CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
尾道 ナハナハ編

瀬戸田のレモン
 
尾道には季節ごとに
しまなみの島から届く柑橘類がよく並んでいる。
レモンの季節は冬なんだって。
 
しかし無農薬レモンが5個で200円!
これは、買わいでか!
ジャムにしたいー
と思ったので3ネット分=15個購入。
 
これから大阪だというのにリュックには15個のレモン^^;
ナハナハ。
 

骨董屋さん
 
っていうのかな。
海岸通と一本裏の道にあった。
私は着物などの端切れを集めていたりするので
ちょっと覗いてみたら、
ちょっとナハナハしちゃう様なものを見つけてしまった。
 

昔の薬袋
左)表
右)裏

富山とか奈良とかの薬屋さんの袋。
くすぐられるぅー。
こういう薬がまだまだ現役の時ものとの事で、
もうボロボロなんだけどね。
たくさんあってどれも欲しくなってしまったけど、今回はこの3枚に。
 
あと昭和一桁台などの郵便物とかハガキとかも売ってて。
「あけましておめでとう」とか
「この間はどうもありがとう」とか
内容としては今と変わらない様な事が書いてあるんだけど
消印が昭和9年とかなの(笑)
骨董屋さんってこういうものも売ってるんだね。
ナハナハ。


四一餃子

線路沿いの道路にある新しいお店。
尾道山の手歩き、のところで書いた
タイ料理屋さんで私の隣にいたおしゃべりなおじちゃん、
の息子さんがやっている餃子屋さん。
おじちゃんに教えてもらって、女性でもパクパク食べられるから
是非行ってみて、とな。

という事で行ってみたのね。
ビールと餃子、合うねー(笑)
小さめの餃子なんだけど、おいしい♪。
確かにパクパク食べてしまう!
今は餃子だけだけど違うメニューも考えているそうで
尾道が好きだからどうしても尾道でお店を出したかったんです、との事。
わかります、わかります!
ってな感じで尾道談義が盛り上がり。
そうそう。餃子だけでなく、
種子島産のおいしい焼き芋も売っていて
濃いオレンジ色の焼き芋。
一つおまけしてもらった。
これもおじちゃんのおかげだ!
ナハナハ。
 
この後
いろいろ寄り道した後
最後のシメはもちろんマンペンライ!
既に出来上がっていた私は記憶もおぼろげ。
焼酎を2杯くらい飲んだとこまでは憶えてるけど。。
何を話したか、最後の挨拶をしたか。
記憶にないんだなー。。


帰り道にパチリ?

憶えてないんだけど、テンション上がって一人でパシャパシャ撮ってたらしい^^;

気がついたら朝、宿で寝てた。
今回はちゃんとパジャマに着替えて(笑)
で、テーブルの上には
空になったはっさく大福の包みと焼き芋の袋が転がっており。
どうやら宿に帰ってから食べたらしい。
おいしかったんだろうなぁ。。。
記憶に無いけど。。
憶えてないなんてもったいない(涙)
ナハナハァー。

 
いい感じで二日酔いの朝。
ほんとは散歩してから大阪へ行こうと思ってたけど
あー、気持ち悪い!(自業自得)
出発の時間と相成り、尾道を後にした。
久しぶりの尾道、満喫した!
飲んでばっかいたけどね(汗)
今度はゆっくりと来ます。
ナハナハ。

| 広島・尾道・瀬戸内海 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
尾道 山の手歩き
山の手のとある坂沿いには
ココ何?っていいたくなる店が連なっているエリアがある。
招き猫美術館とか梟の館とか尾道アートミュージアムとか。

思わず覗き込みたくなってしまう様な
外観とネーミング。
オーナーさんが同じ人なんだって。


梟の館
 
思わず見てしまう廃墟っぷりだけどこれがお店。
普通にコーヒーとか飲めます。
店内(というのか?)がまたすごく面白いし
窓からの眺めもよいです。
満月の夜にはなんだか集まりがあったりする様な
不思議な館。



SAKA Bar
 
1年半ぶりにきたらできていたニューフェイスで
山の手の店で唯一夜もやっているというのがウリ(かどうか知りませんが)
 
この日は夜に馬頭琴という楽器のライブがあって
ほんのちょっと前に「スーホの白い馬」という
馬頭琴にまつわるお話しを聞かせてもらったばかりだったので
なんかちょっと縁を感じて夜におじゃましたけど(というか昼はやってない)
なかなか雰囲気があって、ステキなバーでした。


馬頭琴、馬なところがかわいい


この店はまだまともな感じ(笑)


更に近くの斜面にまたなんか作るみたいで
作業してた。
今度は何ができるんだろう??

