CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アンダマンな時間@ジャングルウォーク | main | 畑模様@7月後半収穫 >>
アンダマンな時間@海

ニール島は小さな島。

だから、朝日も夕日も自転車で見に行ける。

旅行者のほとんどは海を楽しみにやってくる。

 

 

夕日

 

夕日が見れる場所はド友達の家から近いので何度か見る事ができた。

夕方なんとなく時間がある時に、海行こうかって、てくてくと歩いていける距離。

いいよねぇ。

 

 

朝日、に関しては、起き上がる事ができず見れなかった。。。

これは日本でもインドでもどこでもいっしょだ。

どこにいても朝日は遠い。。。

 

滞在日も残りわずかとなったころ、

まだ観光地という観光地に行っていない事に気づく。

 

 

 

石の橋

 

自然にできたもの。

渡ったりはできないYo。

 

ここが島唯一の観光地と呼べる場所なのだとか。

いいんだよ、観光地なんてなくて!

この島はただゆっくり過ごしにきてナンボです。

 

 

 

たまらんきれいな海

 

 

きらきらきらきら。

いつまでも見ていたい。

 

 

 

砂浜に行くとかわいいヤドカリたちに出会える。

 

 

 

これみんなヤドカリちゃん

 

 

 

ごめんねちょっと集めさせてもらった。

みんな引っ込んでる。

このあと、モゾモゾモゾっと動き出し、みんなそれぞれ散っていった。

うふふ。

 

 

 

 

 

なんてかわいいのー!!!!!

 

 

 

目玉がくりくりしているの。

 

 

 

 

歩いた後

 

 

大きいのから小さいのまでいつまでもみていられる。

 

 

散歩で海に行ける、しかもあまり人もおらずにぼーっとできて

ヤドカリ観察もできるなんてね。

海はいいよなぁ、ほんとに。

海よー、俺の海よー♪、だね。

癒された!

ありがとうございました!

 

 

 

ーーーおまけ話しーーー

 

 

あとはダイビングが盛ん。

私も一応Cカードは持っているけれど、

何せ15年以上は潜っていないし、

体力的にも、もう海の中じゃなくても外だけでも満足って思ったのでやらなかった。

 

海外からも来るけれど、インドの富裕層に今海が大人気だそうで。

インドの人には元々海で遊ぶという感覚はなく、

だから海にも服のまま入る。

そして泳ぎ方を知らないのだとか。

海に顔を付ける事をとても怖がる。

けれどダイビングを経験したい人は後を絶たない。

まぁダイビングなら息ができるしね。

という事で体験ダイビングHiあ大人気なのだ。

しかしながら、まず、海に顔を付けられない。

レギュレーターをしているから大丈夫だと説明しても、ダメ。

かなり時間がかかってやっと顔がつけられる様になり、さぁいざ潜ってゆかん!と

潜水を誘導すると、びっくりして、な、な、なんと

レギュレーターを外してしまうのだそう。

 

え!?

 

レギュレーター。

それこそが命綱。

私は食いちぎらんとばかりにかみしめてしまうけれど、

自ら外す?水の中で?どういう事?

 

と思うけれど、インドの人はこの行動をする人がとても多いと。

え!?

なぜ???

 

とっさに手で払ってしまうのだと。

水の中で。

 

そんな事したら、死にますけど。っていう。。。

 

水面だったら、いいけれど、

もう潜ってますよ!っていうところで同じように外そうとするらしく、

インストラクターの人は目が離せない。

らしい。

 

まだそれで事故などは無いそうで、笑い話しになるけれど、

私がインストラクターだったら、もうたまらないけど。。。

 

という話しを聞いていてにわかには信じられなかったけれど、

一度体験ダイビングの船に乗せてもらって沖に行った時、

私はシュノーケリング的に水面を浮いているだけだったんだけど、

ふとインドの方々の体験ダイビングの様子を見ていたら、

話に聞いた通り、レギュレーターをブホォっと吐き出す人、

手で払いのける人がいて、ほんまやったんやと。

 

にしてもなぜなんや。と思う。

この反応は今のところインドの人だけだそうです。

 

 

ダイビングのボート かわいい

| India | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/1436
トラックバック