CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
    
RECOMMEND
パーマカルチャー菜園入門
パーマカルチャー菜園入門 (JUGEMレビュー »)

とてもわかりやすく
パーマカルチャーが紹介されてます。
PCCJ設楽代表監修。
プチ魔女講座やベランダ菜園など、
都会でも活用できる内容も掲載されています!
RECOMMEND
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
諸星 大二郎
読めば読むほど面白い。何が面白いってこの漫画に散りばめられているエピソードはどれも本当に日本にあるところが舞台であるし、伝わるものであるところ。それらの不思議さをこれでもかと思い知らされる。日本の不思議をてんこ盛りにしておいて、そこに負けない物語に仕上げてらっしゃる大二郎節が本当にたまりません。
RECOMMEND
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法
NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 (JUGEMレビュー »)
マーシャル・B・ローゼンバーグ
ノンバイオレンスコミュニケーション。人は知らずとして、何かを伝える時に相手を責め裁いてしまう事がある。望むと望まざるとにかかわらず。この本では、人を責めずに自分の気持ちを伝えるに必要な心構えを記してくださっています。ヒートアップしている最中にはなかなかむつかしいかもしれないけど、心掛けていきたいと思う。
RECOMMEND
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ (JUGEMレビュー »)

薬草使いのおばあちゃんの元に通い、四季折々の薬草の使い方を体で覚えた魔女が、自然と人を観察し、日々活用できるレシピにしてくれました。日本のハーブだけではなく世界の薬草に精通されている村上さんと魔女のW監修。写真もきれいでみやすいです。
RECOMMEND
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜
パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜 (JUGEMレビュー »)

PCCJ代表設楽氏はじめ、各分野の講師陣がそれぞれ自分の担当分野について書いているので、とても分りやすい。パーマカルチャーをこれから学ぼうとしている人にはおススメです。自然のサイクルの中、自分の生活に取り入れられるいろんな知恵が結集してます。
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤穂
小学校の時にみた忠臣蔵の影響で赤穂浪士にはなんだか
胸熱くなるものがあるわたし。
友人の故郷という事もあり、行って来たよ。
赤穂に。
 
播州赤穂。
なんちゅうかっこいい駅名なんだろうね。
最寄り駅どこ?
播州赤穂。
そんな風に答えたいが為に引っ越してしまいたいくらい、
なんかこの播州赤穂という名前にしびれてみたり。
 
そんな播州赤穂に降り立ってまず迎えてくれたものは。
 

赤穂の塩で作られた赤穂浪士??(じゃないか、なんだろ?)
 
なんか笑っちゃったのだけど(笑)
 
赤穂自体の見所は、復元とか跡とかそういうものが多く、
しみじみ感はあまりない。
赤穂自体がそれなりの町だしね。


赤穂城跡

ふふ。久しぶりに忠臣蔵をみたくなったよ。



 
友達のオススメはそんな観光スポットではなく、
海辺の辺りとの事。
確かにそこは私の好きそうな臭いがプンっとしたよ。
なんか少し狭くなって生活感がある雰囲気がして。
 
時間がなくて残念ながら車窓からになってしまったんだけどね。。
 
向かっていたのは瀬戸内海をみながら入れるという赤穂温泉。
小高い海際に赤穂温泉がある。
 

温泉から見える風景
 
ちょっともやっていたけど、最高ですた。
露天から見える瀬戸の海〜。
一つ難点だったのは、お湯から立ち上がらないと見えないと言うところ^^;
もうここまできたら裸体なんぞみられてもいいから、
ゆっくりつかりながらみたかったなぁ。
 
もっと赤穂の歴史を勉強してから行けば良かった。
塩の産地でも有名だけれど
そんな事ももっと勉強していけば、
おもしろかっただろうなぁと。
 
関西と瀬戸内のちょうど交わるところなのかな?
よくわかんないけど^^;
今度は赤穂出身の友人と一緒に行ってみたい。


赤穂観光協会
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
日生@岡山
という事で最初にきたのは日生(ひなせ)。
日生は兵庫を超えて岡山に入った瀬戸内海に面した漁師町。
着いて思う事は何も無いなーって事(笑)
それが欲しくて来た人にはたまらん場所だと思うよ。

もうあと20分程電車に乗ればあの備前焼きの町につく。
ほんとうは備前な町にも行きたかったけど、
それはまた今度のお楽しみにしておいた。
 
どうしてもね、海がみたかったんだ。
瀬戸の海が。
尾道まではちと遠すぎて行けなかったけど、
そんな尾道へと続く瀬戸の海をどうしてもみたかったんだー。
 

日生の海


海だけではなく町歩きもとても魅力的な町であったなぁ。



なんかよい

 

こんな感じもよい

 

時間があったら絶対その先の道に行ったのにな


瀬戸の海ってさ、島々の姿がなんだか郷愁なんよね。
で、人々ものんびりと温かいんだ。
 
町から港へは道を挟んですぐ


その道すがら

 

大五郎とあなごに出会う


たまんないっしょ?

