CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
朝食抜きという、半日からならできるかなと。食べ過ぎて疲れるのはよくわかるので、断食に興味がありました。月一の一日断食ができる様になるのがとりあえずの目標。
RECOMMEND
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記 (JUGEMレビュー »)
クレア シルヴィア,ウィリアム ノヴァック
心臓に記憶がある、というのは某マンガのネタではなく、本当にあった話。感情を如実に表す臓器だけにあるかもしれない、とは思うけれど、移植前は好きではなかったビールまで好きになるというのは、本当にお話しの様。
RECOMMEND
ボディアストロロジー
ボディアストロロジー (JUGEMレビュー »)
松村 潔
占星術の視点で精神と体を見つめなおす、と帯にあり、とても興味があったので、買ってみました。私には難解かもしれないけど、頑張って読みたい。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ぶどうの丘
お友達が山梨は牧丘に住んでいてぶどうを作っています。
牧丘はワインぶどうの産地で有名な勝沼の近く。
こちらもぶどうや果物が盛んに作られています。



敷地内の畑

いつでも目の前にこの景色がある!!
それだけでうらやましすぎて困っちゃうよー!!
気持ちがいいー!



チキントラクター

2羽の鶏さん。
もちろん卵産んでます。
ありがたき恵み〜。

チキントラクター=その名の通り、チキン(鶏)がトラクターするのです。
鶏が歩く(走る、かける)=土をかく。
鶏がつつく=土をほじる。
鶏がウンする=養分提供!?
かける、つつく、ウンするを繰り返し、土が肥えていく。

囲いの分できたら、次の場所へ移動する。

しかし
鶏さんは野生動物に狙われやすい。
まさにいたちごっこな知恵比べがここにあります。


網の中にまた柵

夜にはこの中に鶏たちを入れて守るのです。
自然が豊かだからこそ
こういう工夫は不可欠。


枝に猫
なんともたまらん
この光景

これだけで何日分癒されたか分からないなぁ。
ありがとん。


ぶどう畑

作業をお手伝いしました。
ぶどう畑はご覧の通り葉っぱが茂っている下での作業なので
思ったより暑くてグデグデってなりません。
半日陰な感じ。


赤子もすやすや

こんな感じで気持ちよいのです。

とはいっても広い敷地。
ずっと同じ作業を繰り返すのはとても大変と思う。
私たちはちょこっとお手伝いさせてもらった。



こんな感じのところを





こんな感じにする

つまり、たくさんある房候補から
収穫するに値する房を残す作業。

こうした方がいいという方法を教えてもらいながら選定。
正直、とても緊張した。
残すと決めたモノ以外は切り落とすので
自分の判断があっているのかーーーーー。。。
とか思って立ち止まっていては作業は進まんし。。

残した房に、大きくなれよーって願をかけ、
作業を進めていく。

ちなみに房の塊の上の方に小さい房を2つ残す。
これはのちのちの作業の目印として使う。
この作業が終わったら一つ折り、という風にしていく。
そりゃそうだー、目印なかったらどこまで何をやったかわからんもんね。



りんご畑

ぶどう畑の次はりんご畑。
袋がけです。
りんごの木は幹もおいしいのでとても虫に食われやすい。
とりあえず、袋かけをすればその後は収穫までは虫からは守れるらしい。

大きくなれよー。
とここでもそれしか思えないのだが。

少し作業を手伝っただけでも
こんなに大きくなれよー、虫に食われるなよー、秋が待ち遠しいー!
って思うのだから、毎日手がけていれば、その気持ちは計り知れません。

今日の作業はここでおしまい。
この後は食べつつ、飲みつつ、語りつつ。
のお楽しみタイムなのでござい。
続きを読む >>
| 畑模様 | 21:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
小麦の脱穀と落花生の収穫@横浜 その2
前回からの続き


畑の様子

落花生がたわわと植わっております。
夏までは小麦が生えていたところ。
小麦を刈った後、落花生や大豆たちがぐんぐんと育って
今まさに収穫の時!なのであります。


落花生は土の中に豆を作るので
収穫は株ごと引っこ抜く。


落花生〜。

ステキです☆




掘った後の落花生は畑へ

土の上へ戻し、マルチに。
小麦は冬に蒔きますので、
豆類と小麦と同じ畑でうまくサイクルしていく訳で。

だんだんと害虫や病気の発生が少なくなってきた、とのお話し。
土が良くなって、いろんな虫も来てこの畑の中で
いろんな事がくるくると回っているのだなぁと。

いいね、やっぱり畑やりたいなぁと思うのでありました。



おいしそう

この後、洗って干します。
振ってみてカラカラっていうくらいになればいいそうです。
もちろんせっかくの掘りたてなので茹で落花生もグッ。



網に入れて干す〜

待ち遠しかばい。


おまけ


穴あきにご用心

この穴は虫さんが開けたモノ。
こうなっていると中に虫がいるか、既に豆は食べられている。




カエルもいる畑〜♪

冬眠準備でしょうかね?


