CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 味噌作り(ユキホマレ)@2014 | main | 10年目だばぁ >>
石老山ハイキングコース
神奈川県は相模湖近くにある石老山に行ってきました。

だいたい700m位の山頂までハイキングコースにもなっている山。
GWという事で混んでいるかなと思ったけど、
さほど人もおらず、新緑やお花を満喫する事ができますた。

駅から登山道入り口までバスがあるけど、
今回は歩いてみた。
(駅の外に観光案内所(?)みたいなところがあるので
そこでおおまかな道順の地図がもらえる。)
途中大きい道路脇を歩くので、
そこはちょっとしんどいけど、それ以外は歩いてよかった。
相模湖の脇を歩いたり、のどかな田畑の風景を見れたり。


途中から歩いた東海自然歩道沿いの風景

で、石老山です。

岩な道

登りはじめると、たくさんの巨石。
山の名前に石がついているのはこれと関係あるのかな?
不思議な光景。

しばらくいくと巨石はなくなり、ゆるやかな山道に。
道がきつくないので、緑を楽しみながら進めた。



気持ちいい





若々しい緑

いつまでも見ていたくなる。




山頂

天気がいいと富士山がみえる。
うっすらとそれらしきものが見えたのだけど
気のせいじゃない?と言われればそうかもと言ってしまう位微妙で
写真にはまったく写らず。
やっぱ気のせいか?

山頂にはテーブルもあって、お昼ご飯にちょうどいい。





やばい、ステキすぎる

新緑のこの時期はやはりテンションがあがりますだ。





大明神展望台から

真ん中に小さく相模湖がみえる。
あそこから登ったんだなーってわかって楽しい。





もののけの森

屋久島にはかなわなくても、コケの具合が雰囲気十分!


この後、プレジャーフォレストの中にできた温泉施設へ。
山お疲れビール、温泉、温泉アフタービール。
幸せだな。


プレジャーフォレストからは少し戻る形になるけど
渡し舟で相模湖を渡って帰れるというので渡し舟に。



たまらんな


単なる日帰り登山なのだが、船なんかに乗ってしまうと
一気に旅気分になる。

で、旅気分になってしまったので
もう一杯。



ノボリに弱い、誘われるがまま


中にはたくさんの芸能人のサインが。
有名なお店なのでしょうか?

ノボリにもある山菜料理。
なんでも対岸の山まで毎日船漕いで採ってきてますとの事。
GWいっぱいで終わりなので是非に!
とお姉さんの一押しが決め手となり山菜の盛り合わせを頼んでみた。



山菜の盛り合わせ

ほぼ採ってきたモノですとの事。

山菜って見た目地味だけどさ、
これがとってもおいしかった!!
ありがたく頂きました。



お店の対岸をパチリ

あそこまで行って採ってるんだーってわかると楽しいね。
そして、渡し舟のお兄さんに教えてもらったのだけど
後方にある山で左の方のギザってなっている左側が
登ってきた石老山。
。。。
わからないよね^^;


単純にハイキング、だけでなく温泉やら舟やら地元の恵みも頂けるなんて。
ほんまに楽しかった。
また来よう!
| 山歩き・街歩き | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1283
トラックバック