CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ドゥブロブニクで岩合さんになる! | main | 二代目ぬか床 ぬか美 >>
最後の一日! ドゥブロブニクの青い空〜♪

最終日。

これでもかって晴れた。

昨日の雨が嘘の様に。

昨日も晴れてほしかったけれど、最終日にこの晴れは

もう神様にありがとう〜って言うしかない。

 

 

 

旧港の波止場

 

いい光景。

 

 

 

 

 

 

 

後ろには山前に海 

 

天然の要塞に囲まれ、さらに城壁に囲まれているのがドゥブロブニク旧市街。

ドゥブロブニクはラグーサ共和国っていう、小さい国だった。

小さいけど、ヴェネチアやビザンチンやトルコなど並みいる強国の中、

共和国であったというのはすごい事なんだと思う。

詳しくはわからないけど。

 

 

 

ビールケースがいい

 

路地がたくさんの旧市街は歩いていて楽しい

 

 

 

ストン産牡蠣

 

フバールの宿で教えてもらったお店で。

ストン産の牡蠣は名物ですから、食べてねって。

日本の牡蠣より丸っこくて小ぶり。

いつまでも食べていたい。

牡蠣は海の味がするから、

これはアドリア海の味なんだわって思うとテンション上がる。

 

 

 

手作り的な

 

この旅はおみやげにしたいものがことごとく瓶。

どれもおいしそうで、一つだけ選ぶなんてできないわよー。

 

 

 

 

気持ちがいいー

 

旅先の洗濯ものって萌える。

しかしどうやって干したのだろう。

 

 

 

高台より

 

 

 

 

休憩

 

休憩ごとにビールを飲むから

よけいに足が重くなる(笑)

 

 

 

オレンジと緑が合う

 

 

見る場所から、雰囲気が変わるから

いつまでも歩き続けられそう。

ビールさえ、、飲みすぎなければ!

 

 

 

わぉ

 

 

気持ちいだろうなー!!!

泳ぎは不得意やし、高所恐怖症やけど、そう思ったぞ!

 

 

 

 

停泊中〜

 

 

なんやろう、ちょっと散歩がてら海走る?みたいな。

いいねぇ。

 

 

 

中庭的な

 

だから、どうやって干してんのだろうか。

くるくるとか回るのかな紐が。

 

 

 

ギュウギュウです

 

城壁に囲まれて。

城壁の上歩けます。

この旧市街にはヨーロッパで3番目に古い薬局が現在も営業していると

地球の歩き方に!紹介されていて

ここでしか買えないというハーブを使ったりした化粧水などがあるとの事で

興味あるー、と行ってみたけど、ななんと、定休日でした。

なんてこった、残念!!!

 

 

 

傾いとる。

 

 

 

なんか、ここだけみると、タイムスリップしたみたいね

 

 

 

 

オレンジの屋根〜連なる♪

 

 

青い海によー映える。

 

朝から歩きっぱなしで疲れたので

ちと早いけれど、宿へ戻る事に。

宿は遠いので、旧市街は見納め。

満喫しましたよ。

ありがとうございました。

 

 

 

尾道坂を上り

 

 

 

 

 

テラスで

 

お惣菜とビールとワインで最後の晩餐。

最後の夜くらい、豪勢に旧市街のレストランでもよかったけど

尾道坂登れなくなるし(笑)

ここからの景色がいいから。

 

 

はぁたまらん。

 

 

終わるんやなぁ。

 

 

 

終わってまうんやなぁと

 

 

駆け足の旅行。

疲れた。

でも、念願だったドゥブロブニクに来れてうれしかった。

 

 

クロアチア。

また来れるかな。

また来たい。

今度はもう少し小さな町を訪ねる旅がしたいな。

きっとまったく違うんだろうな。

そんないつかを楽しみに。

 

 

ありがとうございましたー!!!

 

 

 

おまけ

次の日は、まだ暗い早朝に出発。

2回の乗換を経て日本へ。

すっごい疲れた。

2回も乗り換えちゃダメ(笑)

帰りの飛行機が一番疲れた。

やっぱ歳やな、もう。

| クロアチア とか | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1342
トラックバック