CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 昼休み散歩 | main | 10年ぶりの更新 >>
いざ、サバ漁へ
屋久島にて。
サバ漁を体験してきた。
 
サバ漁をしているおじいちゃんが
簡単な宿泊施設を持っていると
ガイドのSさんに紹介して頂き、お世話になった。
そこに泊まるとサバ漁に同行できるのだ。
(釣りがメインで釣り客の人の為に宿泊ができる様になってる)
 
屋久島のサバ漁は網ではなく竿で釣るらしい。
釣れる時は止まらないくらいに、何十匹も釣れるとの事。
サバがメインだけど、その日によってタイやカンパチなども釣る。

で、漁と言えば朝。
 

暗い中、漁港はすでに動いていた。
 
私が起きれる時間でいいという事で朝5時に家を出発。
すでに漁港には漁を終えて帰ってくる船たちが。
5時では遅いのだ。
(ちなみにおじいちゃんは夕方の6時頃寝て、
夜中の1時には起きているという。。あたしが寝る時間だよ。。)

おじいちゃんの船、米丸号に乗船し、いざ出航!
 

だんだんと夜が明ける中、海へ出て行くのは身が引き締まったりする
 


きれいだ

だんだんと空と海の色が変わる。
そんな空気が体中にしみ渡る気がした。

 

おじいちゃん、渋い
 


おじいちゃん、渋い2

 
ポイントに着く頃にはすっかり夜は明けて
太陽の光が海に反射してキラキラと眩しかった。



気持ちいい

 
さてもうそろそろ漁を始めようかという時に
イルカ発見!
うわー、イルカだ、ラッキー♪
なんてはしゃいでいたら、おじいちゃんいきなりするどい声で
「イルカ?イルカがいたのか??ダメだ、今日はもうダメだ」
とな。
 
どういう事??
おじいちゃんの漁は竿で釣る漁。
撒き餌と釣り針のエサにサバが寄ってくるのだけど、
イルカは寄ってくるサバたちを食べてしまうんだって。
だからイルカがいたらその近辺はほぼ釣れないという事になるとか。
 
「イルカは豚だ、全部食っちまう。豚だ、豚だ。」
 
。。。
 
かわいいなんてはしゃいではならないのね。
イルカは全部食っちまう豚、、、なんだぜ、、、!!
 
という事で釣りをするポイントを決めるのに一苦労。
 
出航から4時間近く、まだ一匹も釣れない。。
おじいちゃんは魚群探知機と他の船の動きを見ながら
ポイントを必死に探している。
 
私は船酔いと戦いながら、
針にエサをつけたり、絡まった糸をほどいたり。
酔いが激しくなると、隣の島や遠くに見える硫黄島などを眺めた。
海からみる少しもやがかった屋久島も美しかった。

おじいちゃんがポイントを探し、私がエサ付け、そんな作業になれた頃。

今日のその時がやってくるわけであります(パクリ)

釣り糸に反応あり!
きたか?グングンと糸を巻き上げる。
「よし、かかってる、かかってるぞ。」
おじいちゃん何度も言う。
水面近くになりサバが見えてくる。
「よーくみて、これが最高の瞬間なんだから!
そーらきたぞ、引き上げろ!」
と最期のおいしいところを私にやらせてくれた。

船にサバがドタっと入り込む。
釣れた!!

するとおじいちゃん、サバに手をかけすかさず首を折った。
屋久島のサバは首折れサバって言ってこのように
首を折って血を抜き鮮度を保つ。
目の前でみてその早業にびっくり。


釣ってすぐ首を折られたサバ
 
曰く、生かしておいて食べるちょっと前に折るのが一番おいしいとの事。
それを食べてもらわなきゃなんないから、
まだまだ釣らなきゃとおじいちゃん。

そうなのかー。
釣り人の特権的食べ方だね。
食べたい!

しかしこの後、釣り竿の反応は沈黙してしまう。 

5時に出航して12時近くまで海をうろうろしていたけど、
獲れたのは一匹だけだった。
 
数日前から魚が獲れなかったそうで、
きっとそういう時期なのだ、
今日も止めておけばよかった、申し訳ない、とあやまられてしまった。
 
とんでもないです。
こんな貴重な体験、させて頂いたのに。
海から存分に屋久島を見る事もできた。
だからお礼の言葉しかないのだけど、
おじいちゃん海の男だから、自分に厳しい。


家に戻りおじいちゃんがサバを捌いてくれた
 
一人で一匹を食べ放題。
おじいちゃんはこいつは新鮮じゃねー、と言っていたけど、
私にとっては十分な鮮度であり、甘くてとてもおいしかった。


お客さん用の小屋
 
ちなみにお客さんが泊まる小屋には小さな冷蔵庫があるのだけど、
ビールがたくさん入っていて好きなだけ飲んでいいから、とおじいちゃん。
いいのかな?なんてありがたい事だ。
 
おじいちゃんはサバが釣れなかったからと
ドライブに連れて行ってくれたり、
昔昔の旅行のお話しや学生時代のお話しなどたくさん聞かせてくれた。

屋久島でサバ漁のお供ができるとは思いませなんだ。
これもまた素晴らしい体験。 
ほんとうにお世話になりました。
ありがとうです。
| 鹿児島・屋久島 | 22:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
コメント
屋久島探検楽しそうですね!

イルカは「海豚」と書きます。
まさに、海の豚ですね!



| 隊長 | 2007/12/07 9:18 AM |
■隊長
 
お久しぶりです!!
 
屋久島探検めちゃくちゃ楽しかったです。
イルカは豚。
ほんとに海豚なのです、漁の世界では。
漁師さんと一緒に過ごさなければ
わからない感覚だったので、よい経験になりました。
| まいつき | 2007/12/07 10:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/723
トラックバック