 

うまそ〜♪
 

日生の名物は穴子としゃこ!
こんなの見つけたら食べるしかない!のだけど、
この日はとても暑くってなー。
すでにバテバテで食欲がまったくなかった私。
食べれなかったっす。。。
めっちゃ心残り。
いつか食べに行くからくやしくないさー。

 

船たち



魚釣りしてる
 
こんな魚釣りが日常なんてほんとうにうらやましい。

夜行から直行では
確かにちょっと疲れはしたけど。
来てほんとうによかった。
瀬戸の海は私にとって故郷みたいなものなのかも。
ほんとうに大好きなんだこの海が。
 
ありがとうっていう気持ちでいっぱいになった。
なんでかな、ただ訪れただけなのに。


日生町観光協会
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 00:39 | comments(7) | trackbacks(0) |
尾道〜その先にあるもの編〜
今回で尾道4回目でし。
なかなか来てますね〜(笑)
いつも適当に歩いているから、案内はできないのだけど。。
それに尾道には観光名所的なところはあまりない。
坂の町、文学の町、猫の町、それを歩いて楽しむ感じ。
そして路地や道を歩いていてその先にいきなり出てくる
なにこれ?的なもの。
これが尾道の面白さなんだけどね^^

前回と同じく、自分で見つけたい方はここまで。
知りたい方は続きをみるからどぞ。
続きを読む >>
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 21:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
尾道〜この道編〜
尾道はなんとも進んでみたくなる道がたくさんある。
それは商店街だったり、山の手の道だったり、
この道を進むと何があるんだろうって、分かれ道だったり。
路地好きにはたまらない路地もたくさんある。
同じ路地でもまたその日の天気だったり、
干されている洗濯物の色だったり、猫が通っていたりと
まったく違う雰囲気になる。

迷路を歩いている様な路地散策。
タイムスリップしてしまったようなあの道この道。
尾道にたくさんあるたまらない道をご紹介。
それは自分で行ってみて体験したいという方はここまで。
尾道の道の魅力をとりあえず知りたい方は続きを読むからどーぞ。



さぁ、いざ尾道散策へ
続きを読む >>
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 11:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
尾道〜参遍来 拾圓ポッポ編〜


初めての尾道からお世話になっている参遍来。
タイ料理屋さんだけど焼酎の品揃えも良いし、
旅好きのマスターと話しも合うのので
尾道に行くと必ず行きます。日に二度も行ったり^^;

今回の尾道は初日雪がちらつき非常に寒かった。
そんな時はこれ。


トムヤム雑炊
マスターの栽培しているパクチーを添えて。
うまい!あったまる〜。家でも作りたいトムヤム雑炊。

タイ料理屋さんだというのに、
いつもビールやら焼酎やら頼んでしまっている私。。
おつまみにはこれ。


お手製水餃子。


いつもありがとうです。
また行きます。
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
尾道〜和製ガウディ、くさり山編〜
3度目の尾道。
もう観るとこないんじゃないの?
というそこのあなた。
違うぅ!噛めば噛む程、歩けば歩く程、尾道を味わえる。


尾道の案内犬ドビン。会えたらラッキー。
しかしお昼寝中につき案内はしてもらえないみたいね。。


さぁ、歩きましょうか。


この道はどこに行くのだろー?


尾道には廃墟や古い家々がいくつもある。
右側は和製ガウディとも言われているらしい不思議な家。


坂を登って、階段登って、しんどい事はしんどいけど。


こんな休憩できる公園がちょこちょこあるから休みながら歩く。


どこかの神社の裏には天狗様がいらっしゃる。
それにしても尾道は神社仏閣が密集してて、びっくりするよ。


今回は浄土寺うらのくさり山に登ったよ。
往復1時間くらいかな〜。
尾道のすべてが見渡せる、最高に気持ちのいい場所だった。
心の洗濯にはもってこいというか
近所にこんな場所がほしい!

ここで一歌

春の日の 瀬戸の風吹く 尾道を
旅路だけとは 惜しかりしかな

あってるのかな〜?毎度ながら(笑)

尾道はやっぱりいいのぅ。
今回もたっぷり楽しんでしまいました。
| 広島・尾道・瀬戸内海 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 4/6PAGES | >>