CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 水の都ヴェネチア! | main | ブレッド湖からリブリャナ >>
ヴェネチアからスロベニア

ヴェネチアからスロベニアへ。

 

電車にゆられる事3時間ほどでイタリアのゴリチィアに到着。

ゴリチィアからスロベニアのノヴァ・ゴリツァまで歩く。

何せ天気がよかったもので。

 

4kmって事かなと

 

ただ、これを最後に看板はみかけなくなる。

ゴリチィアからバスも出てるので

歩く人はあまりいないんだろうからしょうがない。

でもやっぱ看板がないと心細い。

 

まぁGoogleの地図コピーもってたからいいけど。

 

しばらく歩くと国境があった。

国境には簡単な看板があるだけ。

 

 

スロベニア側から振り向いてみた

 

ここからは

ありがとうはグラッツェではなくフバーラになるのだなぁと。

という事だけ気を付けようと思いつつ歩いた。

 

駅に着くと、今日の目的地、ブレッド湖行きは3時間近く待ち。

待つねー。

まーしょうがない。

なんて思っていたけど、

この時間がとてもよかった。

 

 

駅のホームから

 

 

 

 

駅のホームから

 

ちょーのんびりした時間が流れとる。

 

駅のホームを

犬の散歩させたり、

孫と散歩してたり、

自転車で走って行ったり。

 

なんやろ

改札ってなんやろ。

みたいな。

 

駅舎の横から線路まで

通行は自由みたい。

塀とか柵とか決まり事とか。

そんなもんはねぇ!!

という主張もない。

 

完全に散歩コースになっている駅のホームは

カフェレストランや売店があるから

町の人が集う場所になっているらしい。

すれ違う人たちは挨拶したり、立ち止まっておしゃべりしたり。

行ったと思ったらまた帰ってきたり。

 

なんやろ

駅のホームってなんやろ。

みたいな。

 

いい。

 

スロベニア、

なんかいいぞ。

 

って思ったのでした。

 

で、こんなのんびーりな雰囲気なのに

乗る電車が

 

ポップな感じ!?

 

落書きなのか、こういうデザインなのかいまいちわからんかった。

バッチリ描いている。描ききってる。

という事はデザイン?

でも、まったく雰囲気には合わない(笑)

じゃあ落書き?

そうだとしても完全に放置って事だね(笑)

 

いいぞ、

なんかいいぞ。

 

車中。

ガラガラだったのだけど、

途中から子供たちが大量に乗ってくる。

たぶん日帰りの遠足みたいなのだと思う。

隣の席に先生と思われる人が座る。

どこから来たの?

日本から来た、と言うと、とても興味があるみたいで

カタコトの英語と思われる言語でいろいろ質問をしてきてくれた。

私自身も英語をしゃべれない。先生もかなりあやしい。。。

とくれば、もう半分テレパシー使って応戦!?

通じているのか通じていないのかも分からない会話が続く(笑)

 

すると、後ろにいた子供たちが、なんと、

いち、に、さん、し、と日本語で10カウントした。

なぜ知っているの??

なんか、先生より一気に心が通じた気がした(ごめん、先生。。)

しかしながら、、

私はスロベニア語でスリーカウントもできん。。。

恥ずかしい、恥ずかしい、ごめんなさいぃ。。。

10くらい覚えて来いよってすんごい思ってしまった。

子供たちはなぜ知っていたのかはわからない。

アニメとかかしら。わからないけど。

ありがとう、って思ったよ。

 

そうこうしているうちに降車駅に到着。

 

にしても、スロベニア、なんかいいぞ。

うん、いい。

 

 

 

 

 

地図を見るとですね、

イタリアはヴェネチアからお隣の国スロベニアは

とても近そうに見える。

今回ヴェネチアinを決めて、クロアチアはドブロブニクまで

どうやって行こうかなって決めるにあたり、

相当に地図とにらめっこした。

で、どうせならスロベニアにも行ってみたいなって思う様になり。

しかしながら、正直時間がなかった。

スロベニアは山の国で、たくさんのトレッキングルートがある、らしい。

だから本当はその一つくらいは歩くという旅程を組み込みたかったのだけど、

今回はその時間はない、事は明らかだった。

だったらもうスロベニアはカットするかーとも思ったけど、

なんだろう、こんな風に一度の旅で数か国を訪れるっていうのは

あまり機会もないし、国の個性みたいのが

分かる様な気がしたから、やっぱりスロベニアも行ってみようと決めた。

 

ヴェネチアからスロベニア。

あまり便はよくない。

インターネットでもヒットした情報は少なかった。

現地に行けば何か情報があるかと思ったけど、よい情報には出会わなかった。

Infoではまったく、相手にもされず。

言葉しゃべれませんから、私が悪いのだけど。

という事で、手っ取り早くチケットが取れそうだった鉄道で移動する事にした。

イタリアのゴリチィアという駅まで行き、

そこからスロベニアのノヴァ・ゴリツァまで移動。

そこからさらに鉄道でブレッド湖を目指す。

 

 

ヴェネチアのサンタルチア駅を出発すると

長ーい橋を渡る。

橋が終わると、急に現実世界に戻ったような景色になる。

つまりは、日本とは多少趣は違うけど、ビルが立ち並ぶ様になり、

ヴェネチアが時間が止まったような、テーマパークの様な景観だったから

全然違うなーと感心してしまう。

去ってから思うに、

ヴェネチアってやっぱりとっても特別な場所だったんだなって。

| クロアチア とか | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1326
トラックバック