とても楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました!
 
| 畑模様 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑@2011/01/30

冬って感じやね
 
緑緑しているのは
巻けてない白菜。
虫さんのごはんになっている状態。
まぁ、いっか。

 

今日の収穫
 
大根
人参
カブ

葉っぱがね、人参は引っこ抜くのが大変なくらいへたれていた。
引っ張るとブチって切れちゃう。
大根はまだ生えてるって感じはあるけど
だいぶ黄色くなって、端の方は枯れてカサカサに。

葉っぱを利用するなら早いうちに収穫しないとダメなのね。
大根の葉っぱはもったいないから干して入浴剤になる予定。
人参はちょっとムリかな。

今回の収穫で畑にはほぼ収穫できるモノが無くなった。
寂しいな。

春の収穫が待遠しい空豆。

空豆。
 

空豆ー;;

半数以上の空豆がもうダメかもっていうくらいしおれていた。
というか枯れてるのか?
ナゼやろうか?
寒すぎるから?
雨が降らなすぎるから?
わからないけど。
 


数少ない元気な空豆 

大きくなれよー。


 

イチゴ

去年3株だけ植えたのね。
どんだけ実がなるかわからないけど
一粒でもいい、わんぱくに育っておくれ。
 
ちなみに私の隣の畑さんは
みごとなイチゴ畑になっている。
去年もおいしそうな実がたーくさんなっていた。
そのイチゴ、ちょっとだけこちらに越境しているわんぱくさんたちがいるのだ。
むふ。
ってダメ?(笑)




 
この季節にしては雲が多かったけど
空の青さによー映えて気持ちがよかった。
冬の空気のキリリ感
めっちゃ好きやねん。


そうそう
去年の大豆、引っこ抜いた株を移動させようとしたら
コロンコロンと二粒の大豆が落ちた。
おおおー。
意図していなかったけど
虫に喰われてない豆が残っていたとしたら
数粒くらいは大豆がとれるかも。
次に行った時に全部確認するだ。
ちょっと楽しみ。
| 畑模様 | 00:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
畑@2010/12 今年最後

かぶ

土の上にコロコロとできてる姿はほんにかわいい。



大根

出てるねぇ。
葉っぱがすごい立派。
 


今日の収穫

大根も人参も立派に育ってる!

人参の葉っぱはちょっと元気がないけど
大根はまだまだ元気みたい。

(それにしてもいっぺんに収穫しすぎた。
重い!^^;)


ほったらかしていたツルムラサキを引っこ抜き、
スッキリとした畑。
前回からだいぶ時間が経ったけど
ほとんど草は増えていない。
というよりむしろ萎びた感じで減っている。




空豆たち

元気そうだ。


空豆
 
力強いね。
 

畑に今年一年のお礼と来年への挨拶をして
年内の畑作業は終了。
ほんとうによい経験になりました。
たくさんの収穫ありがとう。
| 畑模様 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
畑@2010/12/4
3週間程、時間があいてしまった。

ほんとは1週間後に畑の予定だったから
最後の収穫をしようと思って残していたナスは、
当たり前だけどもう枯れていて
労う前に枯れちゃって悪い事した。
たくさん頂きました。
ありがとう。

バジルは昨日の強風のせいか
マイケルのスムースクリミナルの斜め姿勢みたいに
倒れかかっており
葉っぱももうだいぶしんどい感じであったので
今年のお役目は終わってもらった。
 
ナスもバジルも茎はもう木みたいにごつくなっていて
運動不足の三十路女には引っこ抜くのが大変だった(笑)
夏の前は草だったのよねー。

そして大豆ちゃん。
大豆ちゃんは葉っぱがきれいに落ちて
マルチになってた。
蒔くのが遅かったので大豆としての収穫はできなかったけど
枝豆としておいしく頂いたし、
イモムシの事も勉強になった。
 

引っこ抜いた大豆。
 
引っこ抜き作業をしていたら
一粒だけポロンって大豆が転がって。
もしや!って思っていくつか鞘を確認したけど
もちろんダメだった^^;
一粒だけでもうれしか。
来年蒔くダ。



根粒菌
 
見えずらいけど。

夏野菜が無くなって
畑がだいぶとすっきりしてしまった。

らば、バターナッツが一つ!
もう茎も葉っぱも枯れ果てているのに、
その枯れ茎の先にくっついて、ころんと転がっている。
最後の一つやね。
ありがとー、お疲れさま!
 
