CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
朝食抜きという、半日からならできるかなと。食べ過ぎて疲れるのはよくわかるので、断食に興味がありました。月一の一日断食ができる様になるのがとりあえずの目標。
RECOMMEND
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記 (JUGEMレビュー »)
クレア シルヴィア,ウィリアム ノヴァック
心臓に記憶がある、というのは某マンガのネタではなく、本当にあった話。感情を如実に表す臓器だけにあるかもしれない、とは思うけれど、移植前は好きではなかったビールまで好きになるというのは、本当にお話しの様。
RECOMMEND
ボディアストロロジー
ボディアストロロジー (JUGEMレビュー »)
松村 潔
占星術の視点で精神と体を見つめなおす、と帯にあり、とても興味があったので、買ってみました。私には難解かもしれないけど、頑張って読みたい。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鶴見川源流遡行リベンジ!
以前鶴見川を源流目指して歩いた事があり。
足が痛くなり日没も近づいてきたので途中でリタイア。
機会があったらいつかまたトライしようと思っていた。

それからなんと4年も経っていた〜。
その時のブログ

で、リベンジしたのでした。
 
続きを読む >>
| 山歩き・街歩き | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
御岳山
奥多摩の御岳山に行ってきましたー。

JRで御岳まで行き、そこから歩き。
バスもあるけど、多摩川沿いの道を歩けるし
歩く事にした。


多摩川〜

とは思えぬ情景ですな。
水もきれい。
写真はちょうど釣堀エリアの様で
たくさんの釣り人がいた。

あとラフティんグやカヌーなどもやってました。
気持ちよさそー。

と、多摩川沿いを歩いていた時はよかったのだけど、
車道歩き(登り)はなかなか。
なんと言っても暑い。

ケーブルカー乗り場まで歩いて
しばし考える。
ケーブルカーで上まで登って、御岳山から大岳山というルートもあるので
そうしようかな、と思ったんだけど。

なんとなく、歩いちゃうか!という事で歩き始める。

山頂には神社があるので舗装された道が
表参道として上まで続いている。
両脇に連なっている杉の木が参道だなーと思うわけだけど、
参道、なんだよね??というくらいに
なかなかの急勾配で汗が噴出して止まらない。
これは、、何気にきついー。
暑さも加わって、ビールが飲みたくなる。
山頂まで行ったらビール。
それを支えに登る。

山頂近くになると、宿坊や施設など
たくさん建物があり集落となっていてびっくりした。

御岳山はお犬様(狼)を祀っているので、
ペット用の御札やお守りがあったり、
犬も一緒に歩ける山歩きコースがある。
だからわんこ連れの人も多い。


ロックガーデン

山頂からの歩くコース。
川沿い歩きは気持ちいい。


かわいすぎるでしょコレ




天狗の腰掛杉

牛若丸みたいな姿の人が腰をかけているのを想像しました。
にしても、なんでこんな風になったのだろう。

山頂近くの掲示板に
天狗の腰掛辺りで小熊の目撃報告があった。
つい1日前の事。

人がたくさんいる低山でも、熊がいて不思議ない場所なのだ。


いろいろのんびり歩いたりして
大岳山には行かず、ケーブルカーで下山する事に。


最高なり


ケーブルカー乗り場の目の前にお店があったので、
飲むしかなかった。


下山後
駅に向う途中にある薪釜で焼いてくれるピザ屋さんに寄って
ピザを食べ(ここでも飲みましたよ、もちろん)



うまい!!!

薪で焼く、というこだわりも含めて
おいしかった〜。

他のメニューもおいしそうだった。
また来たい!


それにしても信仰の山って高さで決まるわけではないんだよね。
ナゼ御岳山が、こんなに宿坊もあるお山になったのかとか、
お犬様が祀られている由来とか、
そういう歴史も調べて行ったらもっともっと面白かったと思います。


| 山歩き・街歩き | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
石老山ハイキングコース
神奈川県は相模湖近くにある石老山に行ってきました。

だいたい700m位の山頂までハイキングコースにもなっている山。
GWという事で混んでいるかなと思ったけど、
さほど人もおらず、新緑やお花を満喫する事ができますた。

駅から登山道入り口までバスがあるけど、
今回は歩いてみた。
(駅の外に観光案内所(?)みたいなところがあるので
そこでおおまかな道順の地図がもらえる。)
途中大きい道路脇を歩くので、
そこはちょっとしんどいけど、それ以外は歩いてよかった。
相模湖の脇を歩いたり、のどかな田畑の風景を見れたり。


途中から歩いた東海自然歩道沿いの風景

で、石老山です。
続きを読む >>
| 山歩き・街歩き | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
沼津アルプス!当日
さて、伊東から沼津へ移動して
駅から沼津アルプスを目指す。


前方が沼津アルプスの入り口の山

駅から2kmくらい歩く。
近所にこんな散歩道があったらうれしいだろうなー。
途中の川沿い歩きはとても気持ちよかった。

で、香貫山という最初の山へ、山頂はすぐに着いた。
眺めがいいー。

で、そう。
富士山!!

