CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
乗り継ぎが入国でレレレのレ〜

久しぶりの海外旅行でし。

短かったけど、楽しかったです。

さて、今回旅行の航空券をとって一つ気になっていたのが

パリでの乗り継ぎ。

到着から乗り継ぎ便の出発時刻まで1:40しかなかった。

搭乗時刻はもっと前だから、1時間強で移動せねばならない。

乗り遅れても次に乗れるみたいではあるけど

早く着きたいし現地に!

シャルルドゴール空港は大きい空港だから

順路をあらかじめ頭に入れておこうと調べ始めた。

すると、シェンゲン協定なので、入国が必要うんぬん。

入国?

私は今回、成田からベネチアへパリ経由だった。

その乗り継ぎ地で入国せねばならない様だった。

なぜ?

シェンゲンって何?EUとは違うの?

なんなの?

って思って調べた。

調べたけどよーわからんかった。

どうもシェンゲン圏で乗換えてシェンゲン圏に行く時は、

最初の国で入国し、その後は国内線扱いでの移動、という事みたいだけど。

 

むむむー。わかった様なわからんような。

しかし、もしパリで入国するならさらに1:40じゃ足りないんじゃ、、、。

調べると、乗り継ぎの入国審査で長蛇の列で1:30じゃ難しいという様な

体験談があった。10分しか違わないんすけど。。。

チケットを取った時知らなかったのだ、入国が必要だなんてさー!!

4年前にスペインに行ったときは、韓国乗り換えで

入国とかそんなもんなかったし、

それ以前の記憶はびっくりするくらいないし。。

 

で、結果は楽勝だった。

飛行機を降りたら、トランジットのサインに従い歩いていると

入国審査の窓口があって、誰一人並んでいなかった。

スタンプを押してもらい、出国ゲートに向かう。

ベネチアでは入国手続きもなく、手荷物を受け取るだけ。

 

なんだー、ビビッて損したー。って思ったのでした(笑)

 

そして、帰りの便。こっちの方が難解だったのだけどもう現地で

身を任せようと何も調べていなかった。

帰りはドブロブニク>ローマ>アムステルダム>日本。

で、クロアチアはEU加盟はしているけど、

通貨も独自だし、ボーダーではパスポートコントロールありました。

 

だから思っていたのは、クロアチアを出国>のりつぎ>のりつぎ>日本。

つまり、ローマとアムステルダムはただの乗換であろう、今度こそって思っていた。

そうしたら、

クロアチアを出国>ローマで入国>アムスで出国>日本。

となった。

どういう事なのー。

EU?シェンゲン圏は乗換は入国するって事なのかしら?

で、アムステルダムでは出国審査はあったけど手荷物検査がなかった。

どういう事?ローマ>アムスは国内線扱いはわかるけど、

アムスから日本は国際線でアムスから出国するのに手荷物スルーでいいの?

わからーん。

これと知っておれば、ローマでワインとオリーブオイルとか買って機内持ち込みできたのにな。

とかなんとか。

っていうかほんまわからん。

 

またいつか行く時の為にメモ、って思ったけど

その時にはまたルールが変わっているかもしれんよね。

まったく同じ乗り継ぎだったとして

イタリアでワインとか買ってウキウキしていてオランダで没収される、とか

あるかもしれんじゃん。

それに最初の出発がクロアチアでなく、フランス(シェンゲン圏)だったらどうなるの?

フランスでは出国せずに最後のアムスで出国するの?イタリアはスルー?

その場合は手荷物検査はどこが最終?

