CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Pizzeria la gita@塩竈


友達の友達繋がりでおじゃましたのは
宮城は塩竈の港町にあるピザ屋さん。



Pizzeria la gita

とってもおいしかったーーー!!!





おいしかった!!



石窯で焼いたピザ!

本格石窯で焼いたピッツアは
言うまでもなく、おいしい。

ご主人と奥様でやっているこのお店。
お二人は旅人さんである。
旅先のタイのとあるビーチ、
イタリア人がやっていたピザ屋さんと出会う。
フラリとやってきた旅人たちがそこでピザを食べる。
タイでピザ!?って思うけど、
なにかとてもよかったのだと、心に残ったそう。
その後お二人とも料理店で修行され、
ななななんと、ソムリエの資格もとり、
そしてナポリでピザを食べに食べ、今のお店の味になったのだ。





La Gitaはイタリア語で旅を意味する。
店内にはお二人の旅写真がたくさん飾られて旅人心をくすぐってくる。
そしてそして、
きっとイタリア人も「ブォーノ!」って言うに違いない
美味しさのピザや料理が食べられるのだ。
ワインだってPizzeriaとは思えぬ充実ぶりなのだ。

なんで横浜にないねん!

って思います。

あー幸せの時は過ぎてゆく。

ホームページではないけど、お店の紹介が載ってます。
kurashio


おまけ



ソムリエがいるから!
飲み過ぎちゃった!?

てへ。


続きを読む >>
| 福島・宮城 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
松島に行って来た@宮城
塩竈から近いという事で松島へ行ってきました。

とりあえず、これを言わせてもらいます。


松島や ああ松島や 松島や〜

うむ。満足!




松が生えているから松島なんだな。
っていう事を来てみて初めて思った。
地名から想像できるけど、気づかなかったよ。
遠くにある小島も松の島。



瑞巌寺の案内所にいた猫

かわいく寝ているけど、かなりやりおる猫であった。
エピソードは割愛しますが、やりおる猫だった!!
伊達政宗縁のお寺。
参道まで津波がきて、塩害で木々が枯れてしまったそうだ。

おみやげやさんでは物欲がプチ爆発。
という事で南部鉄器の卵焼き器と手ぬぐいなど買ってみました。
南部鉄器は横浜でも買えるけどいつか本場で買うのだと我慢してた。
本場は岩手だと思うので、ほんとは岩手の工房とかで買う予定だったけど
岩手は遠いさ。。。
という事で本場に近いという理由で買っちゃった。
てへ。
でも、うれし。

そんな松島のお土産屋さんの入り口にも
津波がきた高さが印されていた。
立ち寄ったお土産物屋さんも津波の被害にあっているんだと思うと
信じられないくらいきれいになっている。

平日なりの観光客は来ていたと思う。
昔から愛でられていた松島だものね。

気持ちのいい場所でした、松島。
| 福島・宮城 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
塩竈@宮城
縁あって裏磐梯の後に宮城県は塩竈(しおがま)というところにやってきた。
友達の友達はみな友達だなのだ!!
と私がいうのはなんなのだが、
初対面であるのに大変お世話になってしまった。
お世話になったのは旅人さんで
今はご夫婦でピザ屋さんをやっている。
ピザ屋さんの事や他の事はもりだくさんなので、別便で。

で、しおがま。
港町だ。

町のいろいろは塩竈って書いてあったり、
塩釜って書いてあったりするんだけど
桜の名所として有名という神社へ行ってみたら
鹽竈神社(しおがまじんじゃ)と書いてあって
これも「しおがま!」ってびっくりした。
もはやどうやって書くのかもわからない。
難しすぎるぞ、でもなんかいい。

というところでまずテンションが上がった。

で、鹽竈神社


参道

たくさん桜が植えられていたけど
見頃には早く、まだつぼみの桜が半分くらい。(4/13)
いろんな種類の桜が植えられていた。
シオガマサクラっていう桜もあって、まだ全然つぼみだったけど、
咲いているところをみてみたかったな。

