CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 備前歩き | main | 冬と春な日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インカの塩
先日
ペルーへ行ってきたよと
おみやげをもらった。
インカの塩。
 
3000mを越える高地にもかかわらずそこでは塩がとれるのだ。

ああそう言えば。
 
ふと思いだした旅のおもひで。
懐かしいペルー旅。

ペルーと言えば空中都市マチュピチュ。
ここに行ってみたくてペルー行きを決めた様なもの。
マチュピチュへはクスコという町が拠点となっており、いろんなツアーが出ている。
そのなかの一つにインカ時代に使われていたと言われる道を
3泊4日の行程で歩きながらマチュピチュを目指すという
インカトレッキングツアーなるものがあって、私はそれに参加した。
15人くらいのグループで、宿泊はテント。
とてつもないトレッキング内容で素人相手に途中4000mの峠を越えたりする。
(しんじらんなかったよ)
そんなこんなで最期には参加したみんなでなんとなく仲間意識ができたりして面白かった。
 
ツアーから帰ってきた翌日。
体はボロボロでただ食べ物を求めてクスコの町をふらふらと歩いていた。
 
すると
Maiko!
と声をかけられる。
振り返るとトレッキングツアーで一緒だったユリさん夫婦だった。
二人は車に乗っていて
今からどこぞに行くからMaikoも行こう誘ってくれた。
スペイン語なんてわからないけど
おもしろくて素敵なところだから一緒に行こう!
という事だった。(そんな事を言っていたと思う、、わからんが)
バーモス!バーモス!
これはトレッキングの時も合い言葉になっていたけど
スペイン語でレッツラゴーみたいな感じか。
さぁ出発!って時に言う言葉。
私でもわかる数少ないスペイン語(笑)
という事でご一緒させて頂いた。
しかしただの散歩だったのでカメラを宿に置いていた。
この後出会った光景たちはあまりにもすばらしくてカメラー!って何度も思ったけど
カメラがなかったからこそ
この日の光景は今でも私の中にくっきりと焼き付いている。
私の体にUSBがささればお見せできるのだが(笑)
 
スペイン語は挨拶しかできないもので
ユリさんたちは英語で話しかけてくれる。
英語も私は話せないが、ユリさんたちも英語はカタコトだから
なんとなく通じるのよね。(ユリさんたちはペルーの人)
 
会話からどうやら塩田に行くらしい事が判明。
こんなところに塩田があるのかーって思った。

クスコから車で走る事30分位。
黄、緑、黄緑の畑が現れ始める。
それは彩りどりの絨毯がなだらかな丘の続く斜面に広げられている様で
どこまでも続いていて青い空につながってゆく。
日本の田園風景と比べると隣同士が違う作物だからか
くっきりと色が違うし、遮る小山がない。
空間が広々としていて
遠くにはアンデス山脈も見える。
真っ青な空に時おり真っ白な雲がゆくのがなんとも言えず。
視界いっぱいに広がる色景色の中
道ではロバや羊の家畜を連れながら歩いているインディヘナとすれ違う。
日本の裏側にはこんな世界があるんだなぁってね。
不思議な心地になってしまった。
 
そんな道を進んで行くと塩田はあるのだが、
途中から道なき道を行き、
ガードレールも無い、すぐ横ガケみたいな道を(もちろん舗装なんてない!)
ガンガン降りて行くもんだからかなりビビった。
車が大きく揺れるとユリさんが振り向いて
TOYOTA!
と笑いながら言う。
この車はトヨタだから悪路でも大丈夫!
という事らしい(笑)
日本人の私に気を使ってくれているらしく
何度かTOYOTA!と言っては笑っていた。
ありがたいね。
 
で、塩田についた。
田と言っても一つ一つは小さい印象あり。
畳くらいの大きさのものから大小様々。
楕円形というか長方形というかそんな形のものが
日本の畦の様に仕切られて
谷間の様な地形にゆるい段々畑みたいに塩田たちがどわーっと広がっている。
表面は氷砂糖の様に固まっていて
舐めてみればもちろんしょっぱ!
 
この後は夜サクサイワマンというクスコの町の上にある丘から
夜景を観たよ。
クスコの街灯はオレンジでとってもきれいだった。
 
ボーっと過ごす予定だった一日がこんなに素敵になるなんて!
気を付けて、これからも良い旅を!ってユリさんたち。
ムーチャスグラシアス!何度もそう言って(それしか言えなくて。。。)
お別れしたんだ。
ムーチャスはとってもって意味。
今でも思うよ、ほんとうにありがとうって。

 
おみやげでもらった塩がここのかはわからないけど
インカの塩から思い出したペルー旅の一ページ。

ああ、また行きたくなってしまったぞ。
そう言えばこの間ペルー音楽のCD焼いてもらったんだ。
今度この塩でペルー料理作って、音楽流して
妄想界で行ってこようかな(笑)

 


こんなイメージ
| 旅のおもひで | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |
コメント
いつかはインカトレッキングツアーに参加したいなぁ。

塩田も行きたかったし。私は最近、妄想し過ぎて、寝てても夢でも妄想したことを見るよ(笑)

絵がかわいい。すごいいいよ。もっと絵かいて!
| Ayako | 2009/02/16 2:00 PM |
Ayakoはん
 
どんな事、、、、妄想してるのか気になるー!(笑)
私は最近妄想でロシアへよく行きます。
 
なんかイメージだけでも伝えたくてな。
恥を承知で描いたのさ!
Ayakoはんやさしすぎるで、ありがとな。
| まいつき | 2009/02/16 11:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dabadaa.jugem.cc/trackback/950
トラックバック