CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 御岳山 草木メモ | main | 雷 >>
ぶどうの丘
お友達が山梨は牧丘に住んでいてぶどうを作っています。
牧丘はワインぶどうの産地で有名な勝沼の近く。
こちらもぶどうや果物が盛んに作られています。



敷地内の畑

いつでも目の前にこの景色がある!!
それだけでうらやましすぎて困っちゃうよー!!
気持ちがいいー!



チキントラクター

2羽の鶏さん。
もちろん卵産んでます。
ありがたき恵み〜。

チキントラクター=その名の通り、チキン(鶏)がトラクターするのです。
鶏が歩く(走る、かける)=土をかく。
鶏がつつく=土をほじる。
鶏がウンする=養分提供!?
かける、つつく、ウンするを繰り返し、土が肥えていく。

囲いの分できたら、次の場所へ移動する。

しかし
鶏さんは野生動物に狙われやすい。
まさにいたちごっこな知恵比べがここにあります。


網の中にまた柵

夜にはこの中に鶏たちを入れて守るのです。
自然が豊かだからこそ
こういう工夫は不可欠。


枝に猫
なんともたまらん
この光景

これだけで何日分癒されたか分からないなぁ。
ありがとん。


ぶどう畑

作業をお手伝いしました。
ぶどう畑はご覧の通り葉っぱが茂っている下での作業なので
思ったより暑くてグデグデってなりません。
半日陰な感じ。


赤子もすやすや

こんな感じで気持ちよいのです。

とはいっても広い敷地。
ずっと同じ作業を繰り返すのはとても大変と思う。
私たちはちょこっとお手伝いさせてもらった。



こんな感じのところを





こんな感じにする

つまり、たくさんある房候補から
収穫するに値する房を残す作業。

こうした方がいいという方法を教えてもらいながら選定。
正直、とても緊張した。
残すと決めたモノ以外は切り落とすので
自分の判断があっているのかーーーーー。。。
とか思って立ち止まっていては作業は進まんし。。

残した房に、大きくなれよーって願をかけ、
作業を進めていく。

ちなみに房の塊の上の方に小さい房を2つ残す。
これはのちのちの作業の目印として使う。
この作業が終わったら一つ折り、という風にしていく。
そりゃそうだー、目印なかったらどこまで何をやったかわからんもんね。



りんご畑

ぶどう畑の次はりんご畑。
袋がけです。
りんごの木は幹もおいしいのでとても虫に食われやすい。
とりあえず、袋かけをすればその後は収穫までは虫からは守れるらしい。

大きくなれよー。
とここでもそれしか思えないのだが。

少し作業を手伝っただけでも
こんなに大きくなれよー、虫に食われるなよー、秋が待ち遠しいー!
って思うのだから、毎日手がけていれば、その気持ちは計り知れません。

今日の作業はここでおしまい。
この後は食べつつ、飲みつつ、語りつつ。
のお楽しみタイムなのでござい。

手作りキッチン♪

すごいよねー。
DIYなんて信じられなーい。
お店ができそう。
というかやって欲しい。
台所じゃもったいなーーーい!
くらい。
いろんな人に来てーーー!
って言いたくなるくらいステキな空間だ。


水周りもDIY

でも一番大変なのはここではなく、



ココ

換気扇との事でした。
鉄板をサイズに切ったりするのが大変だったとの事。
一見、というか、そういう作業をした事がない人には
ココが一番大変だったとは、ちとわからんかった^^;



暖炉

いい。
冬にまた来てみたい♪





夏野菜かな。

畑にはいろんなものが植わってた。
豊かな畑〜。



レタス畑with娘ちゃん

たわわなレタス畑。
食べる分だけ収穫する。
おいしく頂きました!


ブルーベリー

もう少しで収穫時期。

かわいくて、きれいね。

そしてそして、
畑にはこれぞ目玉のワイン用のぶどう畑ができていた。
食べる用のぶどう棚とは違う、ワインぶどうの畑は
いろんな旅の途中で私も見たことがある
あの形のぶどう畑だった。
I love vineyard!!!
すばらしか!

このぶどう畑も葉っぱの剪定作業をお手伝いした。
ああ、この一作業がワインへつながる。
なんて愛しい作業なんだー!!

写真を撮ったつもりが、家に帰ったらこの畑の写真だけ無かった!
でも、秋には、収穫の頃には、また訪れて
またこの畑と戯れるのだと誓う。
愛しき
vineyard。

ほんとうに楽しい滞在だった。
子供がいる空間も、たまらんかった。
魂置いてきたかも、、くらいに
帰ってきてからの日常が眠くてしょうがない。。。

秋が楽しみだぁ。
と思うのであります。
| 畑模様 | 21:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |
コメント
こんばんは。またおじゃまいたします。
ぶどう園での作業おつかれさまでした。
私もぶどう狩り、音楽仲間との合宿などで勝沼には縁がありまして。
懐かしく回想しながら読ませていただきました。

こちらは何とかやっております。
どないやさんは店名が変わったような。
| te | 2014/07/05 2:04 AM |
teさん
私の知り合いの音楽している人も勝沼近くに
合宿に行ったと言っておりましたが、
音楽合宿も盛んなトコなのですかね、勝沼は??

どないやさんーー!!
行きたいな。名前変わっても、焼酎があるのなら^^
| まいつき | 2014/07/12 11:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1287
トラックバック