は、
な、
な、
なんと!


あの山の向こうの雲の中に富士山がいると思われる。。。

見えない。。。

朝方は雲が多かったけど、だんだんと青空が見えてきて
間違いなく晴れている!いいお天気!
なのに。。
空にあった雲たちがはけた先に富士山があり
ぶつかってかたまりになっている。。。。

まー、
そのうちみえるだろうと。
登り始める。

一山超えて、もう一山。
アップダウンを繰り返すけれど、覚悟していた程きつくはなかった。
膝がもろい私としては、登った後下り一辺倒な山の方がきついのだ。

3つめの山、戸倉山の頂上に着いた!
ここでお昼を食べる。
ここまで誰ともすれ違わなかったのだけど、
ルートを反対から来ている方々がおり、
やはり
お昼を食べていた。
山頂はぽっこりとスペースがあり、いかにも
お弁当を食べたくなるのだ。

そしてここは富士山が良く見える場所♪



だけどもやはり。。。

そう、
この青い空をみよ。
こんなに澄んだ青い空が広がっているのに。
雲動かじ。。。
風がなくてね、この日は。
歩くには文句なしのお日和でしたのねー。
風が吹いたら寒いけど、吹かなきゃ富士山みれない。。
吹いてー!!

冬なのに。。。
晴れてるのに。。。
ここは
沼津なのに。。。(わざわざ来たのに、前のりしたのに。。。)
富士山みれないって。。。
どんだけ、、なのさ・・・。。。

と、腐っていてはもったいない!!!
富士山が見えない意外はパーフェクトなんだもん。
そう、
富士山を見るために冬の沼津を選んだけど、
富士山が見えないだけぢゃないか!!!


先へ進む事に。



途中の志下山から

木々の茂る尾根歩き、途中途中で景色がひらけてみえるところがある。
海がみえるのが最高に気持ちいい♪

この後は最大の難所と記載のある鷲津山へ。

両手両足を使って登っていたので、写真撮れなかったね。
ほとんどガケのぼりみたいな感じだったな。
ロープや鎖があるので、問題はないんだけど、
他にルートはないんか?っていうくらい
無理やり登ってる感が^^;

長い事よじ登る感じが続いて
小鷲津山を経て
鷲津山到着〜。




ここで一休みしてあとは岩尾根が続くルートを歩く。



こんな感じの岩尾根

高山の狭い尾根歩きみたいに不安定な足場が続く。
高所恐怖症的な人には怖いかも!?

いろいろゆっくりしすぎたのか、
だんだんと日没がせまってきた。
最後は苦手な下山なのでスピードアップはムリ。
という事で
今回は太平山へは行かずに、手前の峠で下山する事に。

下山すると近くに海!


海で夕焼け

この夕景が縦走の疲れを忘れさせてくれる。
たまらん〜。

ここで一息ついて、沼津駅へはバスで。
バスから今日あるいてきた山々を横目にみつつ。
最後に富士山みえないかなと思いつつ。。
バスの中でも目を光らせていたのだけど。
結局、最後の最後まで富士山はみれなかった!!


富士山をみにきて、
富士山はみえなかったけど
お天気は最高によく、
気持ちよい山歩きができた。
それは間違いない。
沼津アルプスきてよかった。
負け惜しみでは決してない。
決して。

しかし帰り路に思った事は
冬の間に富士山のみえる山へ。
いくどー!!
であった。

うん、だってやっぱり悔しかばい!(笑)
| 山歩き・街歩き | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
扇山でプチ登山
扇山というお山に登ってきた。
中央線の鳥沢駅から歩いて、登って、下って、温泉入って、また歩いて。
計約14kmの行程どした。

疲れたよ。
でも楽しかったよ。



山つつじたくさん咲いてた

道中には木苺がたくさんなってて、桑の実もなってて
うれしくなった♪



続きを読む >>
| 山歩き・街歩き | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
富士登山写真(人あり)@2009

7合目の小屋

こんなに山小屋があるの!?とびっくり。
人がずーっと連なってるのにびっくり。



休憩中

気持ちいい。
でもまだまだ登る。

 

仮眠する小屋から


街の灯が近いと思った。

この日は曇ってて、星は見えなかった。

 

頂上

たくさんの人だなー。
ほんまにここ3000メートル以上の場所?(笑)
でもそれは富士山だからと言えば、納得だ。




だんだんと明るくなり始め、みんな朝日の方へ。
私も甘酒片手に店から出たよ。


キター!

ご来光、輝く!
 
みんな知らない人だけど
この一体感は、よかったなぁ。



お鉢めぐりな人たち
 
なんとなくですが、月の砂漠的なものを思い出してしまったり^^;



下山
 
連なる人々。
もちっと下るとばらけてくる。
 

今日本中のいろんな人がいろんな角度から富士山みてるんだよなー
と思うと、
そんな富士山に登っている(下っている)のがちょっと不思議な気持ちになり。
いつも見ていた富士山に登ったっていうのも
やっぱりちょっと不思議な気分。

富士山はみんなにとって特別な山。
ありがとうございました。
| 山歩き・街歩き | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>