CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 古事記旅 鳥取編 | main | 古事記旅 佐香神社濁酒祭り >>
古事記旅 美保神社から松江
1日目泊まった島根県の美保関。
美保関の町は小さい漁港の町。
この美保神社の町なんだろうな。
とても雰囲気がいい。
そしてもちろん古事記との縁も深い。

旅前に情報を集めていたら
出雲大社との両参りが縁起がいいという事で
美保神社行くかなー?くらいだったのだけど
調べてみたら
朝と夕に巫女さんが舞を奉納するという。
巫女さんの舞。
見た事ない。
毎日神事として続く舞。
見てみたいと思ったのです。
そしてそして、古事記を読んでみたらばよ、
大国主命と少彦名が出会ったのが美保の岬、
つまり今の美保関町なわけで、
それは行かねばならないと決めたわけでございます。

朝8時。
気持ちの良い朝の神社。
そんな中、
巫女さんの舞が始まる。
お囃子ももちろん。

朝の神社。
ただでさえ神々しい様な雰囲気があるなか、
巫女さんが舞を奉納する。
正直巫女さんの舞自体初めて見たわけですが、
この空気感はなんなんだろう。
これが毎日毎日あるのだ。
それだけでもう異世界の出来事。
神社の無い団地では感じえない
この雰囲気。

昔から変わらないんだろうこの光景を
縁もゆかりもないわたくしではあるけれど
時間がなくなったかの様な。
来てよかったと。
思ったのでありました。



美保関。奥に見えるのが美保神社の鳥居

ご祭神は事代主命と三穂津姫命。
事代主命は大国主命の子。
あのビールのマスコットにもなっている恵比寿様と同一化されており、
えびす様の総本宮でもある。
恵比寿さんが持っている釣り竿は
事代主ここで釣りをしていたから!?とも。
 
で、美保神社の神様が音楽が好きという事で
毎日舞が奉納されているそうです。
神様が好きだから。
いいですね、なんか、そういうの。

美保神社

美保関からバスで松江へ。
今日は松江泊。
夕方から佐香神社のどぶろく祭りへいくのだ。

どぶろく祭りにはさすがに車ではいけないので電車。
少し時間があったので、松江をぶらぶら。
松江では松江城が国宝指定されたばかりで
松江城色が強くでていたので、
松江城に行ってみた。


松江城

お城では5番目の国宝認定。
天守閣の築城年数が古い事がわかった為に遅まきながらの指定になった。

神社からお城ってなんかスイッチ入れ替えるのが
とっても難しかったけど
松江の町は気持ち良かった。
すっきりした都会、というか。
これは城下町の名残もあるのかなー。
 
で、いよいよ向かいます。
佐香神社。
どぶろく祭りへ!!
 
| 鳥取・島根 (古事記旅) | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:31 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1313
トラックバック