CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アンダマンな時間買い物 | main | 畑@成長6/25 >>
アンダマンな時間ゆっくり忙しい

朝。

お友達の旦那さんが仕事へゆく。

ダイビングのインストラクター。

時間によってお見送りしたり、出来なかったり(朝とても早い事も!)

 

お友達はヨガをする。

ゆっくり、深く。

 

私はその間、朝の身支度。

顔を洗って歯を磨いて、1,2,3,4。

ちょい体を動かして。

窓の外を眺めたりする。

 

 

 

台所の窓から

 

裏の畑が一望できる。

この風景があるだけで、ここに住む理由になる。

大好きなキッチン。

 

コーヒー好きの友達が

コーヒーを入れてくれる。

豆をガリガリ。

インド産のコーヒー豆。

インドのコーヒーが美味しい事を初めて知る。

そしてエアロプレスという方法で入れてくれる。

初耳なその入れ方は、その名の通り、ググっと圧をかける。

手動で。

なかなかの作業。

 

コーヒー豆が入っている袋

かわいいおしゃれな袋

デリーで有名なBLUE TOKAI COFFEEの豆

 

 

コーヒーだけでも美味しいけれど、

とれたての牛さんの牛乳も飲みたい私は

カフェオレにしてもらう。

窓の外を眺め、風に吹かれながら。

なんて贅沢。

 

午前中は洗濯したり、

買い物したり、

お昼ごはんの準備をする。

あと飲み水を汲みに行ったり、

通信電波を拾えるところまででかけたり。

飲み水は合計20ℓ汲む。

あの悪路を、水の重さに、フラフラしながら、それでも

彼女は降りたりしないから、すごい。

 

水汲み場

 

島に2か所ある。

 

洗濯機はないので、手洗い。

毎日洗濯すれば、洗うのは大変ではないけれど

絞る事のはしんどい。

下着など小物はいいけれど、シーツとか大物は一仕事。

 

 

 

お絵描き

 

電波を拾いに行く道中、すいすい下描きもなく

神様を描いているところに出会う。

思わずみてまう、みてまう、みてまう。

 

 

とか、そういう寄り道はもちろんある。

 

 

そうこうしているうちに

お昼が近づいてくるのでご飯の準備。

 

 

ナスに切れ目を入れてニンニクをつめ、オーブンでこんがり焼く

皮をむいて、ナスをペースト状になるまで、一緒に食べるパラタも作る

 

 

 

 

ベーガンバラタとダルとパラタ

 

 

手間がかかる料理だけれど

美味しさは半端ない。

旦那さんのお母さんに教えてもらったんだって。

 

ああ、美味しかった。

 

午後は

また買い物をしたり、

おやつを作ったり。

散歩したり。

歩いて10分位でビーチもある。

 

 

大きな木

 

 

海はただいるだけでいい。

 

 

 

たまらん夕陽

 

とかなんとか、日が暮れると言う事は。。。。

 

もうこんな時間!

 

と家に帰る。

 

ここから買い物に行く事もある。

サンセット渋滞に、危なーいとかいいながら自転車を漕ぐ。

 

夕ご飯の準備で台所。

アリが虫を運んでいるのに目が留まる。

とにかくすごいチームワーク、それなりの大きさの虫も

みんなで運んでゆく。

運ぶ道は決まっているみたいで

壁を登って天井に沿って窓際へ。

すごいなぁってね、観察してしまう二人。

 

ああ、いけない、ご飯作らなご飯!

 

そんな感じでご飯を作っていると

旦那さんが帰ってくる。

ああ、ごめん、まだなの。。。

 

少しギアが上がる、ご飯作り。

お腹の空いた旦那さんが手伝ってくれる。

3人でちょこっとラムを飲みながら、ご飯を作る。

出来上がったおいしいご飯を食べながらおしゃべり。

あっという間に寝る時間がやってくる。

 

ああ、一日が終わる。

 

ゆっくりとしているのにあっという間に過ぎてゆく時間。

 

日本での時間が無いと

ここでの時間が無いは

違う。

 

気持ちがよさそうと思えば外に出て風に吹かれにゆける。

夕陽がきれいな日は海に行ける。

 

自分の気持ちよさそうなところを探して寝ているネコみたいに。

 

暑そうだな、、と思ったら家の中に

涼しくなるまでひっこんで。

冷房なんてなくったって、大丈夫。

(私が行った季節は一番穏やかな季節だったから。暑い時はあせもができて、耐えられない!と友人談)

 

お友達と過ごしたこのアンダマンはニール島での時間は

お料理をする事、お部屋をきれいにする事、お買い物する事、おやつを食べる事、

ちょっと出かける事、好奇心にまかせて動く事、観察する事、などなど。

そんなこと達ががこんなに楽しくてハッピーで、

分かってたし、知ってたけど、

私の生きてる時間から、何か追いやってしまっていた事こそが

こんなにも愛しいものだと改めて実感した時間になった。

 

ありがたい時間。

アンダマンな時間。

いつもそんな時間と共にいれる様に。

生きていくぞ。

 

 

おまけ

 

島にゃんこ

 

野良犬におされてか、ネコはあまりみなかった。

 

| India | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1398
トラックバック