 
こんな猫もいたりする
 
何をどうしようとしているのか、オーナー!
って言いたくなるけど
なんとなく尾道への愛を感じるのである(笑)



またまた違う坂道をゆくと。
 

はっさく大福

 
はっさくの季節しか売ってないのだけど
これがとっっっってもおいしい!
最初はあんこにはっさく!?って思ったけど
食べてみたら二階まで飛び抜けるうまさ。
大福だから次の日には固くなってしまうのでおみやげには向いてないとの事。
散策がてらのおやつ♪
 

またまた別の坂にて。



作り途中のゲストハウス発見!
いやー、長い事待っていました。
尾道って宿に関してはパッとするものがなくて
もし私に財力があったら間違いなく尾道で宿を作るのにっていつも思ってた。
 
元々名古屋でも宿をしている方が尾道にも進出らしく。
中では北海道で宿してる人とかいろんなつながりで集まった人が
壁塗ったり、ベット作ったりを手伝っていて。
私も手伝います!って言いそうになった(笑)
だって楽しそう、今日の夜はみんなで鍋なんです、だって。
来年の春にはできるとの事で、今度来たら泊まろうっと。

 
この宿もそうだけど、梟の館エリアもそうだし
山の手は自分達の手で古くなった民家などを改築して
新しい空間を造り出している人が多い。
マイペースな感じでね^^
それがまたよい。



変わらぬ坂道ももちろん
 

どこか懐かしい道は尾道の魅力の一つ、なんだけど
それだけではなく、個性豊かな新しい息吹もたくさんあって
くるくる歩いているとなんなんだこの町はーって思う。
 
坂道の辛さも忘れてしまう山の手歩き。
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぽっかり空いたら
土曜日に行くはずだった大阪が急に日曜日になり
ぽっかり空いた先週の土曜日。
せっかくだからどこか行こう、どーしよっかなーなんて考える間もなく
ぽっかり空いた瞬間にどーんと浮かんだのはあの場所だった。
大阪のついで、、にはなりえないけど
でもどうせ西に行くなら同じ様なもの。(私にとっては)
じゃー行くしかないべ。
尾道に!
という訳でついでというにはムリヤリだけど尾道に行ってきたのです。
都合1泊したけど滞在は丸一日となく、とても短かかったけど。
でもでも久しぶりの尾道はやっぱり盛りだくさんになったよ。
 
尾道に着いたら、あまりにうれしくて
テンションが上がりすぎて
やだー、やだーと。
まるでIKKOさん。

一人なのに。

やばすぎるハイテンション。
 
これはどこかでなんとかしなければ怪しすぎる、と
散策前に一息いれる事に。
 

参遍来
 
尾道に来ると必ず立ち寄る海岸通にあるタイ料理屋さん。
マスターが焼酎好きなのでなかなか通な焼酎を置いている。
だから飲みにきてしまうのよね。
昼間から失礼。
このテンションなんとかさしてー。
 
1年半ぶりだけど、
「おー、久しぶりやねー、元気にしとった?」
とマスター笑顔で迎えて下さり。
 
ありがとうございまーす!
と、IKKOさん全開で久々尾道に来たうれしさを語ろうかと思ったら。
隣の席のおじちゃんが、
昨日までなんかイベントを手がけていて
それが終わったばかりだからか、
つまりハイテンションで
私に吐き出す隙を与えぬ程しゃべってて(笑)
それにお付き合いしている内に頼んだビールとトムヤムラーメンが無くなり、
これ以上いると日が暮れるかも、、と思ったので店を出た。
夜また来まーす。
 
まぁ、ビールのおかげか、おじちゃんに圧倒されたからか
店を出る頃にはIKKOさんぶりはだいぶ落ち着いていた(笑)
 
短い時間だから、さまよい系散策ではなく、
お決まりを巡ってみた。

まずはココだよー。
 

展望台より
 
とりあえず明るいうちに展望台から尾道水道を。
ええ眺めね。
春夏は霞かかっている事も多く遠くまで見えない事もあるけど
秋冬は空気が澄んでこんな風に遠くの島々や海が見えるからいい。
 
歩くにはちょうどいいお日和だし。
さぁ、尾道散策のはじまりはじまり。
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
備前歩き
という事で備前に連れてきてもらいました。
前回のつづき。
 
電車だと伊部という駅。
車窓から見た事がある。
窯からのびる煙突にわくわくしたのを思い出す。

 

駅前でもみえるよ
 
焼き物では一番好きだなぁ備前焼。
土!って感じがいい。
欲しいと思ってもずっと我慢してたのは
いつか備前に行って手に入れようって思ってたから。
続きを読む >>
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 00:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
赤穂でランデヴー
さて、赤穂だ。
なんだかんだでずっと会えず。
久しぶりに会った友は
変わらないやさしい笑顔で迎えてくれてた☆
うはは、それだけでたのしー!

車でいろいろ連れて行ってくれるとな。
まず案内してくれたところは。
 

伊和都比売神社

鳥居の外は海!
 
なんちゅー。。。
いきなりこんな腰砕け。
だって、、、
鳥居の外には瀬戸の海が広がってるのー!!!
もうクララが立ったー状態。
興奮!


海がもうーキラキラキラキラ
まぶすい

(ああ上の写真、暗くてキラキラ感が伝わりづらひ。。
フィルムからひっぱってきたから。。そのうち差し替える。)

こんなところで毎年初詣できたら、、たまらんなぁ。
で、
次は日生で牡蠣食べよー。ってさ。
続きを読む >>
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 22:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウサギと廃墟
尾道近くの瀬戸の島に
うさぎがたくさんいる島があると、
以前友達に教えてもらった事がある。
その島はうさぎだけではなく、
廃墟も有名で、廃墟好きにはたまらん島であるとも聞いていた。
私は廃墟好きなので、
いつか行ってみたいと思っていたのだ。
 
その島が、大三島からフェリーで行けるとわかったので、
それだったら行くしかないなぁという事で、
帰りに寄り道してみた。
 
大久野島は自転車なら一時間あれば一周できる小さな島。
フェリーにてうさぎと廃墟の島、大久野島へいざいざ。


うさぎ
続きを読む >>
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 21:04 | comments(6) | trackbacks(0) |
<< | 2/6PAGES | >>