CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 赤穂でランデヴー | main | インカの塩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
備前歩き
という事で備前に連れてきてもらいました。
前回のつづき。
 
電車だと伊部という駅。
車窓から見た事がある。
窯からのびる煙突にわくわくしたのを思い出す。

 

駅前でもみえるよ
 
焼き物では一番好きだなぁ備前焼。
土!って感じがいい。
欲しいと思ってもずっと我慢してたのは
いつか備前に行って手に入れようって思ってたから。

備前焼の窯、登り窯
 
だんだんと熱を次の窯へと伝えていくんだって。
壁一面が薪だ。
薪に使うのは赤松。
よく燃えるそう。
窯の温度は1000度を越える。
備前焼って炎がそのまま焼き付いた様な模様があったりするけど
これらが燃えて作り出しくれるのねって思うと
薪もただ者ではないって思うね。

 

窯の中
 
入らせてもらった。
明るいのは次の窯へと続く通り道。

備前焼に使っている土は
近くの田んぼ(田んぼだっただっけ?)を掘り起こした土なんだって。
地元の土なんだね、素敵。

 

お茶と珈琲まで頂いた
 
あー、家にある器が全部備前焼だったら!
だって目の前にいっぱい並んでるんだもん、そう思うくらいいいよね(笑)
ちなみに一つ買ったよ。
写真の珈琲が入っているやつと同じタイプ。
しかし珈琲飲むかは?
焼酎もきっとおいしく頂けると思われ^^
 
あ、ちなみに備前焼は焼き物の中でも硬い器なんだって。
だからおっちょこちょいの私向きだよね^^;
 
町には備前焼のお店がたくさんあって
それぞれに個性があって
おもしろい。
 


神社
 
ただの神社ではない。
奥へ進んでゆけば
備前焼でいっぱい(笑)
あっちにも、こっちにもある。
裏側にもなんかの上にも。
それがなんとも遊び心があって楽しい。

 

こんな感じだったり(笑)
 
備前焼の牛にキスしている様にもみえる犬もまた備前焼。
 
正にご当地ならではの神社。
 
まさか備前にまで連れてきてもらえるとは
思っていなかったよ。
 
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまった。
道中もなかなか楽しい会話ができたしね(笑)
赤穂に戻ってお茶をして、さよならの時間。
ほんとうにありがとう。
また来るよ。
そしてこっちにもおいでなされ^^
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 00:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - |
コメント

窯を見せてもらったあの店に行けてよかった。
あの店をねらってたわけじゃなかったんだけど、
やっぱ引き寄せられんだな。わんこも可愛かったね。

神社の御神牛のように、今年も粘り強く一歩一歩夢を積み重ねて行こうね。
| fuki | 2009/02/08 9:13 PM |
fukifuki

わんこ写真は残念ながらピンぼけどした。。。
ほんま貴重な体験できてありがたかった。
 
粘り強く!
積み重ねる!
金星人だから難しいのね。。。(逃)
今年はそこんとこ肝に銘じてやっていくよ。
くじけそうになったら備前の牛を思いだします!
| まいつき | 2009/02/08 11:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/948
トラックバック