ね、しくみが理解できてないから、

もうわからん。

 

で、こんな事書いとったら

飛行機事情も変わったなーと思ったので続きを読むで。

 

 

続きを読む >>
| だばだぁ〜 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015 振り返り
紅組が勝った!
なんで?って思わず。
私としては去年だろ!って。→去年の紅白
正直ずっとは観れんかったのであれですが、
森進一と美輪さんとXとMisiaとにぐっときました。
という事で私の中では白組が勝ちー。
オープニング。郷ひろみの2億4千万の瞳。
ひろみがセンターで歌う後ろには出演者が並んでる。
その中にはペンライトを振りながら笑顔で乗っている聖子さんがいました。
その表情からは、
「今度生まれ変わったら、、、、、
絶対一緒になろうねって。(涙)」
というあの会見の、その二人とは、思えない。
会社のカラオケで上司の歌に笑顔でのっている。
そんな感じで、
もうまっっっっったく関係ないんだなーっと。
もちろん、もうわかりきってるけど、お二人の場合は^^;
ただ、時が流れれば、そんな二人も、こんな二人になるのだなと。
なんかそれをあっけらかんと見せてもらった様ですごく納得したというか。
どんな感情も留まらないのです。
諸行無常。
いい事も、悪い事も。
時の流れはそういう事なのです。
なんて思いつつ、思いつつ。

はい。
先日、とある忘年会で
2015年の自分的ベストスリーの発表というのをしたので
それを書いて振り返りにしようかなと。

続き↓
続きを読む >>
| だばだぁ〜 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
イチゴ
5月にパーカル仲間から苺がたくさんなったので
苺狩りしませんかと連絡が。

以前借りていた畑に私が植えた苺。
隣の畑の苺がとてもよくなっていて、
チョロチョロンと越境してきた苺がとてもかわいく。
そして、採りたくて採りたくて(笑)
そうか、なら植えちゃおうと植えた苺だった。

私は育った実を食べる事はなく畑をやめてしまったけど
畑を引きついてくれた後も苺はそのままに実をつけていたらしい。

イチゴと言えば思い出すのは子供の頃。
と言っても、子供の頃は苦手だったのだ。
昔から柔らかい果物は苦手で、
加えて甘酸っぱいものも苦手で
果物自体あまり食べなかったんだ。
りんごやなしみたいにシャクシャクしたものか
柑橘類は食べていたけど
それ以外のメロンやパイン、さくらんぼなどなどは
ほとんど食べずにいた。
イチゴもその一つ。

昔鳥取のおばあちゃんは畑で出来た野菜や果物を送ってくれていた。
農家ではなかったけど、畑や田んぼがあって簡単な自給をしていた。
そんな中で春にはイチゴが必ず送られてきた。
今よりも輸送に時間がかかり、なおかつイチゴは傷みやすい。
だから横浜に荷物が到着する頃には半分近くがダメになっている事もあった。
そんなもんだから母はおばあちゃんに、イチゴは痛みやすいから
もう送らなくていいよと電話で言うのだけど、
次の年には必ずイチゴが入っていた。

たぶん今のより酸っぱかったんだと思うけど
(そして私がそのままでは食べないから)
イチゴをつぶして砂糖をまぶして牛乳でかけて食べるという食べ方だった。
そうやって出来たイチゴ牛乳はおいしく飲んでいたけど
つぶした実は母にあげる。母には実も食べなさいおいしいよ
と言われるのだけど、食べなかったあの頃の私。

つぶれかけたイチゴや半分ダメになったイチゴをより分けて
母はそれでイチゴジャムを作った。
今思い出せば、果肉が残った感じの正に手作りってジャム!
しかし、子供の頃はスーパーのイチゴジャムの方を選んで
母にこれもおいしいよと言われても頑なに拒否していたのだ。

おばあちゃんが亡くなってからだいぶ経つ。

だから本当に久しぶりに畑で出来たイチゴというものを今回食べた気がする。
イチゴ狩りとは違い畑の場合は土に這うように茎が伸びているから
採るためには腰を曲げて採らないといけない。

私はイチゴ狩りを楽しんでやったが、
おばあちゃんは大変だったのでは?
赤くてかわいいイチゴを見ていると、
自分だけでなく誰かに食べてもらいたくなる。
気がつくときっと喜んでくれるだろうなって思いながら摘んでいる。

おばあちゃんもきっとそうだったんだろうなと思うと
なんて申し訳ないことをしたと思う。
イチゴは母の大好物。
もちろんそれもあるけれど、孫の私の事も思いながら
摘んでくれたんだろうなって思う。

そうは言っても好きでイチゴが苦手な子供であった訳でもなく
嫌々食べてもなんか違う。

あーあ、今だったらおばあちゃんにちゃんと言えるのにな。
イチゴありがとう!美味しかったよー!
って。

そう思うと妙に泣けてきた。

食が細く偏食気味だった私をいつも心配している様だった。
夏休みに田舎へ行くといつも「もっと食べな」と言っていた。
 
大人になってから偏食はだいぶ(まだあるが)治って
いろんなものがこんなに美味しいものだったのかと。
イチゴもその一つ。
ありがたい。

そんな事を思い出させてくれたイチゴに感謝!
イチゴ狩りのお誘いにも感謝感謝!
なのでした。


小粒なおいしいイチゴでした!
畑の姿も写しておけばよかったなー。
畑は畑でまたかわいい姿なのだよ^^
| だばだぁ〜 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014 振り返り
紅白、今年も白組でした。
なぜ!?
絶対に紅組だと思ったのに。
薬師丸ひろ子さんのW悲劇。
あの映画のラストシーン、世良さんが
パンパンパンパンって手を叩くところ大好きで思い出しました。

明菜が歌いました。
よかったよ、明菜の歌大好きです。
ありがとうと思わずにいられませんでした。

そして中島みゆき。
泣いちまったよ、すごいよみゆきさん。
一度ライブで拝聴したい。
想像しただけで目が腫れるいきおいです。

もちろん白組も良かったよ!
長渕剛や美輪さんはたまらんかったよ。

でも、今年は紅組でしょう!!
と思っていたのに。

私は紅白好きです。
遠く離れた人も観ているかもしれなくて、
紅白を観ていなくても
共通の話題として話せるから。
大晦日って時差はあれど
世界中でカウントダウンして、来る年が良い年になる様
祈りをこめる。
なんかそれが好きです。

ああ、今年の振り返りが紅白の振り返りに
なってしまった!
ので
振り返りは続きを読むに。
続きを読む >>
| だばだぁ〜 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
巨石に注目中 2014瀬戸内の旅
宮島・尾道・真鍋島へ行ってきました。
久しぶりの瀬戸内旅行。
心のふるさと尾道へ行くというのがもちろん一番の目的ではあったのですが、
今回は裏テーマとして巨石群を訪ねるというのがありました。
巨石群。
去年の夏に北海道は二風谷で出会った方で
巨石サークルなるものに入っている人がいて。
巨石群といえばイギリスのストーンヘンジが思い浮かび、
日本に巨石なんてあるの?っと質問してみたら、
たくさんありますよ!と熱く語っていただいた。
有名なところでは奈良明日香村の石舞台。
なるほど、巨石を使っておりますね。(明日香村は他にも巨石の宝庫)
という事で言われてみれば、あるのです、巨石やら巨石群が。

で、広島にもあるんかなーなんて調べてみたらあるある。
まず、心のふるさととして毎年の様に訪れている尾道こそが
広島有数の巨石群のある場所であったのに驚いた。
うそぉ、どこに!?と思うと、なんと。
千光寺がまず筆頭に出てくる。
千光寺って言ったら、尾道に行ったらとりあえず一度は行く場所。
と、思い返してみれば、そう言えば、巨石ね、あるね、岩が、たくさん!
そう、巨石とか巨石群とか言われるとどうしてもストーンヘンジの映像が
出てしまうからまったくそういう意識として捉えた事はないのだけれど、
大きい岩があるといえば、たくさんあります千光寺!
岩がゴロゴロあるというだけで人為的な感じを受けなかったので
気がつきませんでした。

なるほど、ああいうものも指すのであれば巨石の類はたくさんあるでしょう。

ただの巨石と祀られる対象になるものというものの違い。
これとても興味があります。
春に行った奈良の香具山で出会った巨石たちは、ただの岩と言われればそれまでという岩。
に私には見えました。
私がわからない奴なら申し訳ないのだけれど、
現代人の多くが昔の人が感じた何かを感じられないという事であるならば
それがいったいなんだったのか!?

