CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 梅の枝もらった@剪定 | main | No Man’s Land 最初で最後の一般公開 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Mars★接近
火星が28日に最接近。
2年に一度だそうです、地球に接近するのは。
で、今回みたく観察に適している最接近、次は2014年だそうです。
さぁ、外へ飛び出して火星を観よう!

今も19時くらいに東の空、
双子座の下、シリウスからずいずいっと左側に目を向けると赤い星が見える。
目立つから多分星座を知らなくてもわかると思う。

赤いんだよー、さすが火星。
Wikiでみたら赤く見えるのは
赤さびだそうで。
そのまんまやん。
っていうか
だいぶ遠いのにやっぱり赤さびは赤く見えるのかとか
だいぶ遠いのに赤く見える程赤さびだらけなのかとか
錆びっていうのは宇宙共通赤くなるのか、とか思ったり。

あまりロマンチックな妄想に発展せず。。。

でも昔の人からしたらやっぱり何かのお告げとか予兆とか
そういう事に結びつけるのはわかるな。
普通に目立ってるもん。
数年に一回こんな風に赤い星が目立ったら
胸騒ぎ的な何かを感じる気持ちはわかる。

明日が一番接近するみたいだけど
天気悪そうね。
 
30日が満月だから
冬の星座+火星+満月。
単純になんかちょっと豪華だなぁって少しテンション上がる。

 
火星があるのは知ってるけど、なんとなく意識から外れているので
こんな時にたくさん観ておくのもいいかなぁと思います。


火星が28日に最接近、観察に最適
| だばだぁ〜 | 22:14 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |
コメント
今回と次回(2012年)の接近はどちらも小接近なので、
地球と火星との距離は2003年の大接近の時の倍ぐらい
になるようですね。

今回くらいの接近だとかなり大きな望遠鏡を使わないと
表面の模様も良く見えないので、観察するなら最接近の
28日よりは満月とのランデブーが楽しめる30日の方が
お奨めです。

http://www.astroarts.co.jp/special/2010mars/index-j.shtml
| こーじ | 2010/01/28 1:27 PM |
いま夕日がしずんだ〜。
反対側にはほぼ満月状態のお月さまがいます。
火星が見えるにはまだ明るすぎるね。
楽しみです。

あ、この間の火星の話だけど、
今のこの配置、芸術・創造方面には、
すごくいいエネルギーになってくれるだ。
| | 2010/01/28 5:32 PM |
↑のコメントは私です。ゴメンネ。
| fukiko | 2010/01/28 5:32 PM |
こーじさん
 
2003年の大接近。。。
記憶に無い。。
その頃何してたっけなーとか考えちゃいました^^;
今年の倍かぁ、ちゃんと観ておきたかったなぁ。
30日は晴れそうですね。
忘れずに空を見上げねば!

 
fukikoはん
 
こちらは曇りなのだけど雲が薄いので
月がそれはそれで光がやわらかくてきれいに見えており。
火星にも、うすーい雲が風に流れてかぶさるのだけど
完全には隠れない。
ずーっとみてると雲じゃなくて
火星の方が動いている様に見えはじめ
雲加減の光の瞬き方と合わせると
クリオネみたいに見えただよ。
おもしろかった。

芸術かー。
やっぱ満月で火星で
爆発だ!って感じかしら?
、、、それホロスコープやないやん、、てな^^;
| まいつき | 2010/01/28 10:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1063
トラックバック