CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アンダマンな時間ァOuroville | main | アンダマンな時間А〇代は動画や >>
アンダマンな時間ΑOurovilleの食事

オーロヴィルでの食事はインドにおいてインドでないものが食べれる。

おされカフェみたいなメニュー、オーガニックレストランみたいなお野菜中心のもの多い。

 

お店はメインロード沿い、ビジターセンター、あとはコミュニティ内に点在してたりする。

 

 

炒り豆腐とクスクス、ジンジャーターメリックティー

 

まずこの写真からしてインドじゃねー(笑)


 

まさかのこげなものをインドで食べようとは!

 

もちろん絵面だけではないのだよ、インドでないのは。

 

併せて500ルピー。

 

。。。

 

高い。。

 

いや、このクオリティーなら当然なんだけど、

インドのごはん代としては、予想してない値段です。。

 

宿から近いこの店はまずおいしそうなシナモンロールが積まれているのが

外からも見えるもんだから、吸い込まれるように入ったのだった。

メニューを見せてもらったら、面白そうな創作料理があるし、

頼んだシナモンロールとコーヒーが美味しかったもんで、

ほぼ毎朝通ってしまった。

 

シナモンロール、デニッシュは100ルピー、コーヒーは80ルピー。

 

@Bread&Chocolate 

 

 

 

 

スモークTOFUバーガー

 

またしても豆腐なのだけど

ビーツが混ぜてあって赤い。

 

ここで、20年来の謎を思い出した。

 

以前コルカタでベジタブルコフタなるものを食べた。

野菜の団子なんだけど、断面がスイカみたいに赤かった。

すごくおいしいんだけど、いったい何が使われているのか分からなかった。

色はスイカかトマトなんだけど、調理してこんなに色がはっきり残るか?という事と

味がまったく違かったから、なんだったんだろう?って疑問だったのだ。

あまりにもおいしくて翌日も食べに行ったけど、結局分からずじまいだった。

当時の私はビーツを知らなかった。

 

で、今回このTOFUバーガーを食べて、ビビビときた。

あの時のあの味に似ている。

このバーガーに使われているのはビーツ。

ビーツは赤い。

赤いは、、、あかーい!

思い出したのでした。

本当のところは分からないけど、おそらく20年前のもビーツだったのでは!?

そうだとしたら、、20年来のナゾが解けた事に。

 

290ルピー。

 

@GreenGarden

 

ここはその名の通り、畑もあって、サラダは畑から。

 

 

 

 

ビジターセンターのレストランにて

 

 

オーロヴィル産の野菜を使ったメニュー。

豆と豆もやしと、かなりしっかりしたナスと。

味はいいんだけど、豆と繊維質だらけで

食べてて疲れた。。。

 

295ルピーなり。

 

 

 

 

ジャックフルーツ

 

大きいものは白菜よりも大きいからびっくり。

おいしいよって。

 

 

 

 

屋台

 

オーロヴィル内にはカフェやレストランがあるけれど

こういう屋台風のインドな感じの店はズバリあまりない。

 

施設の工事をしたりしていて、

そういう地元の人向けのお店かなーと。

 

おされカフェもいいんだけど、ここはインドだもの。

基本はこういうインドでしか食べられないものが食べたい。

 

魚を付けてもらって75ルピー。

 

 

おいしかったー!

 

辛すぎず。

 

魚はお金が発生するけど、

カレーの部分はおかわり自由。

 

なんか安心したし(笑)

 

イタリアン、創作料理、ベジ/ビーガンレストラン、パン屋さん、トルキッシュ、インド料理、コリアン、

ジェラード屋さんなどなどなど。

 

 

ここは森の中で空気もきれいだし、

インド旅行で疲れたりしたら骨休めできるかも。

| India | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1375
トラックバック