CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 縄文杉@縦走3日目 | main | 干し柿 >>
存在@屋久の森
縄文杉を後にしてからしばらく。
 

ウィルソン株
 
とっても大きい切り株で中は空洞になっており、
上もまわりも、わさわさとなんだか生えたりしている。
中は大人が数人は入れる大きさで、小さなほこらがある。
 
で、中から見上げてみると


ハート型だぁ!
  
なんだかうきうきするね、こういうのは。


 

なんだか皮膚感がゾウさんみたい



木が洋服きてるみたい
 
白谷雲水峡に近づくにつれ、
こういうもけもけ〜っていうのが多くなってくる。


で、ちょこっと寄り道。

 

太鼓岩から
 
途中進路からちょっと脱線するとこんな見晴らしのところがあったり。
高所恐怖症だからちょっぴり怖かったけど、
山のすきまから海が見えたりするとねー。
たまんねんだ、これが。
 

もののけ姫の森
 
映画「もののけ姫」の森のモデルになったとかなんとか。
白谷雲水峡のハイライト。
そういう事で人もたくさんいた。
人が来すぎて苔が後退しているらしい。。。


それにしても、森の変化がとても面白いね。
 
巨木から小さな苔まで。
切り株、縄文杉、緑の光に包まれたり、空を仰いだり。

とても言葉にできないのだけれど、
たくさんの生きているもの、生かしているもの。
すべての存在を感じたと思う。

大きな大きな縄文杉は目の前にある。
何千年も生きているこの木。
その為に日陰になって朽ちた木や育てなかったものもあるけど、
それらは無くなってしまったわけではないのだ。

目には見えないたくさんのエネルギーの存在を確かに感じた。
 
ただそこに在ってくれる事が
ああ、そういう事なんだって思えて
なんてすばらしいんだろうってうれしくなった。

で、ここで一歌。

時を越え
踏み入れたるは
生きし森
果てなきすべては 
ここにありけり


白谷雲水峡を後にし、3日間の縦走は終了。

あー、終わっちゃった。

でも。
この森の力はどこででも感じれる。
そうなのだ!

 

この木がいつか、屋久杉になる
 


もっと木の写真がみたい人は続きをどぞ


















この森に会えた事。
すべてに感謝。
| 鹿児島・屋久島 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/713
トラックバック