で、今日の収穫。



大根、人参、かぶ
 
大根も人参もとっても立派に育ちました!
前回は3週間前に畑にきたのだけど、
その時はまだ「細っ」という感じであったので
大きくなるのかな、、、と心配であったのだけど
うれしいな。
 

白菜はだいぶと虫に喰われているけれど
食べれそうな葉っぱだけ収穫。
春菊はなんだか元気がない様にみえる。。

玉ねぎはひょろっと波平さんの髪の毛みたいな葉が4、5センチ位と
あまり成長してない。
でも人参もそれくらいで一回止まったかの様にそのままだったけど
こんなに育ったから、玉ねぎもきっと大丈夫よね!
と思う。
 
そしてそして



空豆


これくらい大きくなればとりあえず鳥に喰われまい。



空豆

来年の収穫が早くも待遠しかったりする。

さよなら夏野菜(遅すぎるが)、ありがとう冬野菜、
そしてこんにちは春の恵みちゃん♪
そんな感じの師走の畑模様。
| 畑模様 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
畑@2010/11/13
だいぶとおとなしくなった。
秋がきて、冬が来ようとしているのを感じる。
畑の色がだんだんとそんな風になってきた。

大豆が枯れ始めたというかしおれ始め
鞘も色あせてきた。
蒔くのが遅かったから大豆としての収穫はできないみたい。
うーん。
どうしよう。
大豆は結構な面積をしめているので
これが無くなると、畑がスカスカだ(笑)
今から蒔けるものがあったら、蒔くけど
ソラマメも全部で50粒くらいは蒔いたから
もう蒔かなくていいかと思っているので
どうしようかな、大豆跡地。

バジルもこの1週間で、だいぶとかわった。
摘めると思える、というかおいしそうな葉っぱが無くなった。
先週まではまだ緑でやわらかそうなのがあったのに
一週間でだいぶと変わったぞ。
これもそろそろ終わりだな。
 
ナスは8個ほど収穫したけど、
もうチビで大きくならない。
来週なるかならないか。
 
インゲンとピーマンはお役目を終わってもらった。
ピーマンは先週から同じ実が大きくならずなったままだったので
最後の収穫。
インゲンは豆がはじけてた。
 
インゲンは夏が終わってからしばらく沈黙した後
また復活して収穫できた。
ピーマンはナスに比べて収穫は少なかったけど
程よく炒め物に使わせていただいた。

ありがとう!!
 
ソラマメの芽が13個出ていた。
倍は蒔いたのだけど
雨で流されて鳥に食べられてしまったのか
遅いのがいるのか、もう少し様子を見よう。
 
間引き的収穫として
大根とニンジンとカブ。
市販のものよりずっと小さいけど、
ニンジンなんかは土から出した瞬間に
ニンジンの香りがとても濃ゆくて、すごいなーと思った。
 
大根は葉っぱが立派であり、炒め物に。
 
いつ巻くのかなと楽しみにしていた白菜だけれど
この時期で巻いてなかったら巻かないそうだ。
種まき遅かったからしかたがない。
食べる分だけ葉っぱを収穫。

白菜にイモムシのふんがたくさんあったので
イモムシを探したら、チビがたくさんいたので
とった。
小さいくせにふんはかなり目立って、身体の割には大きい、とか思った。

春菊はたくさん蒔いたはずなのに、一株しかない。。
でもこれも食べる分だけ収穫していけば
気長に食べれるはず。

ほうれん草作ればよかった。
食べたくなってきた。
 
バターナッツがまだ未発達のものが(大きさはいいのだけど、まだ皮の色が若い)
一つあるのだけど
本体の葉っぱは全て枯れてしまっている。
このまま置いておいたらあのバターナッツ色になるのかな?
それとももうダメかしら??
わからないのでそのままにしておいた。
光合成はもうできないから、枯れたみたいな茎から
養分が送られるのかな??、わからない。

玉ねぎはひょろっとしたまま育ってない。
波平さんの頭の毛みたいな感じのままだ。
玉ねぎは藤野でもやってなかったので成長速度が
イマイチわからなくて、どうすればいいのかな。
がんばっておくれ。

来年じゃがいもやトマトを育てる場所を考え中。
畑の半分は日中の半分日陰になってしまう。
今年日当たりのいいところにナス科の植物を育てたので
来年は日陰しかないんだけど。。。
まぁ試してみるしかないだすな。

あと来年はさつまいもを植えよう。
干しいもが食べたい。
干しいもって買うと結構高いのよね。
 
| 畑模様 | 11:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>