CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
朝食抜きという、半日からならできるかなと。食べ過ぎて疲れるのはよくわかるので、断食に興味がありました。月一の一日断食ができる様になるのがとりあえずの目標。
RECOMMEND
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記 (JUGEMレビュー »)
クレア シルヴィア,ウィリアム ノヴァック
心臓に記憶がある、というのは某マンガのネタではなく、本当にあった話。感情を如実に表す臓器だけにあるかもしれない、とは思うけれど、移植前は好きではなかったビールまで好きになるというのは、本当にお話しの様。
RECOMMEND
ボディアストロロジー
ボディアストロロジー (JUGEMレビュー »)
松村 潔
占星術の視点で精神と体を見つめなおす、と帯にあり、とても興味があったので、買ってみました。私には難解かもしれないけど、頑張って読みたい。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
御岳山 草木メモ

御岳山ロックガーデンにて



桂の木




桂の葉





ギンリョウソウ





かわいい

小さい花。まん丸い小さいつぼみが
たまらんくかわいかった。
名前が知りたいー。>調べた。

コゴメウツギ。
小米空木と書くそうです。
バラ科。



かわいい2

うえの白い花と似ているけど、大きさが違ったので
違う種類かなと。
葉っぱの感じもちと違う気がするし。

という事で
調べた>わからず。。。

もう少し接写できるカメラが欲しい。

。。。


展望台近くにて


今日一番のセクシーちゃん

この木が視界に入ったときに思わずセクシーと言ってしまった!!



この模様、このくねっとした感じがたまらん。





仲良しか、それとも。。。

好きよー、好きよーって絡まりあっているのか
おめなんか、おめなんか、ととっ組み合っているのか??
この先どんどん太くなるので、どうなるのかな?

 
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
沼津アルプス 木メモ
沼津アルプスのステキな木たちをメモ。





 
続きを読む >>
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
珍しい野菜たち
週に2回程、都内の産直でバイトする事になった。
知らない野菜があったら、食べて覚えてきてー。
という事で頂いた野菜たち。



まずこの方
 
まったくなんだかわからないぞー。

中玉ねぎくらいの大きさ。

これはコールラビと言います。
アブラナ科のお野菜。
キャベツなんかの仲間だそう。

葉っぱがないのでキャベツの仲間、、にはみえないのだけど。
触ってみると、、お!!知ってる感触。
それはブロッコリーの茎。
ブロッコリーもアブラナ科だからね。
つるつるした感じが似てる。



切ってみた

断面は大根みたいな感じ。
アブラナ科だから納得。



食べてみた

皮をむいて 
まず生で。
おっ。
まず食感がおもしろい。
しゃきしゃき、というより
パリパリというかポリポリというか。
味は、甘い。
キャベツの芯とブロッリーの茎を足した感じ。
 
炒めたら甘みがまして、おいしい。
食感は変わらずにいい歯ごたえ。
これは、クセになりそうなおいしさ♪
アブラナ科のいろんな野菜の特徴をまとめた感じなのもおもしろい。
 


津田カブ
 
紫がかったカブの名は津田カブ。
 
生で食べてみたらラディッシュみたいな感じ。
しっぽの方は大根のしっぽと同じ。
火を通すと色が抜けてしまうそうなので
浅漬けや酢漬けがオススメとの事。

 


左下が茹でたもの、上真ん中が生、右下が甘酢漬けにしたもの。
色を楽しみたいなら茹でない方がいいかもしれないけど
お味噌汁に入れたりしてもおいしかったよ。
 
色がかわいいね。

島根の方では津田カブ漬けって有名みたいで
漬け物にする為に津田カブを天日干しするらしく
冬の風物詩になるらしい。
いつか観に行ってみたいな。



日本かぼちゃのはやと

なんか絵本とかに出てくるかぼちゃみたいだなーって思って^^
かわいいよね。
お部屋に置いておきたい。
って、食べなきゃダ!
 

こんな感じ
 
タジン鍋でシンプルに蒸した。

ただ蒸しただけなんだけど
かぼちゃにちゃんと味があっておいしい!
甘みがね、なんかきな粉みたいだなって思った。
おいしい。
 
来年この野菜たち作りたいなぁと思うのもばかり。
近所のスーパーではみかけないもんね。

ちなみにこの産直は珍しいものばかり置いてる訳ではありません(笑)
できるだけ減農薬、有機栽培のものを置いていて
都会の人にも新鮮な野菜を食べてもらいたいっていうお店。
まだ始めたばかりだけど、いろいろとワクワクする事がありそうで
今後が楽しみ。
 
また珍しいお野菜とかあったら紹介しまうす!
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
きのこのある風景

たくさんキノコ


肉厚でおいしそう。



切り株キノコ


切り株とキノコというフレーズから
某メーカーのおかしたちを思い出した。



チビきのこ


ラブリー♪



埋もれるキノコ


埋もれてるの、案外きらいじゃないんだぜ、って言ってるみたい。



これもキノコ?


