CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アンダマンな時間◆Chennai | main | 畑@イチゴ模様2 >>
アンダマンな時間 Mahabalipuram

チェンナイから2時間位のところにある。

世界遺産のある町、マハーバリプラム。

観光客向けのお店が並ぶ。

チェンナイだと、大きすぎてどこに何があるかわからないけど、

ここであれば、素敵な布やそれらを使った服、雑貨、などの店が連なっていて

お土産を買うにはいいところだな、と。

おしゃれなカフェやレストランが並び、宿ももちろん。

 

 

落ちそうで落ちない

 

どうなってるのかわからないけど、斜面にこの岩がこんな感じで。

絶妙なバランスなんだろうな。

不思議。

 

 

 

遺跡

 

 

入場無料。

 

 

お腹かわいいですね

 

 

 

海岸沿いの町です

 

海まで行くと、インド人旅行者がたくさん。

インドの人は服のまま海に入る。

泳ぐというより、浸かる、みたいな。

波遊びを楽しむような感じ。

 

女性はサリーのまま入るので、

出てくると、体にぴったりと布がくっついて、

それは、水着よりも、なんかエロいんではないのか!?

と思ったりもしてしまうけれど、

皆様無邪気に海を楽しんでおられました。


 

通りに並んでいるお土産屋さんは

カシミールの人たちだ、と友人。

顔でわかるそう。

冬の間、カシミールから出稼ぎに来てるんだろうな、と。

旅人の心をくすぐるものが並んでいて、物欲に負けそう。

 

 

 

スカートを作ってもらった

 

 

好みの布を選んで、好みの形に仕立ててもらう事も可能。

込々で800ルピー。

 

旅行中は気分が高揚しているので、

この模様のスカートを日本ではけるのか!というところ、微妙。。

でも布の模様は大好き。

 

 

 

仕込みはオッケー!?

 

パラたという小麦粉の生地。

これだけで食べたいと思ってしまうわ。

 

 

 

赤い人たち

 

宿の近くの施設に集まっていた、赤い洋服の人たち。

たくさんいた。

なんだろう?って見ていたら、呼ばれた。

 

そしてごはんを分けてくださった。

 

 

 

ありがたくいただきます

 

茶色いお団子みたいなのにご飯もねりこまれたもの、

それに大豆のカレーみたいなのがかかっていた。おいしくいただきました!

| India | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1372
トラックバック