CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
毎床
毎床とは。
球磨郡毎床地区の事。
ここには日本の棚田百選に選ばれている棚田がある。
 

棚田を見下ろす

 
棚田だぁ〜。

 

棚田

棚田ちゅーのはなんなんだろう。
 
私は生まれも育ちも横浜の外れの集合住宅。
もちろん人なりなんなり愛着はあるけれど、
なんつーか、故郷という言葉が似合わないんだよなぁ。
 
故郷という言葉自体が持つイメージって、
こういう風景なんだよなぁ。
心のどこかで持っておきたい風景と故郷が重なるとしたら、
なんて心強いんだろう。
私はそこがバラバラだから、
その様な故郷を持っている人がとてもとてもうらやましい。

こんな日本の故郷代表みたいな、
日本の棚田百選に選ばれているこの場所も
過疎化が進んでいるという事。
 
確かに、町からは遠いから何かと不便だろうな。
 
住んでみないとわからん事もあるんだろうしな。

この後もパーカル隊Cちゃんのお父さんが
周辺地域を案内してくれた。
地元の人ならではの解説付きは大変有難かった。
地形の面白さ。
集落の特徴。
酪農の近くってちょっち臭い事を体感したり。
そうそう、カッパの墓がありましたな。
カッパの墓。
なんか、歴史や民話なんか絡めて
地理を勉強したくなったよ。
土地を観るって面白い。

 
この土地に住むかもという視点で
動いて、観察して、考えたりっていうのは初めての経験。
チラリと観ただけではもちろんわからないけれど、
今後、どこかへ行くとしたら
どういう情報が必要で、何を観て、何を繋げてけばいいか。
うーん、勉強になりました!
 
続きを読む >>
| 熊本 | 00:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
人吉
人吉に着いた。
人吉は、パーカル隊Cちゃんの出身地。
今回は泊めて頂いたり、ごはんをごちそうになったり、
大変お世話になってしまったのだ。

 

人吉の街角
 
夕方近く、のんびりした感じでよい雰囲気。
 
町の商店街のすぐそばを
球磨川という大きな川が流れている。
日本三代急流の一つとされているとか。
なんだか頼もしさを感じる川だったな。

さてさて、人吉と言えば球磨焼酎。
知り合いの人吉出身の飲兵衛君は
米焼酎(つまり球磨焼酎)以外の焼酎なんて飲めない!
これが一番!
と言って、米以外の焼酎を飲む事はない。

とある酒屋さんを覗くと、球磨焼酎だけが
これでもかと並んでおり驚いた。
球磨焼酎はこの地方だけで作られているはずである。
焼酎だけでなく、日本酒、
ワインを置いたって余裕であろう広さがある店なのに。
球磨焼酎だけの取り扱いとはの。
熊本というより、人吉の人々の球磨焼酎へのこだわりは、
なかなかたいした物だなぁと。
 
球磨焼酎酒造組合




温泉
 
町の中にはいくつかの温泉銭湯があり
だいたい300円くらいで入れる。
どれも昔ながらの雰囲気を保っており、
町の人同士、会話の場にもなっている。
温泉が日常にある生活ってうらやましい。

やっとほっとできた様な気分。
明日はこのあたりをくるりと廻る予定。

人吉
続きを読む >>
| 熊本 | 20:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
阿蘇だぁ〜
目的地は人吉だけど、
小国から人吉へ行く途中には、
そう、熊本と言ったらの阿蘇山があるわけで、
ちょいっと寄り道してきた。
 

草原だぁ

道中、 気がつくと右も左も草原だった。
ひょえーーー。
なんだここわ!
思わずグリーングリーンを歌ってしまう。
だって目の前が緑緑なんだもの〜♪
 
続きを読む >>
| 熊本 | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
時間はなかったけど
ワークショップがあったのは、
小国町はゆけむり茶屋という温泉施設。


見渡せば湯けむり
 
湯けむりってわくわくするよね。
あっちゃこっちゃから出てた。

周辺探索、したかったけど
猛烈な雨が降ったりやんだりを繰り返していたので、できなかった。
いい雰囲気のところだったから、残念なり。


ここまで、熊本に来たけど熊本に来たなーっという実感がなかったので、
ワークショップの合間の自由昼食で
熊本名物の馬刺と(ええ、昼から馬刺)
だご汁というものを食べてみた。
だご汁は味噌や醤油で味付けされた豚汁みたいなものに、
すいとんみたいなものが入っている熊本(九州?)の郷土料理。
なんだかほっとする味わいでうんめかった。


短い時間だったけど、最後まで楽しかったな。
猫にゃんにも会えたし。
続きを読む >>
| 熊本 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
パーカル隊熊本珍道中@プロローグ(ちゃぶ台)
少し戻ります。
 
南アルプスから帰ってきてすぐに、
九州は熊本へ行く事になり、行ってきたのだ。
お金がないから行けないはずだったのだが、
青春18切符なら行けるよ!との事で。。。
片道二日かけて、熊本まで行ってきたさ!
この道中のお話しはまた機会があったら書こうかな。
 
とりあえずは九州は熊本の事を。
熊本まで何しに行ったかと言えば
パーカル仲間が土地探しの旅に一足先に熊本に行っていて、
それを追いかけてやってきたというところ。
九州は今年からパーマカルチャー九州としてコースも開催され、
熱い風が吹いている。
プラス、オーストラリア在住のパーマカルチャリスト
デジャーデンゆかりさんの講義が熊本の小国であり、
8月あたまのパーカル祭りの際伺った
お話しがとっっっっても心に残っていたので
是非もう一度お話しを聞いてみたいと思っていたのだ。
 
で、2日かけて最初に到着したのは「玉名」というところ。
先発隊と九州パーマカルチャー理事のTさんが迎えてくれた。
さっそく温泉に連れて行ってもらう。
熊本にはたくさん温泉があるよー、
馬刺をはじめ、うまいものも待ってるよーという話しに
いきなり観光気分になってしまった^^;

という事で本編はここから。
続きを読む >>
| 熊本 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |