CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アンコールワットの女神たち | main | 糸紡ぎワークショップ >>
プノンバケンの夕日@2008
夕日ってなんかみたくなっちゃうよねぇ。
朝日も同じだけど、
朝日には縁のない私であり、
それはカンボジアでも同じ^^;

サンセット、サンライズ。
ちょっと見晴らしのいいところに出れば
すばらしい景色と共にみれるからうれしい。

という事でアンコールワットに近い、
プノンバケン行ってきた☆

前回訪れた時のサンセット

今回はどんな夕日だろ〜。


入り口

前に来たときは急な山道をうんこら登っていったのだけど、
今回来たら迂回路ができてた。
おかげで腰があまり良くない父も登る事ができた。

緩やかになったおかげで長い、、けどね。
清水寺は言い過ぎだけど、
あと1時間でサンセットなのでかなりの人が列をなす。



ね?すごい人でしょ?

最終的にはこの様に遺跡を登らないといけない。
これがアンコールワットの階段同様よじ上り系で結構怖い。
でもこれでカンボジアきたーって感じになったりする(笑)




遺跡の上は人だらけ

人、人、人ー!
場所取りするには来るのが遅すぎた。


ここは360度のパノラマ。
地平線から何からよく見える。


アンコールワット

ズームイン。
知らないと見落としてしまいそうにアンコールワットがある。
ここからみると緑に埋もれているのがよくわかる。

で、夕日はアンコールワットとは違う方向なの。



お坊さんも写真撮る

観光用の気球を撮っていらした。

で、夕日。
人をかき分け、デジカメ持った手をにゅっと伸ばしてパチリ。


夕日

今回雲がほとんどなく、沈む様子がよく観れた。
けど、夕日って雲があった方が焼けるよね。
すんなりと落ちていく夕日。
もうちょっと焼けて欲しかったというのが本音。

でも見晴らしのよさだけでもぜんぜん来る価値あり。

帰りは観光用の象さんが通る道を。
ぞんな象さんの真後ろを歩いていたので結構怖かった。
いきなり、う○こしたらどーしようとかって。
だって道すがら巨大に落ちているから。。。

訪れた場所をこうやって見渡せるってなんかいい。
人が集まり過ぎではあったけど、
みんな夕日好きなんだなって思うとそれはそれでなんかよかったし。

ここでいつか写真の様な夕日に出会ってみたい。
| Thailand Cambodia | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/766
トラックバック