CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
龍野路は夕焼け小焼け3(写真)
初めて龍野に行ってみたいなと思ってから
もう十年以上は経っている。
寅さん、あたい来ちゃったよー。
そんな気持ちで歩いてみた龍野。

 

かわいい三階建て!
続きを読む >>
| 大阪 兵庫 | 00:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
龍野路は夕焼け小焼け2
夕焼け小焼けの赤とんぼー♪

龍野は童謡「赤とんぼ」が生まれた地。
この事を町全体がとても大事にしておられ
童謡の小径なるものがあって、
「赤とんぼ」だけではなく、思わずぐっとくる様な
誰でも知っている童謡の歌碑を巡りながら龍野を一望できる展望台があったりする。
 
赤とんぼを増やそうっていう取り組みも始まっているとの事。
あの河原に赤とんぼがたくさんいたら。
とってもステキやね。


夕焼けな河原
 
私は子供の頃はこういう景色とは無縁だったけど
郷愁を誘うのだよね。
これはもうDNAに入ってるんだろうな。
あぁぁぁぁー。
みたいな気分になる。(どんな?とか言わないで)

なんだか今日は朝焼けから夕焼けから
贅沢な一日になったなぁ。

でも、夕焼けでは終わらないのね今回は。
続きを読む >>
| 大阪 兵庫 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
井戸糀製作所@龍野は城下町
格子戸を
くぐり抜け
見上げる夕焼けの空に
 
by小柳ルミ子 私の城下町

播磨の小京都と言われる龍野の町。
今回は行けなかったけどお城もあるのよ。 
格子の家々が立ち並ぶ
城下町風情を残した道をいったところに麹屋さんがあった。



井戸糀製作所
 
で、中に入ると手作り味噌が並んでおり。
なんでも地元の米、大豆、塩は赤穂の塩で作った
もちろん無添加100%手作りの味噌たち。
 
おいしそう!
でも、今年も味噌作りする予定あるしな、なんて思って
買うつもりはなかったんだけど。
 
うちは麹屋だから麹7割、豆3割の味噌なのよ。
って教えてもらう。
えー!
普通だいたい五分五分です。
そのとたんに、どんな味の味噌なんだろーって興味が湧く。
普通のより甘いけどおいしいよ!
というおかみさんの鶴の一声にてお買い上げなり。
 
話しをしていたら、奥の麹室観ていったら?と声をかけてもらう。
 

麹室
 
作業中は冬でも30度を超えるから
おやじさんは海パンで汗だくで仕事をしているそうです。
ありがとうございます!
おやじさんのおかげで美味しい味噌ができるんだぁ。
 
麹室はレンガ作りで、レンガは二重構造。
レンガとレンガの間に籾を断熱材として入れてあるんだって。
 

麹蓋
 
すごい数。
これに米を敷いて蒸してとやって麹になってゆく。
麹になると菌が根を張るから麹蓋を逆さにしても落ちないんだよって。
で、この麹蓋がまた年期が入っていて
側面に作った年とか書いてあるんだけど
昭和8年とかあるんだよ!
戦前ですよ。
そんな年代物の麹蓋は麹菌だってもう何代目だかわからんよ。
すごいなぁ。
この空間にもぷんぷん麹菌が飛んでるんだろうか。
帰ってすぐ味噌作ったら美味しく出来るかも(笑)
 
地元の人が豆と米を持ち込んで、委託的な味噌作りもやっているそう。
その家その家使う豆、分量が違うのよーっておかみさん。
手前味噌とは言うけれど、味噌作り委託もありなのね。

 

ご主人とおかみさん
 
仲良しでステキなご夫婦でした。

お味噌食べるの楽しみだす。
お話しに見学に
ありがとうございました!



先日藤野で家でも麹が手作りできるという話しを聞いたので
ちょっとできたらチャレンジしようと思う。
あーあの麹蓋があったら間違いなくおいしい麹になるのにな!(笑)
| 大阪 兵庫 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
龍野路は夕焼け小焼け1
龍野。
わたしにとって龍野と言えば寅さんです。
「男はつらいよ寅次郎夕焼け小焼け」でロケされたのが龍野。
マドンナに太地喜和子さんを迎えたシリーズ17作目の作品で
私の生まれた年に公開された作品。
この作品とっても好きでたぶん3回は観てる。
太地喜和子さんの演技がもう最高なんだよね。
あの笑顔がたまんないし
泣けちゃうしで。
龍野の町がまたいいんだよ。
いつか行ってみたいなぁって思っていたのです。

ではいざいざ龍野散策へ。

駅から10分くらいで川がみえてくる。
 

揖保川の河原
 
これはたまりまへん。
解禁。
ビール解禁!
という事でいきなり河原で一休み。
だって、しょうがないんです。
対岸にみえるのが龍野の町。


で、この揖保川でピーンときたかな。
そうここ龍野はあの手延素麺揖保の糸を作っているところだったのだ!
私は知らなかったからびっくり。(兵庫県で作ってるとこまでは知ってたけど)
私が人生で食べてきたそうめんの8割は間違いなく揖保の糸だよ。
今も家にあるよ。
こんなステキなところで作られているのかと思うと
今後もますます揖保の糸だよ。

 
そして龍野はうすくち醤油の産地でもあり
町から醤油工場の煙突がみえるんだけど
それがなんとも言えない景観をだしていてよかったなぁ。
なんでもここいらの水は鉄分が少なくて
お醤油作りに適しているんだって。

お醤油饅頭なんてのも売ってた。
これがなかなか素朴だけど美味だった。
 

醤油の自販機
 
こんなものまであるのだよ。
歩いていたらいきなり出てきてびっくり。




そうめん&コーヒーって。。。
 
たまらん看板です。
おもわず入ってそうめん食べました(笑)
中は普通の喫茶店。


ほらすでにこんなにステキでしょ?
龍野散策はまだまだ夕焼けまで続くのであります。
| 大阪 兵庫 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと寄り道@明石
神戸から赤穂へ移動の朝。
明石に寄ってみた。
柿本人麻呂縁の神社とやらがあるとの事で
是非行ってみたく。
 
もちろんほんとは明石自体ちゃんとみたかったけどね。
それはいつかのお楽しみ。 
 

亀の水と鳥居
 
神社は上にあるのだけど、亀の水っていう名水が湧き出ており
地元の人がポリタンクやペットボトルを持ってやってくる。
そういう情報は知らなんだ。
入れ物持ってればよかった。。

それにしても。
こういう水が近所で出てるってすっごいうらやましい!!
 
「柿本神社」と刺繍されているお守りが欲しくて
ムリヤリ寄り道したのだが。
社務所が開く時間になっても人の気配まったくなし。。。
 
という事で厄年なのに今もお守りないけど、、、だいじょぶかな^^:
 

神社の外からは明石大橋が見える
| 大阪 兵庫 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
神戸を歩いて

海だー!

神戸って横浜に似てるってよく言われる。
確かに、中華街があり、港があり、洋館があり
元町なんて名前もかぶってる。
続きを読む >>
| 大阪 兵庫 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>