CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 初 牡蠣小屋へ | main | 巨石探訪 in 尾道1 >>
2014 振り返り
紅白、今年も白組でした。
なぜ!?
絶対に紅組だと思ったのに。
薬師丸ひろ子さんのW悲劇。
あの映画のラストシーン、世良さんが
パンパンパンパンって手を叩くところ大好きで思い出しました。

明菜が歌いました。
よかったよ、明菜の歌大好きです。
ありがとうと思わずにいられませんでした。

そして中島みゆき。
泣いちまったよ、すごいよみゆきさん。
一度ライブで拝聴したい。
想像しただけで目が腫れるいきおいです。

もちろん白組も良かったよ!
長渕剛や美輪さんはたまらんかったよ。

でも、今年は紅組でしょう!!
と思っていたのに。

私は紅白好きです。
遠く離れた人も観ているかもしれなくて、
紅白を観ていなくても
共通の話題として話せるから。
大晦日って時差はあれど
世界中でカウントダウンして、来る年が良い年になる様
祈りをこめる。
なんかそれが好きです。

ああ、今年の振り返りが紅白の振り返りに
なってしまった!
ので
振り返りは続きを読むに。
さて、2014年。
みなさまにとってはどんな年だったでしょうか?

私にとっては。
まず、引っ越ししました。
と言っても、実家からさほど離れず。
友達とも会える距離なので、環境が変わったー!!!
という風に感じる事はないのですが。

仕事。
今年は短期短期で繋いだので、
1年で6カ所程転々としていました。

引っ越しに短期の仕事ばかり。
と書くと落ち着きの無い様に見えるかもしれませんが、
そういった事はなく。

ようするに、気の持ち様というか。
環境がどんなに変わっても、
心がざわついたりする事はあまりなく。
(酒を飲み過ぎて)体調悪くする事もなく。
動きはあったけれど、平穏だったなという年になりました。

いろんな事に慣れたんだなと思います。
それがいいのか悪いのかとなると
なんとも言えないけれど
だからこそ気づいた事もたくさんあったなと思っています。

さっき紅白で審査員の方々がプラカードに一言メッセージを
書くというのをやっており。
来年への所信や今年の感想など書いている方の中で
徹子さんは「世界中の子供たちが幸せの中にありますよう」と書いていて。
いつも明るくておちゃめな方だけど、心にいつもある事は変わらないのだなと。

自分の生活以外の事に目を向けてそれにとらわれてしまうと
きっと怒って憤って文句を言って。
それに支配されてしまう。(しわが増える事ばかりだ!)
不穏な要素はそれぐらい大きい事ではあるけれど、
自然の移ろいや生活の中にある平穏に気づく事が
喜びなのだという事を忘れてしまいそうになる。
それじゃ本末転倒だ、と。

関わりたくないものと
どういう風に付き合っていけるかなと。
拒絶するのではなく、何かこううまくいかないかなと。

年の後半はそんな事を考えていました。

そんな都合のよい
たとえ夢の様な事としらけそうな事でも
徹子さんみたいに笑顔で
描いていける人になりたい。

2015年はそんな風に自分の中のものも、
自分と自分の外のものも
今よりも調和できる様なそんな年になればなと思っています。

いっそ出家か!?と思いつつ、
酒が断てないだろとつっこみが入る。
こんな感じで自分と自分で話し合いをしていれば仲良くなれるだろうか???

なんかよくわからん風にしか書けず申し訳ないっすの。。。

今年もいろいろな楽しい時間をありがとうございました!
みなさま良いお年をお迎え下さい!
| だばだぁ〜 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1296
トラックバック