CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< また尾道 | main | 瀬戸の風に乗って >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レモン香る島
瀬戸田ってご存知ですか?
スーパーで国産レモンを買う時、
産地が広島となっていたら、たぶん瀬戸田産。
瀬戸内海の島の一つ生口島の
国産レモン発祥の地、瀬戸田。

レモンな島。
ずっと行きたかったんだ。
 
という事で今回、行ってきました。

尾道で自転車借りて、瀬戸田を経て隣の大三島を目指すのだ。
尾道からフェリーで40分で瀬戸田に到着。

港近くから古い町並みがいい雰囲気で
ここだけで一日過ごせるくらい。

 

魅力的な路地や建物にワクワク

 
港近くの古い町並みに誘われて、散策していたら、
たまたま「おせったい」というのをやっていた。


おせったいの様子
 
「おせったい」というのは、
町中でこういう祀ってあるところでなんていうのか、
気持ち程度のお賽銭みたいなものを出すと、
お菓子やおにぎりを頂けるというものらしく、
年に2回くらいある行事らしい。
町中のこういう祀ってあるところで「おせったい」は行われている。
別に外部の人でも関係なく参加(っていうのか)できるみたいで、
どうぞ、どうぞっという感じだった。
ので、100円でおにぎり2個とおかしを頂いた。

このおにぎりがもう、たまらないくらいおいしくってね。
 
普段知らない文化も知れてラッキーだった。

商店街には瀬戸田のレモンや他柑橘類がたくさん並んでいて、
ご当地だぁって思うのね。
柑橘類を使ったお土産なんかもたくさんあった。
 


コロッケ
 
有名みたいで、テレビの撮影がたくさんきたよ〜って紙が張ってある。
(黄色い紙、全部そう(笑))
もちろんぱくっと食べました。
ちょっと甘くてとってもおいしかったよ^^


 
海沿いにはサイクリングロードがあって、
海を見ながらサイクリングできる。
平坦だし、とても気持ちいい。
 

レモンの木
 
普通に道路沿いとかにレモンがなってる♪
素敵な光景です。
日本じゃないみたーい。
ウキウキするっす。
レモンだけじゃなく、いろんな柑橘類がたわわになってる。
 
途中、無農薬のレモンやはっさくや甘夏を売っているおばちゃんに出会う。
産地とはいえ無農薬のものはどこでも売ってる訳ではない。
という事で荷物になるのは重々承知で買ってまいました。
甘夏4個。
重い。
でもうれしい。
 
生口島。
今回は自転車で隣の島、大三島を目指していたので、
通過がてらの観光だったけど、
人が温かくて、短時間だったのにいろいろ声をかけてもらいました。
レモンやオレンジの色の様に、明るい人々が住むところ。
今度またゆっくりと訪れたいな。
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/815
トラックバック