CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)
山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) (JUGEMレビュー »)
岡本 健太郎
読むほどに経験を重ねてたくましくなっていかれる、猟師漫画。猟師モノとしては一旦終了して、サバイバルの旅に出るとな。既にサバイバル能力はかなりハイレベル。どうなってゆくのでしょうか!?
RECOMMEND
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫)
身体にやさしいインド―神秘と科学の国の「生きる知恵」 (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 武
はまった、と思いました。カレーから哲学まで、インドに行きたくなるったら。他の著作にも手が伸びて止まらない。
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
時代が変わっても、変わらんのやなと。だから世の中っていうのは変わらんのやろうかな。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 二代目ぬか床 ぬか美 | main | ぬか美 旅立ち >>
豆板醤作り

去年作ってみたくてワークショップに参加した。

 

簡単だったし、

おいしくできたので、今年も作ってみようかなと。

ー材料ー

 

空豆 130gくらい(鞘なしで)

麹  15g

塩  20g

韓国唐辛子 15g(細引きと粗挽きを4:3の割合にしてみた)

味噌 大1

 

 

 

 

 

 

そら豆の薄皮を向いて蒸し、柔らかくする。

綿棒などでマッシュする。

麹と塩は塩切麹にしておき、マッシュしたそら豆に混ぜる。

粉唐辛子を混ぜる。(自分の好みの唐辛子、辛さでよい)

味噌を加えて混ぜ、

消毒した瓶などの密閉容器に空気が入らない様にいれてゆく。(口が小さい瓶だと、手が入らず、詰めにくい、、)

ラップなどで落とし蓋をし、ふたをする。

冷暗所に保存。

1か月位で天地返し、更に3−4か月熟成させる。

 

ここくらいから食べれる様になるけれど、

私的には1年近く経った頃から

グッと酸味が出てきて、これこれ、この酸味が豆板醤だ、って感じになったなと。

 

味噌はなんだかんだで一日仕事みたいになるけれど、

豆板醤は分量的にも豆の仕込み的にも

材料さえあれば思い立ってすぐにできるのでいい。

 

 

 

 

チョイスした瓶が口が小さく、底まで指が届かなくて隙間なく詰めるのが大変だった。。。

来年はちょうどいい容器に詰めたい!

 

 

 

カビは生える、気が付いたらとる。

泡みたいにぶくぶくする事もある!?と去年ワークショップの先生が言うてた。

溢れるとはどういう状況になるか分からないけど、そうなった時に

容器が小さいとあふれるので、余裕はあった方がいいと言っていました。

| お茶・薬酒・発酵・保存食 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1345
トラックバック