CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 畑@2018/4/18 | main | 達磨山と浜石岳 >>
達磨山と浜石岳

1泊2日でトレッキング。

1日目、伊豆の達磨山。

2日目、由比の浜石岳。

 

1日目、修善寺へ。

 

 

修禅寺

 

ここから5卍のところに奥の院もある。今回は行けなかった。

 

 

 

日枝神社

 

そんなに広くないけど

屋久島ばりの巨木がある神社。

 

 

 

登る前に腹ごしらえ

 

お蕎麦屋さんがたくさんあります。

生ワサビを自分でする。香りが全然違う。

 

 

 

桂川

 

それなりの年齢のカップル(アベックと呼びたくなるよな)がいると

なんか事情がある情事、みたいな、

昼ドラマみたいな、火サスみたいな、そんな事を想像してしまう。

老舗のホテルが並ぶ温泉街ってそういうのあるよね!?(無いか、笑)

 

せっかくの修善寺だけれど、温泉にも入ららず、目的の山歩きへGo。

修善寺からバスでだるま山レストハウスへ。

 

バスで20分ぐらい。

ぐんぐん登ってゆく。

ああ、バスってらくちん(笑)

 

 

 

レストハウスから

 

眺めがとても良くてラッキー。

ここを過ぎるとトイレも売店もないのでいろいろ済ます。

レストハウスでトレッキングルートの案内のプリントをくださった。

 

 

 

伊豆稜線道

 

 

尾根歩きというか、歩きやすく整備されてる。

 

 

 

 

ひたすら気持ちがいい

 

 

進むだけー

 

 

馬酔木

 

桜や馬酔木、お花も楽しめた

 

 

振り返ったら

 

富士山。たまらんぜよ。

 

 

 

ひょー

 

すごい高いところみたくみえるけれど、1000mもない。

右手には西伊豆の海、駿河湾。

 

海からの風はかなり強い。

 

 

達磨山山頂からは眺めは最高。

ちいと狭いので人がいると長居はできないかな。

 

あとは下ってゆく。

 

 

新緑とお花と青い空!

 

船原峠まで下って、そこからは平石バス停を目指す。

バス停までがそれなりにあるので、途中道が違うのではないかと心配になったけど

基本ただ土肥方面にグングン下るだけ。

 

キラキラ

 

七色のキラキラ

本当に、そんな気持ちでした。

とても気持ち良い山歩きができた☆

 

 

バスの時間10分前に平石バス停に到着。

ナイス!

 

土肥からはフェリーで清水港まで。

フェリーの時間までに食事を済まそうと思っていたけれど、

土肥港の周りには食事処はなかった。。。

土肥温泉のあたり(3つ前バス停)まで行けばありそうだったけど。

 

 

 

フェリーから このフェリー航路は県道なんだって

 

 

この日は1日中富士山が見えた。

この季節にしてはありがたい事。

春だから曇の中だろうと思っていたから。

 

 

黒はんぺん 静岡名産

 

宿の食事処にて。

 

お酒を飲みつつ。

明日もあるので飲み過ぎない様に。

 

よいお天気だった事に感謝!

 

 

| 山歩き・街歩き | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1367
トラックバック