CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 瀬戸田のレモンを訪ねて | main | 天上の虹 23 ついに完結!(涙) >>
味噌作り 2015
※最後に2015年作の出来上がりについて追記あり※

あれよあれよと気がつけば春。
今年も寒仕込みできなかったな。。
でも一応はまだ味噌作りのシーズン(!?)
これ以上暖かくなる前にと作りました。

基本的な作り方は去年のを参考に→味噌つくり2014
したわけなのですが、
今年は準備不足(?)からハプニングが。。
味噌作りとしてはあまり参考にならないけど
失敗(するかも)メモとして残しておく事にしました。
何事も肥やしなのじゃと。
言える日がくるかもしれない!?

 
今回は余っていた大豆を寄せ集め900gあったので
それを使う事に。
しかし、一昨々年、一昨年、去年と
古さがまちまち。
古いものは柔らかく煮るのも時間がかかりそう。
ネットで調べたところ、
沸騰しているお湯に入れて、10分ぐらい煮る。
その後一晩放置してから煮れば、やわらかくなるとの事。
手順を踏んだところ、総合的な水の分量がよくわからなくなったので
今回は圧力鍋を使わずに煮る事に。
時間はかかるけど、豆の様子が分かるほうがいいかと。

前日に麹を二袋買って、
塩は家にあったのを使って。

【材料】
大豆(ユキホマレ/つるのこ/長野県産の何か):900g
麹(島根県産、富山県産、みや○麹):1200g
塩(赤穂の塩):405g

圧力鍋を使って普通に煮た。
トータル7時間くらいかかったかな。
5時間の段階でまだちょっと硬いかなって感じだったので
少しあせった。
「失敗」
の文字が頭をよぎる。
やっぱり一昨々年の豆はまずかっただろうか。。。
このあとなんとか、指でつぶせる柔らかさになった。

さぁ、あとはマッシュして、塩きり麹を作って
と、麹を冷蔵庫から出した、その時!
衝撃の情報が!!
今回、麹は町田まで買いに行っておいしそうなのを探してきた。
味噌作りは1年に1回だから、麹への思いも特別になるわけで。
そんな感じで島根のと富山のと二つ買ってきた。
私はその時、重量を見ていなかった。
何も考えずに一袋1kgの計算で計2kgあると思っていた。
だから味噌作りで余った麹で塩麹つくっちゃお♪
なんて事まで考えていた。
でも、よく考えたらわかる事だった。
2kgってそれなりに重い。
重いでしょ!
でも、あの買い物の時私はこう思った。
あー意外と軽いじゃん。
そう↑こう感じて、認識して、心の中で言葉にまでしたのに。
何で気づかない!?2kgじゃないよーって。

。。。

冷蔵庫から出してきた時にふっと確認したら、二袋足してなんと800g。
!!!!!!
どゆこと?
1kgもないし!意外と軽いじゃんってそりゃ軽いわ!!
さて、困った。
どう考えても足りないい。最低でも900gはいる。
調べれば麹は多い方がおいしくなります^^
みたいなサイトばかりヒットする。
豆の倍の重さは使っていたりする。
まじかー。
まじかー。
まぁこれはおいしく作るという事なのだけど、
麹が少ないと、ばい菌雑菌に負けてしまってダメになってしまう可能性がある。
うまく発酵しない可能性がある。
I need koji!
More!!!

ここであたふたしてもしょうがないので、スーパーに買いに行くしかない。
麹。置いててくれるだろうか?
既に時刻は夜の8時になろうとしている。
近所のスーパーになかったらアウト。

ダッシュでスーパーへ!
ダッシュでスーパーへ!!

お願いしますーと祈りながら麹がありそうな場所へ。
すると
ありましたー!
みや○麹!!

そう、君はいつもいつだっていてくれるんだよね。
そう、なのに私は町田へ買いに行って
1年に1回の味噌作りだから、麹も特別なものがいいなぁ。
なんて言って。
でもそう結局君に頼って。

I'm sorry Miyak○!

という事でみや○麹をゲットして
事なきを得ました。

ほんと、どうして、こんなに、おばかなのー?

と言わずにはいられない
麹足りない事件。

豆の事も含め
なんだか出来上がりがとっても心配。

でもしょうがない。

後はもう神頼みだ!
おいしいお味噌になりますように!




容器の底や最後に味噌の上に振る塩を分量とは別にして置いておいたら
うっかり容器の底にまくのを忘れた。。。
しかたなし、別にしておいた塩は全部味噌の上にまいたわけだけど、
大丈夫でしょうか??
ははは。。。


※出来上がりについて※
11月下旬に開けてみたところ、カビもほとんどなく出来上がっていた。
そして小瓶一個分くらいのお醤油的ものが取れた。
混ぜてしまおうかとも思ったけれど、
これはこれで醤油的に使おうと別にした。
お味噌はおいしくできあがりました^^



 
| お茶・薬酒・保存食 | 10:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:09 | - | - |
コメント
僕のところは先月自家製の大豆3kgで三樽仕込みましたが、一樽はやっぱり豆が古かったせいか、煮えるまでずいぶんかかりました。あと、僕は塩蓋は空気と触れる表面にさえ振っておけば十分だと思ってます。
ちなみに町田の麹屋さんというと井上糀店さんでしょうか。僕も以前、麦麹と玄米糀を買いに行ったことがありますが、味噌仕込み用の1kgの袋以外に塩麹用の小袋があったように記憶しているので、そちらと間違えてしまったんでしょうね。このお店では自家製のお米を持ち込めば米糀にしてもらうこともできたと思います。
| こーじ | 2015/03/21 6:24 PM |
こーじさん

大豆はあの畑で作ったものですか?
3kgすごいですね、1kgの大豆でもつぶすと
次の日筋肉痛です^^;

町田は某自然派食品店で購入した麹です。
糀屋さんがあったのかー!今度行ってみます。
米麹にしてもらえるとか、とても魅力的なお話し☆

| まいつき | 2015/03/26 8:50 PM |
大豆はまさにあの畑でとれた豆です。
あと大豆をつぶすのは僕は昨年からフードプロセッサに頼ってます(笑)
| こーじ | 2015/03/28 8:14 PM |
なるほどー(笑)

でも、あの畑でとれた大豆って
すごいです!!

| まいつき | 2015/03/28 11:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1299
トラックバック