CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
朝食抜きという、半日からならできるかなと。食べ過ぎて疲れるのはよくわかるので、断食に興味がありました。月一の一日断食ができる様になるのがとりあえずの目標。
RECOMMEND
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記
記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記 (JUGEMレビュー »)
クレア シルヴィア,ウィリアム ノヴァック
心臓に記憶がある、というのは某マンガのネタではなく、本当にあった話。感情を如実に表す臓器だけにあるかもしれない、とは思うけれど、移植前は好きではなかったビールまで好きになるというのは、本当にお話しの様。
RECOMMEND
ボディアストロロジー
ボディアストロロジー (JUGEMレビュー »)
松村 潔
占星術の視点で精神と体を見つめなおす、と帯にあり、とても興味があったので、買ってみました。私には難解かもしれないけど、頑張って読みたい。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2016 振り返り | main | 味噌作り 2017  >>
フバール島@クロアチア!

フバール島。

 

案内にはリゾートの島、なんて書いてある。

リゾートとかセレブとか。

わたくしには縁のない言葉。

なもので

通常だったらこの島には来なかったでせう。

それでもここにきたのは

この島で日本の方が、宿をやっていて。

その宿では

ワインとオリーブオイルを無農薬でつくっているのだ!!!

ブログをみたらば

それが金賞を受賞したとか何とか、とにかく、

美味しそうなの。

飲んでみたい!!!

と思ってまったのよ。

うん。

そういうことで。

行く事に決めました。

 

したらば、ワインはもうほんとうに

今まで飲んだワインのどれとも違う。

なんていうのか

とにかく

もう、ワインの輸入業者になって輸入したいと

思うくらいに。

なんでバックパックできたかな、でっかいスーツケースでくればよかったと

思うくらいに。

美味しかった。

ほんとうに。

乏しい私のボキャブラリーでは表現できない。

もう一度ワインを飲みにフバールに行きたい。

それくらいとにかく美味しかった。

 

紀元前からの石垣が世界遺産にもなっている歴史のある島。

アドリア海に囲まれたリゾートの島。

有名人たちもお越しになる。

ビーチがたくさん、ヌーディストもあるのです。

海は青いぜ、アドリア海!

おいしいワインとオイルの島。

これ本当に最高。

Ivandolac、また飲みたい。

 

お宿、最高だった。

クロアチアのお話をいろいろ聞かせていただき、

日本語で教えてもらえるありがたさ。

半日観光もお願いしてよかった。

お子ちゃまとも遊べて楽しかった。

ステキな時間を頂いた☆

 

苫屋

 

とにかく行ってよかったと。

 

写真↓

高台から

 

なんちゅー景色!!

 

小さく点々ある小島は無人島。

セレブが船でね、行くのですって。

貸し切り状態で楽しむのね。

 

この高台のあたりにはサボテンが生えていて、

なんでもナポレオンが防衛の為に植えたとか。

やること細かいね、ナポレオン。

 

 

 

 

真ん中に見える町はスターリーグラッド

 

古い町。

 

 

 

 

昔ながらの家

 

一階が馬屋、二階がキッチン、という三階建てが

昔の家の造りなのだとか。

 

 

 

魚屋さん、いや漁師さん

 

 

海に囲まれた島だから手軽に魚介は入りそうだけれど

なんでか一般向けには手に入りにくいので

肉を食べる事が多いとか。

漁師さんが直接売っていて、売り切れたら終わり。

魚はいつも売ってるわけではなく

すぐに売り切れてしまうんだって。

 

 

 

ねこ

 

路地歩きも楽しい。

 

 

 

 

宿からビーチへ向かう道

 

 

やばいやばい。

駆けおりそう〜。

 

膝が弱くなかったら〜(笑)

 

 

ビーチ!

 

 

小さいビーチがいくつも連なっている感じ。

なんやろうセレブの島だから、

ビーチもプライベートビーチになっているのかしら??

わからないけど、、

水着を持ってなかったけれど、この海。

 

これは、、これは、、、。

 

 

これはー!!!

 

入らんかったらバチが当たる。

という事で入ったよ、下着で。

ビーチが小分けになっているから

誰に見られるわけでもなく。

 

ちょーーーーー、気持ちがよかった。

 

ちなみに奥にはヌーディストビーチがあると教えてもらっていたけれど

でも、さすがに、それは、できんかった><

絶対気持ちがいいよね!すっぱだかでこんな海に入れたらさー!!

もし今度行く事があったらチャレンジする、ヌーディストに!!!

 

 

 

宿の部屋の前で

 

ここで肉を焼いたり魚を焼いたりして

夕食となる。

もうなんちゅう。

ご飯と一緒にいただいたワインがたまらん。

もう、本当においしかった。

 

 

ちなみに宿は自炊もできる。

 

 

ぶどう畑〜

 

 

愛しのワイン畑よ。

わきにはオリーブの木。

 

 

 

こんなに上までぶどう畑

 

Ivandracというこのぶどうは長期熟成にも耐える

力強いぶどう。

 

こういう土地があっているのね。

 

 

 

宿がある集落

 

 

すばらしい時間を

本当にありがとうございました!!

 

| クロアチア とか | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1332
トラックバック