なんだろうなーこれ。
毒々しい。



キノコサークル


きのこの胞子の飛び方かなぁとか話しをしてました。
不思議ね。
 


キノコに誘われるー
 

この写真のキノコたちは全部食べられません!
なははー。
 
この日は月曜日だったので
土日で結構採られてしまったかも、、との事でした。
松茸!も狙っていたんだけどね^^;

で、結局どうなったかとういうと。
 

採れたキノコ
 
これだけ?って。
いえいえ、採れた種類はこの3個という事なのでし。
ナラ茸と、オワリ茸と、赤、、、。。

という訳で。


たーくさーん採れましたー!

いや、私が採ったのは3個ばかしで
後はキノコ採りのプロが採って下さいました!
 
さっそく、近くの公園に移動してキノコうどんをば!
 
たーくさんのキノコにテンション上がる。



うひょー
 
間違いない。
間違いなくおいしいと
食べる前に思える光景だす。
 
そしてもちろん、めっちゃおいしかった!
採りたてのキノコってほんとにおいしい!
香りがたまらんし、このチュルっとしたなめこの様な食感。
シャキシャキしてるのもある。
あー、ほんとにおいしい!

この後、お家でもキノコのみそ汁と、キノコの雑炊を楽しんだ。
 
キノコは毒キノコってやつがあるので
自分でチャレンジするのはなかなか難しいので
今回とてもよい経験になった。
そして富士の森のすばらしさもちょこっと知れてよかった。
夜の宴会も楽しかった!
また来年も来たいな。
今度はもうちっと自分で採れる様になりたい。

いろいろお世話になりました。
ありがとうございました。
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 14:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
富士の森
きのこを求めて歩いた富士山。
去年歩いた岩場とは全然違うステキな森だった。
 

静か

 
 
たまらん木肌
 
反応してたらキリが無い。
ステキな木肌を持つ木々ばかりだった。


 

モケモケ
 

一緒に行った友達が好きなモケモケ。、
フィンランドではトナカイさんも大好きなんだよって教えてくれた。
私も好きだよ、モケモケー。
 



抱きしめた


この広大な森の中でこれがマザーツリーとは決められないけど
木々の中でポコっと大きくて抱きしめたくなる木があると
これはこの一帯のマザーなんじゃないかな?って思うのだ。




上空写真!?
 
みたいじゃない?
でもこれは苔の森。

そう、下に目を向ければ、
キノコだけでなくワンダフルな世界が繰り広げられている。
 



苔たち
 
写真ではわからないかもしれないけど
この切り株がなんか富士山にみえて。
ありえないけど、富士山が木々で覆われたらこんなかーと想像した。


踏むのがもったいないくらいのフワフワの苔で埋まっていた。

 

苔の森2
 
楽しいなぁ、楽しい、こけー。

 

ハートあふるる、るるるるるー
 

ほんとにね、足下にこんな葉っぱちゃんがあるんだよねー。
たまんないよね。

 
って、肝心のキノコは?って話しですね。
キノコは次の日記だす。
むふ。
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
尾瀬(ヒツジグサ)@2010/10
裏磐梯で出会ったヒツジグサに尾瀬でも出会った。
似ているものでオゼコウホネという同じスイレン科の植物がある。
正直私では判別不能なので、ヒツジグサとして記録する。
 
裏磐梯でその形やたくさん湖面にある姿に
一目惚れた私。
とてもかわいらしいこの草が
紅葉していたものだから
ほんとうに愛いヤツって感じで興奮したのであった。

 

ヒツジグサ
 
湿原にポツポツとある沼というか水たまりというか。
ヒツジグサがあって、
橙や黄に紅葉している。
ヒツジグサに会えるとは思っていなかったからうれしかった。
夏にみたヒツジグサの青さを思い出す。
 


緑が多め




橙が多め


色が違うだけで印象が違う。
かわいらしいのはかわならい。



きれい
 
ドット調になっていて好きだ。

 

手ぬぐいみたい


いつかヒツジグサをモチーフに
型染めにチャレンジしよう!
と心に決めたのであった。



色とりどり
 
なんとなく
この歌を思い出した。
 
あらし吹く 三室の山の もみぢ葉は    
竜田の川の 錦なりけり

正直申せば、竜田の川の錦なりけり
の部分だけだが。

 
ヒツジグサは浮いているけど
茎が湖面から伸びている様子もみれて楽しかった。

もう少ししたらもっと赤くなるのかな。
ほんまにかわいらしいヒツジグサに
ほっこりさせてもらったよ。

ありがとう。
| 観察(山・町・畑 植物動物)  | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>