CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 免疫力向上委員会 | main | アンコールワットの女神たち >>
アンコールワットは修復中
アンコールワット。
私の一番好きな遺跡。
また来れた。
うれしくてドキドキする。



アンコールワットを覗き込む

アンコールワット


空がスコーンと青かったから、
気持ち良い写真が撮れた☆
のだけど、よーくみるとアンコールワットに緑のシート。
そう、修復中でございます。
しょうがない事だけど、
写真撮る時はチェって思う。



ジャングルに埋もれている様

↑に撮れる場所でーすとガイドさんに教えてもらったところから。
アンコールワットのまわりは
今でもジャングルと言わんばかりに緑豊かだ。
だけど、ほんとうに木々の中に入ったらアンコールワット観えないからね(笑)



この木なんの木?

アンコールワットの横にあるこの木。
これパパイヤの木なんだって。

こんなに大きくなるんだね。
まだ実もなるそう。
近くにはミルクフルーツっていう果物がなる木もあったりするんだよ〜♪




長い回廊

回廊の中は乳海攪拌などの絵物語が見事に彫られている。
よくこれだけ彫ったなぁって思うくらいに。
そんな彫り物の前はいつも人だかり。



でも、ふとこんな風に誰もいない回廊があったりする。
こういうのがたまらん。




階段も修復中

ほんとうは石の階段で上がれるのだけど、
石の上に木で組んだ階段が作られており上がれなかった。
この石の階段がよじ上る感じですっごい怖いんだよね。
でもそれを上ると、遠くから観ていた棟が一段と近くにみえて、
何よりもほんとうに落ち着く場所で大好きだから
行けなくて残念だった。

以前行った時は登れた



アンコールワットの池のほとり

なんとも贅沢な一休みの場所。



子供たち

遊んでいるというのは間違いか。
絵はがきやおみやげを売っている子もいるし、
大きい子は小さい子供のお守りをしているし。
カンボジアの子供たちは子供同士がなんとも協力的に見える。
お手伝いしながら、お守りしながらみんなで遊んでる。



夕暮れ時

池に映るアンコールワットは昼間とまったく違う。
素晴らしいなって思う。

見るところによって表情を変え、
回廊や彫刻やシンと静まったところがあり、
見る時刻によってもまた変わる。
一日中いても飽きない。

今度来る時は修復終わってるかな?
また来ます。
| Thailand Cambodia | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/764
トラックバック