CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 (JUGEMレビュー »)
ガボール マテ
心と身体はつながっている。というところから診てくれるお医者さんが増えればいいのにな。その前に自分で自分を大切にせねばならないけれど。感情があるからこそ豊かになるけれど、この様に身体に作用するのは摩訶不思議。生きる事がただ生きてるだけではなく、生き生き、生きれるように。
RECOMMEND
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫)
ぽっかぽか 1 (YOU漫画文庫) (JUGEMレビュー »)
深見 じゅん
基本ほっこり優しいお話たち。あすかが超かわいい。でも深くて家族の在り方を考えさせられます。日々生きていく事にまで思いをはせられる大好きな漫画。
RECOMMEND
夏子の酒(1) (モーニングコミックス)
夏子の酒(1) (モーニングコミックス) (JUGEMレビュー »)
尾瀬あきら
実家の押し入れに入っていて、久しぶりに読んだけれど、泣いてまう。
あんな風に大事に、熱い思いで作られた、夏子の酒が飲みたい! ああ、おいしい〜日本酒が飲みたい!
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
国盗り物語から読み進め、この関ケ原がもうたまりまへん。もうなんなん?なんなのー!ってキーキー言いそうになりながら読んでまつ。政治つーか、そういうのって、殿方って、時代が変わっても、変わらんから、同じことを繰り返す。だから世の中っていうのは変わらんのやろうなという事まで思い馳せたわ(笑)とにかく面白かった!最後の関ケ原の戦いの大谷刑部のあたりなんかは、熱くなりました!
RECOMMEND
オオカミの護符 (新潮文庫)
オオカミの護符 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小倉 美惠子
オオカミの護符という題名に誘われたらば、舞台は神奈川県川崎市。今では住宅街となっている町も、昔は田があり畑があり、オイヌ様ともつながっていたのだ。なんて興味深い。今はもう見ることのないいろんなものを想像してまいます。
RECOMMEND
水木しげるの古代出雲 (角川文庫)
水木しげるの古代出雲 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
古代出雲について、鳥取境港出身の水木さんが天地創造から分かりやすく描かれています。水木さんはやっぱすごいなー。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ドゥブロブニクは尾道だった! | main | ボスニア・ヘルツェゴビナ モスタル に 1day tour >>
モンテネグロへ 1Day Tour

ドゥブロブニク2日目は

1Day Tourでお隣の国モンテネグロへ。

60ユーロ位。

バスで片道約2時間。

モンテネグロの通貨はユーロ。

クロアチアはクーナ。

言葉は挨拶くらいであればクロアチアとほぼ同じ。

 

 

ツアーのガイドさんは

笑顔が素敵な女性で、

浅野温子さんに似ている!

ガイドさんだった。

クロアチアに入ってから、

接客と私たちが呼ぶ職業の人たちから

スマイル、はほぼなく、スマイル、以前に怖いっす、

と思っていたから、

この浅野温子似のガイドさんの笑顔は

とってもまぶしかったよ!

 

そのまぶしさと裏腹に、外は雨。

 

このツアーを決めたのは、

ドゥブロブニクからコトルへの道程はすばらしい景色だと

いう事が大きな部分を占めていた。

だから

雨か、、、みたいな。

青い空っていうのは偉大だよなーと思う。得に旅先では。

時間が限られているから、空の色により思い出の色まで変わってしまう。

なんてなー。いやでもそう。

 

バスの中では浅野温子似のガイドさんが

モンテネグロとドゥブロブニクの歴史を英語で解説していて。

英語だからもちろん分からないんだけど、

このあたりは

リーリーリーリー(RealyRealy) コンプリケイテッド ヒストリー

である事を繰り返し言っていて

それは遠い昔からヴェネチアやギリシャやオットマンの

脅威にさらされていて、最終的にナポレオンが登場して

という感じみたいだった。

歴史の話しが終わると今度は近代に移り、

ユーゴスラビア、内戦、モンテネグロ独立までを

話していらした。

 

そして、雨は強くなる。

 

最初の町ブドヴァ。

モンテネグロでも屈指の観光地、リゾート地。

だそうなのだが、外は雨!

という事で街歩きも早々に食事処への避難になる。

ちなみに挨拶はクロアチア語とほぼ同じ。

 

 

バーガー屋さんで

 

もう歩かないなら飲むみたいになりました。

このハンバーガーのパテみたいのが

チェバブチチというソーセージ。

ケバブ由来のもの。

 

お野菜とかトッピングとか

 

 

自由に入れられます。

美味しかったし、安かった。

 

ブドヴァ、街並みの写真とかない(笑)

しょうがなかね。

 

 

雨やから。。

 

 

 

コトル

世界遺産にも登録されている。

旧市街とこの自然と。

ドゥブロブニクからのツアーも多いみたい。

 

 

 

 

 

 

 

コトル

 

 

上の方まで登れるみたいなのだけど、

雨だったし、雲で視界も悪そうなのでやめた。

 

 

 

 

どの辺まで上れるかはわからない。

 

 

 

晴れていたら最高の景色が見えるだろう。

想像妄想で我慢。

 

 

 

 

旧市街

 

 

 

 

 

迷路の様な旧市街。

 

結局、雨が降ったり降ったりで、

お土産屋さんやら、カフェやらに寄ってばかりになってもた。

晴れていればーーー。

と言わずにおれなないなー。。

 

 

今日の晩酌用のモンテネグロワインを買って

モンテネグロ1dayツアーは終了。

 

帰り道も晴れず、車窓も曇ったままだった。。。

 

 

おまけーー

 

 

ヒゲみたいな模様がかわいい猫

 

 

こげなかわいい猫に会えたから、まいっか。

 

| クロアチア とか | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:11 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1338
トラックバック