのがいいと思います。
素敵な名前。
 
で、今日はそら豆観察に来た訳ではなく^^:
センター勤務でもなく。

魔女修行の先輩、魔女たえちゃんの
野草酵素ジュース講座に行ってきました。
続きを読む >>
| ワークショップ系 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>