磐座として祀る場合もあれば、寄せ集めたり、組み合わせたり、
お社をたてたり、信仰や祭事の場所として使ったり。
その場合は岩が神聖なのか、場所が重要なのか、
、、なんて、そんな事を考えちゃう事自体お馬鹿なのか。。。

でもやっぱり考えてしまうのです。
なぜこの場所なのか?なぜこの岩なのか?巨石に何を見出したのか!?
ミステリーな訳です。
うーん、おもしろい。

今回の旅は
広島は宮島の弥山と尾道は向島の岩屋の巨石へ。
巨石目的以外では、猫の島として有名な真鍋島と
無農薬レモンを作っている農家さんを訪ねました。
という事で尾道はほとんど歩けなかったのだけど、
ぼちぼちとアップしていく予定でございます。
| だばだぁ〜 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
父、67歳からの
この間飲んだ時にいきなり父が言った。
「宇宙からみたら国境なんてないんですよ」

。。。

そうだね、としか言えなかった。
いや、私としてはまさにそれはいつもそう思っていた事だ。
だけども、とりあえず会話の脈絡からは外れていたし、
今までの父からは想像もできない言葉だったので
返す言葉がすぐには出てこなかった。
それよりも思ったのは
どうしちゃったのだろうか?という事だった。

私と父は思想と言えば大げさだけれど政治的な話しをすると
ぶつかる事が多かった。
大喧嘩した事もあった。
熱くなると止められないのは遺伝か血液型か(二人ともAB)。
なのでそういう話しはなるべくしない様になっていた。
お酒は楽しく飲みたいものなので。

父は10年程前から糖尿病で
6年前にガンの手術をした。
そして去年の暮れに心臓の手術をしている。
満身創痍じゃ。
たくさんの薬を飲んでいる。
ガンの手術で入院している時に父はかくれてタバコを吸っていた。
タバコと酒を止めるなら寿命が尽きてもいいと言っていた。
そこまで言われたら止められないし、
ずいぶんと好き勝手に生きてきた人なので
ほどほどにね、としか言いようもなかった。
そんな父が今年から禁煙した。
ほんとうにびっくりした。
やめるくらいなら死んでもいいと言っていたんだから。
きっかけは心臓の手術ではなかった。
その後に血管年齢とやらを測ったらなんと90歳で
これはまずいと思ったそうだ。
私は、あー、そうですかとしか言えなかった。
言わなかったけど、びっくりもしなかった。
そりゃそうだろうとも思った。言わなかったけど。
父曰く、血管年齢が90って事はいつ死んでもおかしくないって事ですよ。

うん、でも、そのリーチはだいぶ前からかかっている様に
私は思ったのだが、父にとってピンときたのは
血管年齢だったらしい。

父には大層堪えたらしく、タバコをやめた。
ガンでもやめなかったのに、と思うのだが。

血管が若返るとテレビでやっていた、
くるみを1日数粒食べるといいらしいと教えたら
毎日食べていると言っていた。

今年に入ってからやりたい事が出来たらしい。
それが原因かわからないけど
あともう少し生きたいという様な言葉がちらほら。

もう死んでもいいんですよ、と言っていた父なので
逆に怖くなってしまうではないか。

「宇宙からみたら国境なんてないんですよ」
発言もまたしかり。

顔つやはいいので、もう少しは、、と思います。

父は今インドへ旅行中。
なんだかヒンズー教に興味を持ったらしく
本なども読んでいた。
今回は短い旅程なのだけど、
次は1ヶ月くらい行きたいから
その時はお前も一緒に行こう、と言った。

インドに父と行く!?
旅の妄想三昧な私もさすがに想像した事もない。
ケンカ三昧になるかもしれないけど
面白そうだなと思っている。
 
それまでは父上、お元気で。
「宇宙からみたら国境なんてないんですよ」
も撤回しないでね。
そんな父とならきっと楽しい旅ができるから。
| だばだぁ〜 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/66PAGES | >>