CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 古事記旅 佐香神社濁酒祭り | main | 味噌づくり 2016 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2015 振り返り
紅組が勝った!
なんで?って思わず。
私としては去年だろ!って。→去年の紅白
正直ずっとは観れんかったのであれですが、
森進一と美輪さんとXとMisiaとにぐっときました。
という事で私の中では白組が勝ちー。
オープニング。郷ひろみの2億4千万の瞳。
ひろみがセンターで歌う後ろには出演者が並んでる。
その中にはペンライトを振りながら笑顔で乗っている聖子さんがいました。
その表情からは、
「今度生まれ変わったら、、、、、
絶対一緒になろうねって。(涙)」
というあの会見の、その二人とは、思えない。
会社のカラオケで上司の歌に笑顔でのっている。
そんな感じで、
もうまっっっっったく関係ないんだなーっと。
もちろん、もうわかりきってるけど、お二人の場合は^^;
ただ、時が流れれば、そんな二人も、こんな二人になるのだなと。
なんかそれをあっけらかんと見せてもらった様ですごく納得したというか。
どんな感情も留まらないのです。
諸行無常。
いい事も、悪い事も。
時の流れはそういう事なのです。
なんて思いつつ、思いつつ。

はい。
先日、とある忘年会で
2015年の自分的ベストスリーの発表というのをしたので
それを書いて振り返りにしようかなと。

続き↓
では改め、2015年、私的出来事ベストスリー。
第三位 ぬか子

これは、ぬか漬けを始めたのです。
半年経ったけれど、なんとか一緒にいます。
ぬか子と名付け、かき混ぜる時に話しかけたりして。
今までもずっと興味があったのだけど、
旅に出ちゃうし、朝が苦手な私としては仕事をしている時の、
ただでさえ時間がない朝にぬか漬けを混ぜる
自信がなかったので手が出せなかった。
けれどやってみたら、できた☆
正直毎日2回、毎日野菜を漬けておく。
というのは出来ていない。
だからすこーし酸味が強い。
でもこれぐらいゆるくやれれば続けられるなと。
来年もお世話になりたいので、頑張ってお世話します。
ぬか子、ほんとうにありがとう!

第二位 神社

今年程神社に行った年はない。
伊勢、出雲、奈良京都、
他にも短期で働いた職場の近くにある神社やら、
ウォーキングトレッキングの道中にも。
とにかく、
もう死んじゃうんじゃないよね?
って心配になってもおかしくないくらい、詣でた。
神社のない町で育った私には神社がなんたるかなんて
まったく分からなかったし、
正直お寺の方が興味があった。
歴史と照らし合わせたり、仏像を観たりする方が好きだった。
だけど、ここ数年、年をとったからなの?
世間のパワスポブームに感化されたからなの?
わからないけど、神社というものにぐぐぐっと。
そして古事記を読んでみて、
伊勢と出雲の2大巨頭(!?)を参拝し、
例えば奈良では三輪山という山がご神体だったり、
出雲では巨石がご神体というか聖なる場所になっているというか
なんか、とにかく、すごかった。
ああ、まとまらない。
とりあえず言える事は、やっとこ神社という本を手に取って
もくじをみたというところかと。
神社探訪はこれからも続くのです。楽しみ。

第一位 熊に会った!?

信越トレイルで熊に会った。
いや、正確には会っていない。
記録としてはこういう事。
私は5m後ろを歩いていて、熊は見えなかった。
熊がいるから来ちゃダメよと言われ、待機。
そっとみるともう熊はいなかった。
そして熊が歩いていた道を私も歩いた。
熊はまさにトレイルの道を歩いていたのだ。
熊はちょっと内股で、かわいいおしりだったと。
この道をのしのしと歩いていたと。
たぶん人の気配に気がついて熊が引き返してくれたのだろうと。

すごくイメージしやすかった。
この道、まさに今これから行くこの道を
ちょっと内股でかわいいおしりの熊が
のしのしと立ち去って行く姿。
その日泊まった宿には熊の剥製があった。
熊は以外と小さくて。
そしてそこでイメージが固まった。
熊のあの後ろ姿。
あの道をのしのしと。
ちょっと内股で、かわいいおしり。
何度も何度も思い浮かべているうちに
熊に会った事が思い出の一つとして、映像付きで記憶されたのだ。
そう、記憶を作ってしまった。
今では本当にあった事と同じ様に熊の後ろ姿を思い出せる。
そう、それは想像を超えて、もう私の記憶になってしまった。
私は熊に会った、後ろ姿を見た。
そう言える程の鮮明な記憶になっている。

記憶って作れるんだなと。
いやほんとに。
それも一つびっくりした事だったりする。

というのが今年の出来事マイベストスリー。

でございました。
だらだらと書いてしまったぁ。

という事で、
今年もありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい^^
| だばだぁ〜 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1316
トラックバック