CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< フバール島@クロアチア! | main | 味噌作り 2017  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
味噌作り 2017 

味噌作り 2017

今年は3回作る予定。

第一弾。

知床のホテルの売店で売っていた

知床は斜里のお隣、北見産のユキピリカ。

なんかホテルの売店でも大豆を売るようにあなったかーって思ったよね(笑)

 

〜材料〜

 

大豆 ユキピリカ(北海道・北見産)大豆 1

米麹 金沢産有機米麹 1.6

塩  天海の塩(高知県)480g(うち50gは別にしておく)

ミネラルウォーター 2.5ℓ

ゆで汁 2−3カップ

 

今回は麹をちょっと多めで作ってみます。

 

前日の7時半から浸水。

26時間の浸水。

 

当日9時半から煮る。

灰汁がけっこうでるので、とる。

 

大きい鍋がないので、つねにぎりぎりで茹でるので

何度も吹きこぼれる。。。

 

 

13時半まで4時間煮た。

浸水ちゃんと時間をかけたから

やわらかい。

4時間かけなくても大丈夫だったかも。

 

 

マッシャーでマッシュする。

 

40度くらいになるまで冷ます。

塩切麹を作っておく。

豆が冷めたら混ぜる。

ゆで汁で硬さを調節しつつ

混ざったら、味噌玉にしてゆく。

 

 

味噌玉

 

 

今回は、甕を洗わずに、前回の味噌がちょっと着いたような状態で

詰めてみる事にする。

なんか、この甕の中にもいい菌がたくさんいるはずなので、

洗わんでもいけるんじゃないかと。

甕の空気に触れる面は焼酎で消毒。

下面は塩をまぶして。

 

勢いをつけて投げてゆく。

ぺちーんと味噌玉が崩れてくっついてゆく。

 

 

入りました!

 

 

上部に塩をまぶして、ラップして、重石をして、ふたをした。

 

おいしくできますように!!

あー、来年が楽しみ。

| お茶・薬酒・発酵・保存食 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1334
トラックバック