CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ぶどうの丘 | main | ポン酢 2014 >>
今日の雷はすごかった。

職場を出たのが6時過ぎ、まだ雨は降ってなかった。
家の最寄駅についた。ポツポツと降ってきた。
晩ご飯の買い物をしなくては。
早くしないと雨が降る。
急ぎにすませてスーパーを出たら、
大粒の雨が降っていた。
そうなるんでないかとは思っていた。

たまたま薄手のポリエステルのパーカーを持っていた。
化繊だから少しの雨ははじいてくれる。
傘は差したくなかった。
だってゴロゴロと雷が鳴り始めていたから。

急ぎ足に帰っていたけど、雨がだいぶ大粒になってきた。
薄手のこのパーカーがしっとりしてきて
もうもたないなーという感じ。
それだけだったらまだよかったけど
雷がだいぶ近くになってきた。

怖い!

交差点でたまたま右方向を見たら
ちょうど道の方向に雷が落ちたのが見えた。
空から稲光が地の方へ走っていた。
すぐにものすごい雷鳴。
だいぶと雷が近い。
ここから走れば家まで5分。
でもこれはやばい。
走ってしまえと思えない、雷が怖かった。
だから近くのマンションの入り口にさっと逃げた。
そうしたらこれでもかと雨が降ってきた。
みるみる道が水浸しになっていく。
車道と歩道の段差のところは川の様に水が流れはじめた。
雷はそうとう近い。
光れば昼間の様に明るくなり、文字にできない轟きが起こる。
肌に振動が伝わってくる!
!!!!!
あと5分で家なのに。。。
だけども1歩も動けない。

怖いもん。

しばらく雨宿り&雷を避けるための避難。
雷はすぐ通り過ぎるだろう。
そう思っていた。
しかし、20分が経っても雨はどしゃぶりだし
真上で雷が光ってる。
どでかい衝撃音、近くに落ちた!!
出て行く気になれないまま。

どうしよう。と思いつつ立っていた。
30分が過ぎた頃、少しずつ雨の量が減ってきた。
雷も遠くにいったかな?



少し先のコンビにまで走った。
一旦そこで雨宿りして
このまま帰れるかな、と様子をみて、
雷なーし、えい!と飛び出したとたんに
ものすごい稲妻が!!!!
ごめんなさい!!ってなんか謝ってしまうような。
ヒェーと飛び上がりそのままコンビニ店内へ。
買い物は済ませていたので、何も買うものはないのだけど、
しばらくいさせてもらったのでビールを少々。
これはありすぎて困る事はないので。
でも、早く家に帰りたいので外にでた。

道をみると、だいぶと雨が上がってきて
人も歩き始めていた。

だけど、
雷は相変わらずものすごく光るし鳴るし。
うーん、私はまだ1歩を踏み出せないでいた。

コンビニの正面にはデリバリーピザ屋さん。
デリバリーなら分かるけど、
自転車に乗って傘を差して買いに来る人がいた。
なんで、こんな時に???
買いに来るとデリバリーより安い。かなりお得。
でも、今来る?
めっちゃ近くで雷鳴ってるよ!!!

家に帰ってからも雷は光っていて鳴っていた。
すぐに通り過ぎる印象の雷だけど、
なかなか行過ぎないなーって。

カーテンを開けて、雷観察。
あ、落ちたという様な縦の雷は、同じ様な道筋をたどっている。
窓の右側のあのあたりと、左側のあのあたり。
同じ辺りなのだ。
落ちる場所って決まっているのだろうか?

ベランダに出るともう雨は上がっていた。
だけども雷は相変わらず空を照らして。
だんだんと音は遠のいているけど、稲光は続いていた。
雲の合間に流れ星の様な光が見えた。
雷なんだろうけど、そんな風にみえたのは初めてで
なんじゃったんじゃーって思った。

2時間くらい雷があった気がする。
 
こんなに長い時間雷を見たり感じたりしたのは初めて。

テレビをつけたら落雷のニュースあり。
そうだよね、私がみただけで落ちたなって思ったのは10を超えていた。

あんなすごいものが落ちてくるんだよ。
かなわんよ。

すごいエネルギーだ、雷。

落雷を蓄電できたら、なんて思えたのは
雷がだいぶと遠くになってから。

昔の人は雷に何を思ったのかなー。

とかなんとか。

いろいろ思った雷なのでした。

いや、怖かった!、がダントツですが。
| だばだぁ〜 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1288
トラックバック