CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まだ行っていない坂の上@鞆の浦 | main | 特許ってなんなのよ >>
香りの扉 身近な木
魔女先生のおっかけ、、ではないのだけれど
またまた魔女講座に参加してきた。

グリーンヒーリング 〜自然の力で心と体を癒す魔女講座〜
「Vol.1 森の癒し」

 
私は子供の頃アレルギー性鼻炎で
週に一回は耳鼻科に行って吸入しないと眠れないくらい
鼻がよく詰まっていた。
 
大人になって鼻炎は治ったけれど
鼻づまりはする方なので嗅覚は人より効かないし、
身近な香りが香料とか芳香剤とかそういう悲しい環境だったから
香りにはあまり興味がなかった。
 
でも今年相模湖の魔女講座から始まり香りというものに興味が出始めている。
 
まず今回の講座ではアロマオイルを使ってルームスプレーを作った。
魔女先生が10種類のアロマの精油を持ってきてくれて
好きな香りを選んでブレンドして自分でルームスプレーを作る。

精油ってとてもたくさんの植物を使ってほんのちょこっととれるもの。
バラとかは花1トンで1キロ?だったけな。
とにかく、そんなにたくさんからそれだけ??くらいにしかとれない貴重なもの。
 
面白いのは香りにはいろいろ作用があり、期待できる効果があるというところ。
リラックスだけではないのか!?
とアロマ初心者は思いました(恥っ)
呼吸を深める、免疫力向上、抗菌、皮膚の再生などなど。
すごーい。
 
10種類の中で一番馴染みがあったのはジュニパー。
酒ネタで恐縮ですが、間違いなくこれはジンの香りなわけで(笑)
ジンのあの独特の香りはジュニパーベリーによるものだから納得。
 
は、置いといて、さっそくスプレー作り。
作用として免疫力向上とかをメインにブレンドと思ったけど
実際嗅いでみたら、好きな香りってやっぱりあって結局は
ティートリー:1、パイン:2、ローズウッド:2
乳香:1、ベンゾイン:1にした。
 
で、寝る時にプシュプシュっとしてみる。
なんか、とてもいいわぁ。
↑単純すぎる?
いや、そうなんだけど(笑)

たくさんの植物がギュっとなっている精油を使っている訳だから
何もない訳はないと当たり前に思うのです。
香り=主張、みたいな観点にしてみると
その植物の事の生態とか知りたくなったりして面白いし
何よりもいい香りは気持ちいいのだな、と実感したので
香りの世界も少しづつでも勉強していきたいなぁと、思った次第です。

 
そしてこの講座の中で、もう一つ心に残ったのが木の話し。
一昨年行った屋久島。
あんなにどでかい屋久杉だけど
4年目の屋久杉はたったの数センチだった。
どれだけの偶然が必然になって育っていくのか。
スケールがどでかすぎて感じきれない。
 
神社やお寺にも大きい木があるけど
そういう木ってやっぱり何か感じるよね。
 
魔女先生が
「巨木は地球のエネルギーを安定させると言われている」
って教えてくれた。

もう、言葉じゃなくて、ああ、そうだろうなって。
神社とかで大きな木があったら自然と近寄ってしまうけれど
心がとっても落ち着くものね。
何かあるんだろうなっていうのはわかる。

 
レクチャーの後に木になってみる瞑想をやった。
自分がもし木だったら。
 
屋久島の木、神社の木、庭の木。街路樹。
一旦根を下ろせばそこで生涯をまっとうする事が決まってしまう。
動けない木は何を思ってるんだろう。
 
自分はどんな木になりたい?ってやっぱり屋久島?
神社の木?
街路樹は排気ガスがちょっと。。
でもいろんな動きがあって面白いかな。
 
私はどこか学校の木がいいなぁ。
排気ガスはあんまりないし、子供達観察が面白そう。

動けない、という経験がないのでまったくわからない木の気持ち。
 
思えば近所の木々はたぶんまだ30から40年くらいだろうけど
たくさんいらっしゃる。
特別に大きな木じゃなくたって
近所の桜は春になればステキな花を咲かしてくれるし
バス通りの銀杏並木はこれからどんどん色づいて楽しませてくれるだろう。
 
どんな木だって新緑の美しさはウキウキするし
実のなる木はたとえ食べれなくてもそれを見ればワクワクする。
 
楽しいね。

遠くまで行かなくても
こんなにたくさん感じる事ができる。
子供の頃はそれを知ってたのに
大人になってただの通り道にしてしまった。
これからはご近所さんの木ともう一度仲良しになろう。
 
新しく知った香りの世界と
身近にあった木々たちの存在の再認識。
 
とても有難い時間でした。
次回は花がテーマ。
とても楽しみ。
 
http://www.idee.co.jp/shop/botanique/631.html
 
| ワークショップ系 | 22:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |
コメント
僕は小さい頃から鼻が利く方で、
誰も気が付かないくらいのガス漏れに気が付いて、
ガス会社の人に驚かれたことがあります。

ただ、何でもすぐ匂いを嗅いでしまうので、
親にたしなめられていたような記憶もあります。

木の記憶も、僕は匂いと結びついた記憶が多くて、
丁度一年ほど前に行った屋久島の記憶も
杉の香りと強く結びついているように感じます。

新緑の季節は、新緑の美しさもさることながら、
独特の湿り気を帯びた匂いに心が躍りますね。

今の季節は、やっぱりキンモクセイとギンナンの
匂いでしょうか。


| こーじ | 2009/10/08 10:40 PM |
こーじさん
 
私はほんとに逆で
人が臭いと言うところでも、
え?そう?みたいな感じであまり気になりません。
ガスは今までないけど、ガスだったら危険だ^^;
 
木の記憶もどっちかというと匂いより色とか
そういう視覚ばかりだなぁ、そういえば。
新緑の季節も同じく。
これからは匂いアンテナはります。
 
そういえば近所のバス通り
今日の台風で大量の銀杏が落ちていて
さすがに感じました(笑)
| まいつき | 2009/10/08 11:59 PM |
素敵な講座のレポートありがとう!
いろいろと感じとっていただけて、
とても嬉しいです。励みになりまする。
| あんじゅ | 2009/10/15 9:36 AM |
あんじゅさん
 
私こそありがとうございます!
香りや瞑想は今まであまり触れてこなかったので
新しい世界を教えいただき、わくわくしてます。
次回も楽しみにしています^^


| まいつき | 2009/10/17 12:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1022
トラックバック