CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< もうすぐ春+風信 | main | 平城遷都記念キャラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そういえば鹿児島
大河ドラマ「篤姫」をみているのだけど、
面白い。
篤姫の事は知らなかったけど、
西郷どんやジョン万次郎が出てきたり、
これからは坂本龍馬も出てくるらしい。
坂本龍馬を演じるのは玉木宏。
、、、鹿おとこが龍馬かー。
ってな意地悪は言わない(言ってるけど)
 
で、ドラマの後に篤姫ゆかりの地が紹介される。
篤姫は鹿児島で生まれ育った。

篤姫紀行

それを見ていたら去年鹿児島に行ったなーって思い出した。

という事でちょっと鹿児島の事を。

いろんなおいもが並ぶ
 
鹿児島中央駅から近いリトルアジアという安宿に泊まっていた。
1500円!
ドミトリーだけど、きれいだし、
夕飯は300円くらいだし、
近くに温泉銭湯あるし、(これがいいお湯なの)
これから九州を巡る人、屋久島や沖縄など島に行く人、
居着いちゃって仕事してる人^^;
いろんな人がいるから情報も集められる。

鹿児島中央駅からは熊本など県外への列車があったり、
市内、市外、空港へのバス発着もありとても便利。
屋久島往きなどのフェリー乗り場へもタクシーで1000円くらい。

 
>
宝石箱や〜の彦麻呂のサイン
 
おいしいというラーメン屋さんを教えてもらった。
鹿児島にはたくさんのラーメン屋さんがある。
炙りチャーシューが有名みたい。

 

桜島から鹿児島市内を

桜島には1時間ちょっといたかな。
短かっ!
溶岩の遊歩道は港から近いのでちょこっとだけてくてく。
この遊歩道を少し先行けば長渕剛のモニュメントがあるらしい。
もっとちゃんと廻りたかったのだけどね。
時間はなかったけど港近くの温泉に入ってみた。
市内の銭湯温泉は無色でお湯が少しトロンとしてたけど、
ここのは茶褐色。
距離はそんなに違わないのにね、面白い。

このフェリーでいった

 

宿の近所にあった酒屋
 
そういえば渋谷にたばこと塩の博物館なんてあるよね。
行った事ないけど。
昔はたばこと塩は売るとこが一緒だったのかな?
専売とかそういう事か?
もちろんこの様な看板はこちらでもみるのだけど、
なんとなく印象的だったんだよねこのお店。
今では塩は主力ではないような(というか塩売ってるのかな?)
普通の酒屋さん。
もち焼酎の一升瓶はズラリ^^
 
鹿児島の中心は天文館という建物辺りらしい。
デパートやアーケードでとても賑わっており、
ここに出ればなんでもあるね。
市内は路面電車も走っていたりする。

そういえば目についたのはミシン屋さん。
ジャノメにジューキ、ブラザーにシンガー。
普通にバスに乗っていて、ミシン屋さんの看板があちらにもこちらにも。
どうしてだろ?
この辺調べたら面白いかも。
 
市内には至る所に銅像があったり、
偉人さんの縁の地があったり。
とてもとても興味を憶えた。
時間がなくて探索ができなかったのがほんとうにくやしい。
 
今度行く時は篤姫の事や
他の事も勉強していきたい。
そして、焼酎と温泉を満喫したい☆
で、もっと歩いてみたいね、鹿児島。
街のそこかしこに懐かしいものがありそうな気がする。

鹿児島市観光ガイド

鹿児島県総合観光サイト
| 鹿児島・屋久島 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/779
トラックバック