CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
朝食抜きという、半日からならできるかなと。食べ過ぎて疲れるのはよくわかるので、断食に興味がありました。月一の一日断食ができる様になるのがとりあえずの目標。
RECOMMEND
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記 (JUGEMレビュー »)
クレア シルヴィア,ウィリアム ノヴァック
心臓に記憶がある、というのは某マンガのネタではなく、本当にあった話。感情を如実に表す臓器だけにあるかもしれない、とは思うけれど、移植前は好きではなかったビールまで好きになるというのは、本当にお話しの様。
RECOMMEND
ボディアストロロジー
ボディアストロロジー (JUGEMレビュー »)
松村 潔
占星術の視点で精神と体を見つめなおす、と帯にあり、とても興味があったので、買ってみました。私には難解かもしれないけど、頑張って読みたい。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
四万温泉@よってんべぇ
四万温泉。
東京から往復の高速バスがある。
リーズナブルでありがたい。
 
四万温泉号
 
お正月休みも終わった平日とあって、
往路の乗客は3人。。。
貸し切り状態のこの大型バスよ。
 
という事で宿も温泉街も人もまばら。
 
おかげでゆっくりと温泉に入る事ができた。
宿の湯はほぼ貸し切り状態。
大浴場だってひとりぼっちの時もあり。
泳いだり〜、はさすがにしなかったけど。
ぷはぁーとか、うひーとか遠慮なく言わせて頂きました☆
 

川沿いのこの温泉は縦に長い。
温泉入り口、真ん中、終点と宿とお店が集まっている。


飲泉所や無料の浴場が点在しているので
それを巡るだけでも十分楽しめる。
 


その一つ、河原の湯
 
文字通り河原にある。
四万温泉終点にも近く、到着後最初に入った温泉。
 

浴場の中
 
二人が入ればいっぱいの小さい浴場だけれど、こじんまりときれい。
で、それよりも何よりも。
熱い!!!!
あたしゃ江戸っ子ではないのでちょっとムリ、くらい熱い!
聞くと真下が源泉で、源泉そのままだから熱いらしい。
ありがたいけど、熱くておへそから上は入れなかった。。。

で熱くて入れないので水で薄めて入ってももちろんいいのだ。
最初はうすめちゃだめなんだろうなって我慢していたけど^^;

 

別の浴場の中
 
ここもせまいけどきれいで、熱い(笑)
 
外湯巡りで他の宿に行くのもいいけど、
タダで入れる温泉でとっても満足^^
 
女性は厳しいけど、河原には眺めもよろしいであろう露天の浴場もある。

で、タイトルのよってんべぇとは。
 
酔ってんべぇ、、、は私の状態(笑)
いや、すいませんけど、昼から朝から飲んでまいました。
すいません。
 
で酔ってんべぇではなく、よってんべぇは
四万温泉街が発行しているパスポート。
1冊100円で購入すると、
加盟しているお店で割り引きやサービスが受けられるというもの。
 
これがなかなかよくて。
1日目、2日目のお昼ごはんやおみやげを買ったりと
その都度ちょっぴりサービスを受けられた。
 
このお店よってんべぇかな?とか
パラパラめくりながら歩くのも楽しい^^

よってんべぇ



サル
 
サルが枯れた草を食べてた。
冬、、だからね、ちょっとひもじそうだ。
 
サルはよく見れるみたい。
運が良ければカモシカもみれるらしい。
で、運が悪いと熊さんに遭遇するらしい。。。
夏に出たとかであちこちに熊に注意の張り紙が。
もち、冬は冬眠してると思うけど。
 


川沿いのこの温泉は新緑の頃が気持ち良さそうだ〜

また行きたい四万温泉。
ゆっくりと過ごしたい。


四万温泉
| 温泉 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
四万温泉@積善館
群馬県の四万温泉に行ってきた。
 
泊まった宿が渋いのだ。
 

積善館本館 
 
積善館

元禄時代の創業300年の歴史を持つ積善館。

本館は古いけど、これがむちゃくちゃ味がある。
そこから何やら増築しており、
大浴場や貸し切り可能な家族風呂などもあったりする。

 

トンネルを通って大浴場へ

山の斜面に増築しているのでちょっと迷路ちっくになっており
そこがまたよい。
 
泊まった部屋は本館。
古いけど、落ち着く雰囲気でよかった。


この赤いイスがなんとも言えない
 
部屋は暖房+こたつ。
窓辺の赤いイスに座ってまったりしたかったけど、
寒いので部屋ではこたつから出れない状態^^;


でお湯。
本館に泊まっていても他の階の温泉にも入れる。
大浴場はよくある温泉っていう感じできれいで広い。
 
しかし、この宿で一番くるのはここ。
 

元禄の湯

大正ロマネスクとやらにキターって感じ。
 
天井がスコンと広くて。
脱衣場と風呂場の敷居はなく、
脱いで入るっていう感じ。

で、これもたまらんかった。
 

蒸湯
 
これスチームサウナの入り口。
茶室のにじり口のように、かがんで入るくらいの大きさの戸。
それを開けると狭いくて暗いのだけど、
一人が半寝できるようになっている。

こんなの他でみた事ない。
蒸湯。
渋過ぎる。


猫もいたりする
 
チャトラ、だっけな?
ふとっちょな猫が館内を歩いていた。
運がよければ会えるかも!?

もう一度行ってみたい宿だなぁ。
なんとも味のある宿どした。
| 温泉 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |