CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
プノンペンの風景〜建物・市場編〜

手前トゥクトゥク
これがなかったらどこの国かわからない


カンボジアは昔フランスの植民地だった。
その名残、建物がなんとなく洋風だったりする。
プノンペンはその昔、東洋のパリと言われていたそう。



カフェっぽいと言えばそんな感じか?




古くてボロいけど、なんとも言えない建物だなぁ




路地に入ると舗装じゃないところもある




フランス人が設計のセントラルマーケット
 
プノンペンにはたくさん市場があるけど
一番大きいマーケット。
もちろん覗いてみた☆


続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
カンボジアの結婚式
カンボジアの結婚式は朝早い。
7時くらいから式というか儀式が始まる。
 

会場
 
ここ普段は道路。
結婚式の時はこんな風にはみ出し設営される。
車やバイクは片側通行に。
 
ここだけではなく、こんな風に会場作りするのはよくあるみたい。
すごいね。


贈り物たち
豚の足にちょっとびっくりした。


会場に集まった人たちが一度外に集合。
 

みんなで列になって会場に
 
先頭は楽団のおじちゃん。
みんなで行列になって向かう。
女性の衣装がいろとりどりな素敵なものでとてもきれいだった。
お化粧も髪の毛もバッチリ。
相当時間がかかるみたい。
特に花嫁さんは明け方まだ暗いうちから準備するのだそう。
 
衣装もお化粧も宝塚顔負けぐらいすごい☆
 
で、派手なのは衣装やお化粧だけではない。
 

儀式が行われる会場
 
きらびやかなり☆
 
ここで挨拶したり、参加している人たちが順にやってきて
新郎新婦の手首に聖水かけたり、赤い糸を結んだり、ご祝儀あげたりする。
 
で、新郎新婦の写真をすごい撮るんだ。
ポーズをとって、目線を変えて、衣装も変えて。
奥にある部屋でベットに横たわってポーズとったり、
たばこを吸いながらとったりするんだって。(吸えない人もポーズとるそう)
おもしろいね^^


ハサミと香水
 
これで参列者が順々に新郎新婦の髪を切るマネをする。
恐縮ながら私もやらせていただいた(汗)
きんちょーしたぞぅ。
でもこれどんな意味があるんだろうね?
 
朝からのこの儀式はごはんを食べたり
なんだか夫婦漫才みたいな人が出て来て会場を笑わせたりと
堅苦しい感じは無くお昼くらいに終わった。
夜から別の場所で披露宴が行われる。

言葉は分らないけど
お祝いの雰囲気は分るからね。
そりにしても派手だ^^
 
ちょこっと披露宴の様子も
続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
タイ・カンボジア〜訪問編〜
ベンメリアに行った日、
ドライバーのキムタイさんから
夕食に来ませんか?とお誘いいただいた。
Nさんとキムタイさんは2年前から交流がああり、
Nさんは1年に2回程カンボジアを訪ねていて
その際必ずキムタイさんと会っている間柄。

いいのかな?と思いつつ、お邪魔する事に致しました。

ごはんは玄関先の軒下みたいなところで食べる。
これが気持ちいいんですな〜。


こんな感じ。


こんなに用意してくださった!


牛焼き肉、炭火で焼いてくれた!

塩と胡椒とライムを混ぜてこれに食べる。
韓国風もいいけど、こういうシンプルなのもおいしい〜。

続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 16:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
タイ・カンボジア〜ベンメリア編〜
ベンメリアはあの宮崎駿監督の
「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われているところ。
シェムリアップからやや遠く、1人で行かない方がいいよ
とも言われていたのでどうしようかなー?と思っていたけど、
前日アンコールワットで知り合ったNさん。
シェムリアップでタクシーをやっている現地のキムタイさんと知り合いで
ベンメリアまで行ってもいいとおっしゃってくださったので行って来た。


シェムリアップから1時間半くらい。
うっそうと茂るジャングルの中に遺跡はある。


遺跡は結構大きいけれど、崩れたり、草木に埋もれている。


観光客も私たち以外いなかった。ひっそりと遺跡を観て廻る。
私の頭の中ではすでにラピュタの音楽がなりっぱなし。
続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 13:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
タイ・カンボジア〜いろいろ編〜
シェムリアップではこんなん食べたりしてました。

まずビールね。


アンコールビール。やっぱここではこれ飲まなきゃ。


タイガー。これもおいしいよ。


歴史の名残、カンボジアではおいしいフランスパンが食べれる。
市場の屋台などでもサンドイッチ屋さんがあったりする。


カンボジア料理はタイ料理みたく辛くない。
というよりちょっと甘みがあるような。
これはチャーハンだけど、ココナッツカレーとかもおいしいです。
続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 00:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
タイ・カンボジア〜アンコールワット編〜
5年振りのアンコールワット。
また訪れたいと思っていた場所、やっと来れました。


さぁいざいざ。

アンコールワットはその景観もさることながら
壁面には途切れる事無く見事な彫刻が施されている。


美しいデバダーと言われる女神達。いたるところ
たくさんのデバターが掘られている。同じモノは無いそう。


歯を見せているデバダーは一カ所にしかいない。
場所を知らないと見つけるのは難しいけど、出会えるとうれしい。


回廊にはびっしりと彫り物が。物語になっている。


ここには江戸時代に来た日本人の落書きがある。


この階段、写真では分りづらいけどすごい急勾配。
気分的にはロッククライミング状態。
だ、だから私は高所恐怖症なんだってば。
絶対下を見てはならぬ〜。ならぬ〜。と上って行くのです。
続きを読む >>
| Thailand Cambodia | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>