本殿は工事中でありました。


広くて気持ちのいい神社どした

で、

港の方へ行ってみた。
塩竃も地震の時に津波の被害があったところ。
港近くには仮設の市場が建てられていた。



これは港近くにある物産センターみたいなところの自動ドア

施設の入り口に津波の高さが記されている。
こんな高さまで押し寄せてきたんだと、改めて知る。
港の漁船も多く壊れてしまったそうだ。


港にある仮設の市場。
日も暮れていろいろ閉まっていたけど、ちょっと寄ってみた。



仮設市場



物産などの販売もある


津波被害の写真も展示されていた。
テレビで観た光景と同じ様な写真がたくさん貼られていた。
また撮りですが、続きにアップしています。

続きを読む >>
| 福島・宮城 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
裏磐梯でプチ散策!@春の訪れ
裏磐梯にいるパーカル仲間を訪ねて。
車でレッツゴー。
東北道の道中は桜が咲いて、山々には新緑が芽吹いて、春だばぁ〜。
という光景だったけれど、
栃木に入ったあたりから少しずつ時間が戻った様な風景になった。
そしてそして、裏磐梯では戻りも戻って冬だった!!
雪がたくさん!風は寒っ!
そんな中でも春はもちろんやってきていて
そんな息吹に出会ったりすると
まさに小さい春みつけたという気持ちになるのだ。

という事で裏磐梯のプチ散策で春の訪れをみた!
ふきのとう♪


ふきのとうパート2

どちらかが雌株でどちらかが雄株。
おわかりになりますか?ムフ。


キンセンカ


雪解け途中

木々の周りから解け始めているのが
おもしろかった。
木々が温かいんだね。

ユキヤナギ

雪の重さで倒れちゃっている。
けれど雪が解けたらグググって起き上がってくるんだって。
柳腰ってやつか!?

ユキヤナギにズームイン!
かわいいな。
芽がではじめ。

ヤドリギ

低い位置にあったので観察したら、
なんと木に根付いているの!
ってびっくりしていたら
もともとヤドリギってそういうものだとの事。
私は今までただ絡まっているだけだと思っていたので
ものすごくびっくりした。
ヤドリギすごいな。

かっこいい木肌

木肌フェチにはたまらんこの苔具合。
おしゃれすぎるぜ。

磐梯山

真ん中がくぼんでいるのは噴火の時ふっとんだからとか。
その吹っ飛んだ石たちがいろいろ湖を作る事になった。(ハズ。。)
山に囲まれているけれど、湖もたくさんあるのだ裏磐梯は。

逆さ磐梯山

ほんの数分後にみたら湖にきれいに映っていた。
こういう事があるから風景はいつまでみていても飽きないんだな。

水辺ではミズバショウが伸びていた。
花が咲く頃は裏磐梯も春の景色に変わっているんだろうな。
写真は撮れなかったけど、小鳥を追いながらの楽しい散策だった。
雪の下でもこんなに生命が動いているのだ。
すごいなぁ、ほんとうに。
こんな気持ちにさせてくれた
裏磐梯の自然にただただ感謝なり!


URABANDAI/FUKUSHIMA APRIL/2013
| 福島・宮城 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
裏磐梯夏の風景@2010/08

わわわー

すごい模様のイモムシちゃん。
なんかガンダムみたい!?
 
いつもこの場所にいるというイモムシちゃん。
どんなチョウチョになるんだろう??
 
続きを読む >>
| 福島・宮城 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
裏磐梯の風景@2010/05

磐梯山 きれいで、どーんとした風景どした。

裏磐梯はその名の通り磐梯山がを臨む事ができるところな訳ですが
ただ山があるだけではなく、
120年前の大噴火の際に川が塞き止められたりして作り上げられた
湖や沼がたくさんあるので、それがまた裏磐梯ならではの風景を作り出している。
 
続きを読む >>
| 福島・宮城 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>