CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< モンテネグロへ 1Day Tour | main | ドゥブロブニクで岩合さんになる! >>
ボスニア・ヘルツェゴビナ モスタル に 1day tour

ドブロブニクからバスで3時間のボスニア・ヘルツェゴビナのモスたるに。

 

ツアーの集合場所に行くと

昨日のモンテネグロツアーの

浅野温子似の添乗員さんがいた。

今日も温子さんが添乗さん。

 

モンテネグロはユーロだったけど

ボスニアは独自通貨。

でもモスタルの様な観光地は、ユーロもクーナも使える。

挨拶くらいはクロアチアとほぼ同じ、だし。

国を超えるんやー!!っていうのはあまりない。

なかったんだけど

今回ボスニアのボーダーで

国を超えるを実感する出来事があった。

ボーダーでは

添乗さんがみんなのパスポートを集め、係の人へ持ってゆく。

しばらくして添乗さんが難しい顔で戻ってきた。

私の通路を挟んだ老年のカップルに話しかけている。

どうやら、

あなたがたのパスポートでは入国にはビザがいります。

けれどビザがないので入れない。

という事らしかった。

老年カップルはツアーに申し込んだ時には何も言われていない、

という様な事を言っている。

そりゃそうだ、申し込みの時に言ってよ、と私も思った。

添乗さんは難しいと思けれど、、と言いつつバスを降りて

ワンデイだしだめかしら?と言ったかどうかは別としてもう一度トライしているらしかった。

結果はもちろんダメで、タクシーで帰るか、このツアーバスが復路で拾うまでここで待っているかを

老年カップルに聞いていた。

ここで待つって、ボーダー以外なんもないし。。

 

二人はみんなに謝りながらバスを降りて行った。

 

このパスポートじゃダメですと。

もし私がそう言われた立場だったら、と思うと、悲しい。

他の人たちはOKで自分だけダメって。

ツアー申込の時に聞かれなかったという事は

多くの国がビザなしでも平気という事だから?

だとしたらなんで自分の国のパスポートだけダメ?

と思う。

国境とか国籍とか

あるんやなーって

当たり前のことだけど、

実感したのでありました。

 

出発したバスの中では

浅野温子さん似の添乗さんが

ガイドを始める。

ボスニア・ヘルツェゴビナは

昨日に増して

リーリーリーリーコンプリケイテッド ヒストリー

と何度となく言わなければ説明のつかない、

支配され、征服され、略奪され、破壊され、分割され、

文化が入り乱れ、人種が入り乱れ、宗教が入り乱れ、

そして近年まで紛争があり。

ボスニア紛争は知っていても、

ボスニアがどこにあるかなんて知らなかった。

イタリアと海を隔ててすぐの地で

激しい紛争が十数年前まであったなんて

そうだったのかと、びっくりした。

 

さっきバスを降りていった二人を思うと

国という枠とはなんぞやと

そんな事を思いつつ、

バスの外はどしゃぶりで。

なんとなく気分は沈む。

 

 

ポチテリ

 

 

モスクがある。

今までとは雰囲気が違う景色。

 

30分ほど散策。

 

このあと数十分でモスタル。

モスタルは先の紛争の激戦地。

 

 

たくさん、たくさんのバス。

これは、、、バスがわからなくならない様にせねばって。

うむ。

 

ガイドさんについてゆく。

 

 

銃弾の痕

 

 

 

多くの観光客がみていた。

あえて残すところと、修復しているところとある。

 

 

 

 

 

ボロボロの建物

 

何か説明していたけど

英語やからわからんかった。。

 

 

 

 

 

スタリ・モスト

 

この川の片側がクロアチア人(カトリック)、片側がボスニア人(イスラム)

と別れているのだそう。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で破壊され、

紛争終了後に再建された橋。

モスタルを象徴する橋。

 

テレビなんかでよく飛び降りてたりします。

雨やったし、この日はそういう人はいませんでした。

 

 

 

土産物屋さんが並ぶ

 

この辺は雰囲気を出しつつ、きれいにされている。

日本でいうところの、妻籠や馬籠とかの宿場町系みたいな。

古い外観を保ちつつ、整備して、観光客を呼ぶ。

 

お土産屋さんの雰囲気が

独特、というか、なんとなくアジアのみやげもの屋さんを思い出した。

呼び込みをしているんだけど、それが

イタリアとかクロアチアとかの観光地では

あまりなかったし、

そういうところ、どっちかというとアジアっぽい様な。

トルコ行ったことないけれど、

トルコがこういう感じなのかな?

 

色鮮やかなきれいな布がたくさんあった。

選び出したらきりがない。

 

観光地の土産物屋さんって感じではあるけれど

雰囲気がぐっと変わってくるから面白かった。

 

目星をつけていたレストランが満席で。

雨やし、あまりウロウロしたくない。

でも、一日しかないボスニア・ヘルツェゴビナなので

おいしい、ここでしか食べれない様なものが食べたい。

お土産やさん街を抜け、おそらく地元の人エリアに入ったあたりで

レストランがあったので入ってみた。

 

雰囲気よし。

期待高まる。

 

 

カウンターに料理が並んでいて

どれがいい?みたいなと言われ(と思う)

選べない〜、なんて言ってたら、

日本語でも思いは通じた!のか、

全部?全部?みたいなジェスチャーで

OK、みたいになって。

まぁいいか、と待っていたら。

 

 

 

ちょっとずつ全部盛り

 

一番テンション上がるヤツ!

どれもおいしかた!!

お野菜に何か詰めてあるのって、ほんといいよなぁ(笑)

 

晴れていたらもっと歩き回りたかったけれど

雨がかなり激しかったので

あまり歩けず残念でした。

 

 

行きのバスのビザに始まり

銃弾の痕が残る町、

おみやげ屋さんの雰囲気、

分断の為に落とされ、そして再建された橋、

おいしい、料理。

 

繋がってて、繋がっているから、

そうなんだなっていうのを感じました。

 

またきたいな、ボスニア・ヘルツェゴビナ。

食事、いろいろ食べてみたいから。

えへ、やはり食い気。

 

ごっつあん。

 

 

途中休憩したネウム(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

 

 

 

 

 

最後の休憩の時

やっと雨が上がった!

 

 

 

| クロアチア とか | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1340
トラックバック