CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
旅のおもひで アイルランドのやさしい風
初めての海外一人旅から帰ってきた時
また次の旅に出たくてしょうがなかった。
行きたいところは山ほどあったし
計画を立てればキリが無く。
旅の話しをしている時が一番楽しかったし
とにかく旅に出たかった。
 
で、
アイルランドに行くに至った経緯は割愛するけど
アイルランドに行ったのです。
ずっと行ってみたかったアイルランドは
予定もないのに地球の歩き方は持っていたし
とにかく行きたくなったから行く事にした。
 
旅をしたい旅をしたいの私だったけど
そこで思いがけない心の変化に出会う事になった。
忘れられないステキな宿。
おじいちゃんの言葉。
続きを読む >>
| 旅のおもひで | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
インカの塩
先日
ペルーへ行ってきたよと
おみやげをもらった。
インカの塩。
 
3000mを越える高地にもかかわらずそこでは塩がとれるのだ。

ああそう言えば。
 
ふと思いだした旅のおもひで。
懐かしいペルー旅。

続きを読む >>
| 旅のおもひで | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
山小屋へ来る人々
8月にバイトした山小屋の管理会社から封書がきた。
給料明細でも送ってきたのかなと思って開けてみると
明細と一緒に手紙が一通入っていた。
 
山小屋を訪れたお客さんからのお手紙。
この方は毎年南アルプスの夜空を撮影に来ている人で、
去年から首から肩の筋を痛め、
重い荷物はダメ!とドクターストップされていたにも関わらず、
カメラ3台+三脚3台+テント含む登山道具の
通常より遥か〜に重いリュックを背負ってやってきた方^^;
残念ながら赤石岳避難小屋では天気に恵まれず
写真は撮れなかったのだけど、
前日泊の山小屋で撮った写真を同封してくださっていた。
富士山とオリオン座が
すばらしい☆

また山で会いましょう!
 
とのメッセージ。
 
ありがたい。
 
ふつふつと山小屋の事を思い出す。
山小屋とは実にいろんな人が訪れる場所なのである。
続きを読む >>
| 旅のおもひで | 21:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
熊本珍道中@エピローグ
熊本。
というと、
元巨人の緒方選手(現巨人軍コーチ)の出身地
というのが一番のイメージだった。
(ファンだったもんで)

は、置いといて。
 
続きを読む >>
| 旅のおもひで | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
旅のおもひで インドの灯り
ネタがない。
ので、旅のおもひで話しを。

--旅のおもひで その1--

10年前の旅先、インドでのおもひで。

カルカッタからダージリンへ、夜行列車で移動していた時の事。
私たちが乗っていたのは窓枠はあるけど窓ガラスがないという車両で
窓枠に鉄の棒が数本、横にはめられているだけの
外から空気も蚊も好き放題入ってくるような状態の車両だった。
(雨の日とかどーするんだろうな。。)
列車が止まる度、窓枠越しにチャイやおかしの売り子たちが集まってきて、
窓がないから、鉄格子越しにやりとりして。
最初はマジ?って思った窓ガラスなしだったけど、
そんな事から異国を感じて
いろんなものの風通しがよい列車の旅になった。

日もすっかり暮れた頃、どこぞの駅でずいぶんと列車が停車していた。
なぜ停車していたかはわからないけど、
自然と窓の外(ガラスはないが)みたりする。
駅とは言ってもなーんにもない。
真っ暗な空間が広がっている。
たぶん田畑か草むらか原っぱか
そんな人工物など無いと思われる暗闇な世界。
なのだけど。
ちょうど目の前、田んぼ一反くらいの範囲で
イルミネーションの用に光が点滅している。
看板や街頭ではなく、
ただたくさんの光が点滅していたのだ。

なぜここだけ電気がこんなにあるんだろう?と思ってみていたら、
誰かが、ホタルだ、と言った。

ホタル!?
 
そうと聞いて、私はすぐには信じられなかった。
ホタルを見た事がなかった私としては、
いきなりこんなにホタルと言われても、、
想像と違うんですけど、と言いたいくらい光っていたし、
持っていたホタルのイメージと言えば、
恥ずかしながら『火垂の墓』であり、儚げな感じがするホタル。
でも、目の前にある光は
明るくてたくさんで、元気に光っていた。
 
本当にホタルなのかな?
むぅ、っと光の集まっている場所を見ていたら、
横鉄格子をふんわースルリと抜けてくる光がひとつ。
そう。
ホタルが入ってきたのだった。
 
初めてのホタルに
もちろん興奮。

ホタルだとわかったとたん、目の前の光が特別なものになった。
ダージリンへ行くと決めた事も、
列車がここで止まっている事も、
ホタルがふらりと入ってきた事も。
すべてがちょっとずつ旅を予想外のものに仕立ててゆく。

旅の面白さは
楽しみにしている、あんな事、こんな事より、
もっともっと心に残る何かに出会う事だなとしみじみと感じる。

 
ホタルの季節になると思い出す。
インドのあの夜。
贅沢だったホタルの光。
 
| 旅のおもひで | 01:51 | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |