CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まさか | main | おばあちゃんに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
竹灯籠祭り
もう半月程前になりますが、
10月30日に竹灯籠祭りというものに行ってきた。
いつも乗ってるJR。
降りた事ない隣駅。。
から歩いて15分くらいかな。
 
このイベントを知った時に教えてもらったのは
横浜は昔、日本有数の竹の産地で
竹林がたくさんあったって話し。
(なるほど、確かに今住んでいるとこも元は竹林だったはず。)
 
だから今もその名残的に竹林がちらほら残っているけれど
里山と同じで竹林も人の手が入らないと荒れ放題になってしまう。
竹林を維持していこう。
美しい竹林に生まれ変わらせよう。
竹を切り出して山を整備するには地元の方々の協力が不可欠だし、
間伐材を使って何かできないか、と考えた時に
竹細工教室などの材として利用したりと
だんだんと輪が広がっていったのね。
 
で、きれいになった竹林を見てもらおう、
竹!をもっと身近にみんなに知ってもらおうと
竹灯籠のイベントが開催されてもう何年も経つそう。
隣駅だけど、まったく知らなんだ。

ちなみにこのイベントは「日本の竹ファンクラブ」という
とてもストレートなネーミングなところがやっておられます。
このイベント以外にもいろいろ活動されている様です。
日本の竹ファンクラブ
 

前置きが長くなりましたー。
いざ竹灯籠祭りのやってる竹の山へ。


竹灯籠


竹灯籠で天の川

 
写真がしょぼくて、暗くて全然、伝わらないんだけど、、、、、
灯りがたくさんあるからもっと明るいんだよー!
この写真ウソ!
ほんとーにきれいだったよー!!
幻想的☆(表現乏しっ)

とゆ事でググってみた

こんな感じ
少し明るいけど、こんな感じでとってもステキだったのだぁ☆


はっきり言って、
隣駅が結構地味な駅なのでちょっとなめていた部分もあったのだけど
大変失礼致しました、って感じで
ほんとうにきれいだったよ!
しかもなかなか広くて、もうちょっと見たかった、みたいな
物足りなさはまったくなくて見応え十分!
この広さをこれだけ灯りを準備するってどれだけ大変だったろうと
思い計ると頭が下がります。
 
どこからともなく尺八の音色が聞こえてきたり、
地元の学校も参加して竹と光でオブジェが作られていたり。
すばらしかった!

で、山の上に辿り着くと
ちょっとしたうれしい事が。


酒仕込み中のおやっさん
 
かっぽ酒!
 
竹に酒をがぼがぼ入れて炭火で温めて、売ってました!
早い時間だと、竹の器に入れて器ごとくれるみたいだけど
私が行った時は紙コップになっていた。
残念!でもうまい!
 
焼きそばとかもあったみたいだけど、完売してた。
こちらも器は竹だったみたい。
 
地元のおじちゃん、おばちゃんが忙しそうに働いている、、
というより、もういい感じに出来上がりつつ、
みんなでワイワイやってるバーベキュー的な雰囲気の売店はよかったなぁ。

脱線するけど、よく行くバーがある町の消防団は
年末になると火の用心してくれるんだけど
それが終わると消防団の建物でおっちゃん達が火を囲んで酒飲んでる(笑)
その光景と重なったね、なんとなく。
お酒の飲める町内っていうのは
きっと平和だと思いますよ。

とても素敵なイベントでした。
横浜などはこういう風にちょぼちょぼ残っている小山や竹林など
自然を残す事と手を入れる事を上手に行ってゆけば
こんな風に地元の人の輪も広がり、
なおかつみんなが楽しめる場所を造り出す事になる。
いいね。
 
来年も是非行きたい。
来年は竹の器でかっぽ酒!を狙います。
| イベント・催しもの | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - |
コメント
竹といえば、もう終わっちゃったけど開国博の
ヒルサイドエリア(ズーラシアの駐車場で開催)には、
”竹の海原”という市内の竹だけで作った建物が
あったそうです。
http://www.yokohama-album.jp/picture/search/t/%E7%AB%B9%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%8E%9F

僕は一度これを見るためだけに会場まで自転車で
行ったのですが、閉園時間近くに行ったため、
会場に近づくことすら許されず、結局、見ることは
できませんでした、、残念。
| こーじ | 2009/11/14 12:36 AM |
こーじさん
 
私も写真だけはみました。
確かこの竹の建築物にも
日本の竹ファンクラブは少し関わっていた気がします。
 
近づくくらいさせてくれてもいいのにね(笑)
| まいつき | 2009/11/14 1:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1030
トラックバック