CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 父、67歳からの | main | 巨石に注目中 2014瀬戸内の旅 >>
鶴見川源流遡行リベンジ!
以前鶴見川を源流目指して歩いた事があり。
足が痛くなり日没も近づいてきたので途中でリタイア。
機会があったらいつかまたトライしようと思っていた。

それからなんと4年も経っていた〜。
その時のブログ

で、リベンジしたのでした。
 
日没にならない様、前回より2時間程早く出発し、
足にとってどうか分からないけど、前回はただのスニーカーだったので
今回はトレッキングシューズにしてみた。
平地を歩くにはごつすぎるのだけど、
長時間歩く場合靴底がしっかりしている方がいいかなと。

今回も鴨居から出発。

川周辺の景色が4年で変わったという事は感じなかったので
たぶんあまり変わってないのだと思う。
今回感じた事。

それは鶴見川が生活空間として身近にある場所は
川もその周りもとてもきれいにしていて
気持ちよい場所になっているなという事。

例えば、鴨居-中山間は周りには大きな建物、企業やマンションが多い。
でも生活圏とは言えないのか、川近くの歩道は草が茫々で雑草の生命力すさまじいな
っていう感じになっていた。
つまり草ぼうぼう。
アスファルトの歩道が、である。
そういうところの草むしりやゴミ広いなどは、誰かがやってくれるもの、という
感じ以外には扱われていない様に感じた。

川自体のきれいさは私が子供の頃の比ではないけれど、
だからと言って鶴見川が身近になったかと言われればそんな事はない。
鶴見川はただ最寄駅の近くを流れている
電車の中から見る川でしかなかった。

上流の方、国道246を越えた辺りから川幅も狭くなり
アパートや一軒家など、ぐっと生活感が出てくるのがとても面白い。
同じ川なのに雰囲気が全然違う。
物理的にキョリがぐぐっと縮まる。
すると、当たり前の様に、なんかよくなっていく。
窓から見える景色に鶴見川があり、川沿いの道を通り、川に子供が遊びに行く。
それがグググっと生活に近づいて、ただ見る川以上のものになっているのが分かる。
川があるからこその空気感を意識していなくても感じているのだろうなぁ。
だからたぶん近所の人が掃除したり草刈したりもしているんじゃないかなって思う。

鶴見川が身近にあるのだ。



川沿いには稲作しているところがけっこうあった。
ちょうど刈りいれの季節。



とてもきれいです。



里山みたいな風景も

前回リタイアしたところ辺り。

日没までまだまだ時間があり、今回は足も痛くない!

という事で源流を目指してどんどん進む。

源流前5kmの看板を最後に鶴見川の源流という看板は川沿いから消える。
??
なぜかな、と思ったわけです。
源流を訊ねてくる人も多いと思うのだけど。。

最近のスマートフォンはとても便利でGPS昨日を駆使して源流と思われる方向へ進む。



上流の上流になると、鶴見川は小川くらいの幅になり、
周りは稲作などの農地が広がっているので貴重な水源として利用されているんだなと思う。
ここの場合は生活空間というより正に源で、
糧に直結しているんだなと。
同じ鶴見川でもなんと違うものなのかと。

ちなみに源流は町田市にあるので、この辺りは町田市になるわけだけど
町田市産のお米って見たこと無いんだけど、売ってないんだろうか?
自家消費と直売でなくなるとか?わからないけどいつか町田のお米食べてみたいと思った。

源流とされる泉は私有地の中にあるので、遠めに見学をする感じ。
以前はその泉を見下ろす形で泉の広場というものがあった様だけど
現在は閉鎖されている。
だから途中看板とかもなかったのかなと思う。
地元の方曰く、ここ(泉が湧いているとこ)が源流ではない、
本当の源流は山の中だよ、との事。

山の中までは案内板はない上に知らない人が行ってもわからないとの事で
今回はここをゴールと致しました。
やたー。

鶴見川を遡る事で川と人との生活を考えるきっかけにもなりました。
自分にとって鶴見川はただ地元の駅の近くを通っている川ってだけだったけど、
川を取り巻く環境が変わると雰囲気も変わり、川の存在価値が変わっていく。
上流の人たちの用に川を身近に感じれれば
ただ川沿いを歩くのも今より少し楽しくなるだろうなと思った。

そしてそしていろんな技術できれいになった鶴見川だけれども
やっぱり川や海を汚さない意識を生活の中に組み込みたい。
それは難しい事じゃなくて、その川に愛着を感じれば自然とできるものなのかな
という気が致しました。

楽しかった!
ごっつあん!
| 山歩き・街歩き | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1291
トラックバック